焼酎ハイボールのおいしい作り方!

焼酎ハイボールのおいしい作り方!
出典 : Lee waranyu/ Shutterstock.com

「焼酎ハイボール」は、焼酎を炭酸で割った飲み物。一見、シンプルな印象ですが、じつは奥深く、無限とも言える可能性を秘めています。そのおいしい作り方から、焼酎ハイボールの元祖「下町ハイボール」まで、焼酎ハイボールの魅力を紹介します。

  • 更新日:

焼酎ハイボールのたのしみ方は自由自在!

焼酎ハイボールのたのしみ方は自由自在!

Vlado Markov/ Shutterstock.com

焼酎ハイボールとは焼酎の炭酸水割り

焼酎ハイボールは焼酎を炭酸水で割った飲み物で、「酎ハイ(チューハイ)」の名で親しまれています。
日本では、「ハイボール」と言えばウイスキーを炭酸水で割ったものを呼ぶのが一般的。ところが、本来「ハイボール」とは、スピリッツやリキュールを炭酸水やトニックウォーター、フルーツジュースなど、アルコール以外の飲料で割った飲み物全般を指す言葉です。
その意味では「焼酎ハイボール」を単に「ハイボール」と呼んでもよいのですが、ここでは混乱を避けるために「焼酎ハイボール」と呼ぶことにします。

焼酎ハイボールは自由自在なアレンジをたのしめる

焼酎ハイボール作りに欠かせないのは焼酎と炭酸水。あとはお好みで氷を加えたり、果汁やシロップなどをプラスしたりと、さまざまなアレンジがたのしめます。
焼酎の種類は問いませんが、フレッシュジュースなど炭酸水以外の飲料で割る場合は、クセの少ない甲類焼酎がオススメ。
逆に、本格焼酎の味わいを堪能したいときは、まずは炭酸水のみで割って味見をして、ベースとなる焼酎との相性を考えながら、必要に応じてレモンやかぼすなどの果汁を加えてみてください。

焼酎ハイボールの元祖「下町ハイボール」とは?

焼酎ハイボールの元祖「下町ハイボール」とは?

MAHATHIR MOHD YASIN/ Shutterstock.com

焼酎ハイボールは東京の下町生まれ

焼酎ハイボールの発祥地は、東京の墨田区・葛飾区周辺にある大衆酒場だと言われていて、その歴史は昭和20年代にまでさかのぼります。
今でこそ、焼酎はウイスキーなどの洋酒に引けを取らないお酒として認知されていますが、当時の焼酎はまだ洗練されておらず、おいしく飲むためにはさまざまな工夫が必要だったそう。そこで生まれたのが、焼酎ハイボールという飲み方だったのです。

焼酎ハイボールの味わいは店ごとに違う?

焼酎ハイボールが下町の飲み屋で人気を集めた理由は、その手軽さだけでなく、炭酸によるさわやかな飲み口、そして店ごとの独自の工夫でした。
下町の大衆酒場では、常連客を獲得しようと、店ごとに異なる秘伝のエキスを、焼酎ハイボールの隠し味として使っていたのだとか。こうして作られる下町の焼酎ハイボールは、今では「下町ハイボール」あるいは「元祖酎ハイ」略して単に「ボール」、秘伝のエキスは「元祖の素」などと呼ばれ、多くの人々に愛されています。

焼酎ハイボール、元祖の味わいを自宅でたのしむには?

焼酎ハイボール、元祖の味わいを自宅でたのしむには?

TANYARICO/ Shutterstock.com

焼酎ハイボールの“元祖の素”を自宅で味わう

焼酎ハイボールの味わいを引き立てる“元祖の素”は、店舗それぞれに工夫を凝らしたもので、そのレシピは明かされていません。ただし、元祖の素の代わりとなる焼酎を割るためのエキスは、いくつか市販されています。なかでも人気のエキスを紹介します。

【天羽の梅(てんばのうめ)】

下町の酒場でも使われているという「下町ハイボール」の素。よく冷やした「天使の海」と甲類焼酎、炭酸水を1:2:3の比率でグラスに注ぎ、軽く混ぜ合わせれば「下町ハイボール」が完成します。氷を使わずにいただくのがポイントです。
ちなみに、「天羽」は元々は「あもう」だったものが、現在は「てんば」と呼ばれるようになったそうです。

製造元:天羽飲料製造有限会社
公式サイトはありません

【トーキョーハイボールの素】

東京下町の大衆的な酒場で人気の味を自宅で手軽に再現できるハイボールの素。「梅風味」と「しそ梅風味」がラインナップされています。甲類焼酎にトーキョーハイボールの素と炭酸を1:3の割合で加えるだけと、作り方もカンタンです。

製造元:合同酒精株式会社(オエノングループ)
公式サイトはこちら
商品の詳細はこちら

焼酎ハイボールは、素材と配分次第でさまざまな味わいが表現できます。好みの味わいをとことん追求して、黄金比率を探してみてください。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識