「ピュアモルト」は普通のモルトウイスキーとどう違う? 【ウイスキー用語集】

「ピュアモルト」は普通のモルトウイスキーとどう違う? 【ウイスキー用語集】
出典 : Africa Studio/ Shutterstock.com

「ピュアモルト」と銘打たれたウイスキーを見たことはありませんか? 言葉の意味を考えれば「ピュア=純粋なモルトウイスキー」となりますが、普通の「モルトウイスキー」や、ウイスキー愛好家に人気の「シングルモルト」とはどう違うのでしょう? ここでは、「ピュアモルトウイスキー」の定義や魅力を解説します。

  • 更新日:

「ピュアモルト」の「ピュア」は「モルトウイスキー100%」を示す

「ピュアモルト」の「ピュア」は「モルトウイスキー100%」を示す

Craig Hastings/ Shutterstock.com

ピュアモルトを知る前に、モルトウイスキーの定義を再確認

「ピュアモルトウイスキー」とは、言葉どおりに捉えれば「ピュア(純粋)なモルトウイスキー」となりますが、そもそも「モルトウイスキー」はどんなウイスキーでしょう?
ウイスキーは穀物を原料に造られますが、その原料の違いによって分類されます。モルトウイスキーは大麦麦芽(モルト)を主原料に、単式蒸溜器で造られるウイスキーのこと。これに対し、トウモロコシやライ麦などの穀類を主原料に、糖化用のモルトを加えて、おもに連続蒸溜器で造られるウイスキーを「グレーンウイスキー」と呼びます。

「モルトウイスキー」の定義や特徴とは?【ウイスキー用語集】
「グレーンウイスキー」とはどんなウイスキー?【ウイスキー用語集】

ピュアモルトウイスキーは、ただのモルトウイスキーではない?

「ピュアモルトウイスキー」は、グレーンウイスキーなど、モルトウイスキー以外のウイスキーと混ぜ合わせていない、100%モルトウイスキーを意味しています。
では、なぜ単に「モルトウイスキー」と呼ばずに、「ピュアモルト」と呼ぶのでしょう。それは、世界で流通しているウイスキーの多くが、モルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜ合わせた「ブレンデッドウイスキー」だからです。「このウイスキーはブレンデッドとは違うよ、モルト100%だよ」と強調するために、あえて「ピュアモルト」と名乗っているのです。

「ブレンデッドウイスキー」がウイスキー業界に果たした役割とは? 【ウイスキー用語集】

「ピュアモルト」と「シングルモルト」「ブレンデッドモルト」の違いとは?

「ピュアモルト」と「シングルモルト」「ブレンデッドモルト」の違いとは?

itakdalee/ Shutterstock.com

「ピュアモルト」以外にもさまざまなモルトウイスキーが

「ピュアモルト」以外にも「シングルモルト」「ブレンデッドモルト」など、「モルト」と付いたウイスキーがあります。これらはどう違うのでしょうか?
「シングルモルト」とは、単一の蒸溜所で製造されたモルト原酒だけを使って瓶詰めされたウイスキーのこと。ちなみに、単一の樽で熟成されたモルト原酒だけを瓶詰めした場合は「シングルカスク(シングルバレルとも)」と呼びます。
「ブレンデッドモルト」は、複数の蒸溜所のモルト原酒を混ぜ合わせたウイスキーのこと。モルト原酒同士を混ぜることを「ヴァッティング」と言うことから「ヴァッテッドモルト」とも呼ばれます。

「シングルモルト」はなぜ人気があるの? 【ウイスキー用語集】
「シングルカスク」が“至高”とされる理由を知っていますか? 【ウイスキー用語集】

「ピュアモルト」の定義は時代とともに変化している

「ピュアモルトウイスキー」は「モルトウイスキー100パーセントのウイスキー」なので、「シングルモルト」「シングルカスク(シングルバレル)」「ブレンデッドモルト(ヴァッテッドモルト)」は、すべて「ピュアモルト」と言っても間違いではありません。
なぜ、こんなややこしいことになっているかと言うと、「ピュアモルト」はおもに日本だけで使われている用語で、その定義も明確ではなく、時代とともに変化してきたからです。

「ピュアモルト」の使い方の変遷を知ろう

「ピュアモルト」は、もともと「シングルモルト」と同じ意味で使われるのが一般的でした。これは、前述のようにブレンデッドウイスキーが全盛だった時代に、「モルト100%」をアピールするために使われたものでした。
しかし、その後、世界的に「シングルモルト」という用語が浸透すると、日本でもその表現が主体となり、「ピュアモルト」はあまり用いられなくなりました。
近年では、「ピュアモルト」と言えば「ブレンデッドモルト」を指すことが多く、これは「ブレンデッドウイスキー」との混同を避けるためではないかと考えられます。

「ピュアモルト」の代表的銘柄

「ピュアモルト」の代表的銘柄

ConstantinosZ/ Shutterstock.com

ピュアモルトウイスキーの代表的銘柄

ピュアモルトウイスキーは「ピュア(純粋)」という言葉に対する好イメージもあってか、日本のウイスキーメーカー各社から発売されています。代表的なピュアモルトウイスキーを紹介しましょう。

【竹鶴ピュアモルト】

ニッカウヰスキーが誇る国内2つの蒸留所で造られるモルト原酒同士をヴァッティングして造られたウイスキー。余市蒸溜所で造られる力強いモルト原酒と、宮城峡蒸溜所で造られるやわらかで華やかなモルト原酒の融合により、重厚さと飲みやすさを兼ね備えた魅力を実現しています。

ウイスキーへの夢が詰まった「竹鶴ピュアモルト」

【富士御殿場蒸留所 ピュアモルトウイスキー】

「富士山麓」のブランドで知られる富士御殿場蒸留所は、ひとつの蒸溜所でモルト原酒とグレーン原酒を造り分けています。キリンオンラインショップDRINX限定商品として開発されたこのウイスキーは、本来はグレーンウイスキーを蒸溜するために使用する「ケトル」と呼ばれる単式蒸溜器で造られたモルト原酒をベースに、複数のモルト原酒をヴァッティングして造られた、“クリーンでやわらかな”ウイスキーです。

製造元:キリンディスティラリー株式会社 富士御殿場蒸溜所
商品の詳細はこちら

「ピュアモルトウイスキー」の定義は明確ではありませんが、あまり難しく考えず、モルトウイスキーの魅力を堪能するために造られた、モルトウイスキー100パーセントのウイスキーと考えれば、間違いはありません。手に取る機会があれば、その魅力をじっくりと味わってみてください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識