「シングルモルト」はなぜ人気があるの? 【ウイスキー用語集】

「シングルモルト」はなぜ人気があるの? 【ウイスキー用語集】
出典 : ConstantinosZ/Shutterstock.com

「シングルモルトウイスキーが人気」とよく言われますが、「シングルモルト」とはどんなウイスキーのことでしょう? ここでは、シングルモルトウイスキーの定義や、他のウイスキーとの違いについて、わかりやすく紹介していきます。

  • 更新日:

シングルモルトウイスキーの定義

シングルモルトウイスキーの定義

itor/Shutterstock.com

「シングルモルト」は単一の蒸溜所で造られたモルトウイスキー

「シングルモルト」の「モルト」とは大麦麦芽のことで、大麦麦芽だけを原料としたウイスキーを「モルトウイスキー」と呼びます。
では「シングル」は何かと言えば、「単一の蒸溜所」を意味しています。
つまり、シングルモルトとは、単一の蒸溜所で造られたモルトウイスキーだけを瓶詰めしたものです。

「シングルモルト」と「ブレンデッド」の違いは?

シングルモルトウイスキーの対局にあるのが、複数の蒸溜所のモルトウイスキーとグレーンウイスキーの原酒をブレンドした「ブレンデッドウイスキー」です。
グレーンウイスキーとは、大麦麦芽を糖化酵素としてトウモロコシや小麦、ライ麦などの穀物に加えて連続式蒸溜で造るウイスキーで、モルトウイスキーに比べて軽やかでクセがないのが特徴です。
異なる原酒をバランスよく組み合わせることで飲みやすくしたのがブレンデッドウイスキーで、蒸溜所ごとの個性やこだわりを前面に打ち出したのがシングルモルトウイスキーと言えます。

「ブレンデッドウイスキー」がウイスキー業界に果たした役割とは? 【ウイスキー用語集】

シングルモルトウイスキーが近年、人気の理由

シングルモルトウイスキーが近年、人気の理由

Jakub Moravec/Shutterstock.com

スコッチウイスキーの歴史はシングルモルトから

伝統的なスコッチウイスキーは、もともとスコットランド各地で飲まれる地酒で、地域ごとの蒸溜所で造られるシングルモルトが主流でした。
その後、19世紀になってブレンデッドウイスキーが誕生。その飲みやすさに加え、大量生産に向いた製造法の登場もあって、ウイスキーを世界中に広める役割を果たしました。

「シングルモルト」と呼ばれるようになったのは最近のこと

さらに時を経て、20世紀後半になると、おだやかで飲みやすいブレンデッドに飽き足らないという人々を中心に、個性のはっきりしたシングルモルトが人気を博すようになりました。いわば時計の針が一巡したわけです。
じつは、「シングルモルト」と呼ばれるようになったのは、この時期からのこと。それまでの主流である「ブレンデッド」とは異なるウイスキーであることを高らかに宣言すべく、「シングルモルト」という呼び名が誕生したのです。

シングルモルトは「造り手の顔が見えるウイスキー」

シングルモルトウイスキーの魅力は、何と言っても、蒸溜所ごとの個性をたのしめること。
同じ大麦麦芽を原料としたモルトウイスキーでも、蒸溜所によってその味わいは大きく異なります。それは、ウイスキーの個性が、蒸溜所が位置する地域の気候風土や、使用する水、各工程における製法、熟成させる樽や貯蔵期間、さらには造り手のこだわりなど、さまざまな要素によって変化するからです。
同じように見えて、ひとつとして同じものがない、いわば1つひとつが“オンリーワン”の魅力を最大限に発揮しているのがシングルモルトだと言えるでしょう。

シングルモルトウイスキーのオススメ銘柄

シングルモルトウイスキーのオススメ銘柄

donfiore/Shutterstock.com

シングルモルトのロールスロイス「ザ・マッカラン」

多彩なスコッチウイスキーの銘柄のなかでも、ひときわ高い知名度を誇るのが「ザ・マッカラン」です。
スコットランドでも最大のウイスキー産地であるスペイサイド地方では、華やかでバランスのよいウイスキーが多いとされています。ザ・マッカラン蒸溜所は1824年、この地で2番目にスコットランド政府の公認を得た、名門中の名門。その歴史に裏づけられた完成度の高さから“シングルモルトのロールスロイス”とも呼ばれています。

マッカランが「シングルモルトのロールスロイス」と称される理由とは?

潮の香りのシングルモルト「タリスカー」

「タリスカー」は、スコットランド北西部に浮かぶ「アイランズ」と呼ばれる島々のひとつ、スカイ島を代表するシングルモルト。夏は霧に覆われ、冬は荒波が叩きつける、そんな生まれ故郷を体現するかのような荒々しさが「タリスカー」の持ち味です。
「舌の上で爆発するような潮の香り」と評されるスパイシーな風味は、カクテルよりもロックやストレート向き。刺激が強いのは苦手という人にはハイボールがオススメです。

タリスカー(talisker)スカイ島の自然が育むシングルモルトの魅力

日本を代表するシングルモルト「山崎」

日本にウイスキー文化を根づかせたサントリーが、1923年に“名水の里”として知られる京都府の南西部、山崎の地に、日本初のモルトウイスキー蒸溜所として建設したのが山崎蒸溜所です。
「角瓶」「オールド」などサントリーのブレンデッドウイスキーにモルト原酒を供給してきた山崎蒸溜所が、1984年に初めて生み出したシングルモルトが「山崎」。飲みやすさのなかに、深みと華やかさを兼ね備えた味わいは、「ジャパニーズウイスキーの真骨頂」として、日本はもちろん、世界のウイスキー愛好家から高い評価を得ています。

高級ウイスキー【シングルモルトウイスキー 山崎(やまざき)】 日本を代表するシングルモルトウイスキー

シングルモルトは近年のウイスキー人気の中核的な存在であり、さまざまなシングルモルトを飲み比べることで、ウイスキーの奥深さや多面性を知ることができます。ウイスキーのたのしみ方を広げるために、ぜひ、シングルモルトを味わってみてください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識