焼酎の度数はどのくらい? 一般的な度数や、度数ごとの味わいを知ろう

焼酎の度数はどのくらい? 一般的な度数や、度数ごとの味わいを知ろう
出典 : kathayut kongmanee/ Shutterstock.com

焼酎の度数(アルコール度数)は20度や25度が主流ですが、それより高いものや低いものも流通していて、飲み方や好みに合わせたチョイスが可能です。では、焼酎の度数は、どのようにして決まるのでしょうか。今回は、一般的な度数や上限、度数による味の違いや味わい方などを紹介します。

  • 更新日:

焼酎の上限度数と一般的な度数

焼酎の上限度数と一般的な度数

kitsune05/ Shutterstock.com

焼酎の定義にみるアルコール度数

焼酎の度数(アルコール度数)は、酒税法において「連続式蒸溜焼酎は36度未満」「単式蒸溜焼酎は45度以下」と定義されています。
連続式蒸溜焼酎とは甲類焼酎のことで、果実酒作りやチューハイなどのベースに適したホワイトリカーも同じものを意味します。
一方、単式蒸溜焼酎とは乙類焼酎のことで、芋焼酎や米焼酎、麦焼酎など原料ごとの個性を活かして造る、いわゆる「本格焼酎」もこちらに含まれます。

焼酎の一般的な度数は20度と25度

焼酎の度数は、12度程度という低めのものから、酒税法の定義の上限値となる45度のものまで、さまざま商品が提供されています。
また、宮崎や大分などでは20度の焼酎が主流など地域的な偏りはあるものの、現在、一般的とされているのは20度と25度のもの。人気の焼酎銘柄では20度と25度の2バージョンで展開しているケースも見られます。

焼酎の度数はどう決まる?

焼酎の度数はどう決まる?

itor/ Shutterstock.com

焼酎の度数はどう決まる?

焼酎の度数が、お酒のなかでも高めと言われるのは、蒸溜によってアルコール分を抽出して造られる蒸留酒だから。一般的に、焼酎は蒸溜し、貯蔵・熟成させた原酒を、必要に応じてブレンドし、割り水を加えて造られますが、この際、どれだけ水を加えるかで度数が決まります。
蒸溜したての原酒の度数は、麦焼酎や米焼酎で43〜45度、芋焼酎で37〜40度が一般的。ブレンドや加水を行わず原酒として販売される商品もありますが、飲みやすくなるよう、水を加えて20度や25度になるよう調整します。
これをさらに、好みに応じてストレートやロック、水割りやお湯割りにしてたのしむわけですが、そのまま飲むのが基本のカップ酒などは12度程度まで調整するケースもあります。

焼酎の度数に20度が多い理由

焼酎の度数で20度が一般的なのは理由があります。
昭和28年(1953年)に改正された、現在の酒税法では、蒸溜酒類の1キロリットルあたりの税額は、21度未満が20万円。20度を1度超えるごとに税額は1万円が加算されます。この税率の基準内でもっとも効率よく売ろうと考えた結果、20度に落ち着いたというわけです。

焼酎の度数に25度が多い理由

一方で、焼酎の度数に25度が多い理由には諸説があって明確ではありませんが、有力なのが、昭和15年(1940年)制定の旧酒税法に端を発しているという説です。先述した「21度未満」を基準とした税率基準が、旧酒税法では「26度未満」が基準となっていたためです。
これとは別に、明治時代、密造焼酎対策に改正された酒税がもとになっているという説もあります。当時は30度以上の焼酎に累進課税が義務づけられていたため、この度数を超えないように加水を行い、ほどよい味わいにしていたのだとか。そうして行き着いたのが25度程度で、当時の製法が今に受け継がれたのではないかと言われています。

焼酎の度数の違いに応じた味わい方を知ろう!

焼酎の度数の違いに応じた味わい方を知ろう!

jazz3311/ Shutterstock.com

焼酎を割ってたのしむ際の度数に注目してみよう

焼酎の飲み方は自由自在。ストレートやロックでも、水やお湯で割っても、おいしくいただけます。最近では、お茶や炭酸、ジュースなど、いろいろな飲み物で割ってたのしむ人も多いようですが、割り材だけでなく、割った後の度数にこだわって飲むのもオツなもの。
25度の焼酎を水で割って飲んでいる人は、同じ焼酎の20度以下のものをロックで試してみては? 割り水にもよりますが、25度より20度のほうが、口当たりがまろやかな傾向があります。逆に、20度ではやや物足りないという人は、25度の焼酎をストレートやロックで試してみましょう。

蔵元での加水と飲む際の加水、調整した度数は同じでも味わいは別?

同じ銘柄の焼酎が違う度数で販売されている場合、アルコールによる刺激に強さや、口当たりの違いはあっても、基本的な味わいに違いはありません。それは、同じ原酒を、同じ割り材で調整しているからです。しかし、飲む人それぞれが氷や水、お湯を加える場合だと、話は変わってきます。
焼酎の仕込みや割り水に使われる水は、蔵元がこだわり抜いた特別な水。25度の焼酎を、一般的な水で割って20度程度に調整したからといって、20度の焼酎の味にはならないことを、覚えておきましょう。

焼酎は、製造法や原料だけでなく、度数にも注目してみることで、そのたのしみ方がさらに深まります。銘柄によっては、20度や25度以外にもさまざまな度数の焼酎を造っているので、飲み方に合わせていろいろ試してみてください。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識