群馬に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【関東編】

群馬に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【関東編】
出典 : Venus.1777 / Shutterstock.com

群馬県は、豊かな水源に恵まれ稲作も盛んなど、日本酒造りに適した環境があります。軟水で仕込まれた群馬の酒は、ソフトな口当たりが特徴。水源である上毛三山の裾野には草津や伊香保などの温泉地が広がり、酒とともに人々から愛されています。

  • 更新日:

群馬の自然が織りなす酒造り

群馬の自然が織りなす酒造り

yoko_ken_chan / Shutterstock.com

群馬県は、赤城山、榛名山、妙義山からなる上毛(じょうもう)三山に抱かれた自然豊かな土地。その地域風土には、「清冽な水」「澄んだ空気」「冬場の低温環境」と良質な日本酒造りに最適な条件がそろっています。

まず注目したいのが、上毛三山や谷川岳の雪解け水を水源とする豊富で良質な水。その水質は口当たりのよい軟水で、日本酒の仕込みはもちろん稲作にも使用されます。この水が、群馬の地酒の特徴である、やわらかな飲み口とふくよかな味わいを生み出します。

また、群馬県の空気は、山間の雪雲の層で浄化されているのも大きな特徴。思わず深呼吸したくなるようなこの澄んだ空気が、日本酒を醸す微生物をしっかりと育み、発酵を促します。

さらに酒造期間中の低温環境も、微生物の活動を促すポイントのひとつ。厳寒地である群馬県は、冬場に吹きつける冷たい風が「上州のからっ風」として有名です。この寒い気候が、おいしい酒造りに一役買っています。

群馬を代表する酒造好適米「若水」

群馬を代表する酒造好適米「若水」

Kelly Marken / Shutterstock.com

群馬県の豊かな水は、酒造りの原料となる米の栽培にも適しています。酒造りに適した酒造好適米としては、伊勢崎や東毛地区を中心に「若水(わかみず)」の栽培が盛んです。

若水の特徴は、粒が大きくて割れにくいこと、そして「心白(しんぱく)」が多いことです。心白とは、米の中心部にあるデンプン質の固まりことで、白色不透明に見えることから、こう呼ばれています。心白が多いと麹菌が入り込みやすく、良質な麹ができるうえに、粘度が高くて醪(もろみ)にも溶けやすいという利点があります。

じつは若水が開発されたのは愛知県ですが、生産は群馬県の方が盛んなのだとか。「上毛」や「毛野国」など、群馬県の地名に使われている「毛」という文字は、一説によると稲や麦をあらわしており、それほどに稲作が盛んな土地であった証といえるでしょう。
その実力を示すように、群馬県産の若水は、1991年に関東地方では初めて酒造好適米の認定を受けました。

群馬の人気銘柄

群馬の人気銘柄

Nishihama / Shutterstock.com

群馬県では、老舗酒蔵の伝統を継ぎながらも、挑戦を欠かさない若き杜氏たちが活躍しています。ここでは、昔ながらの酒から新たな風を吹き込む酒まで、人気の5銘柄を紹介します。

世界を見据えたエレガントなブランド【水芭蕉(みずばしょう)】

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識