ワインボトル入りの日本酒がオシャレ! ギフトにもおすすめの銘柄「SAKAEMASU(榮万寿)」を紹介

ワインボトル入りの日本酒がオシャレ! ギフトにもおすすめの銘柄「SAKAEMASU(榮万寿)」を紹介
出典 : 「SAKAEMASU(榮万寿)」サイト

「SAKAEMASU(榮万寿)」はワインボトル入りの日本酒です。群馬県館林市に本拠地を置く清水屋酒造が手掛けるこの日本酒シリーズは、見た目のおしゃれさもさることながら味わいも抜群。今回は、初見だと白ワインと見間違えてしまいそうな、「SAKAEMASU(榮万寿)」の魅力に迫ります。

  • 更新日:

ワインボトルのヴィンテージ日本酒「SAKAEMASU(榮万寿)」はギフトにぴったり

清水屋酒造有限会社提供

味も見た目もギフトに最適な、ワインボトル入りの日本酒「SAKAEMASU(榮万寿)」。まずは「SAKAEMASU(榮万寿)」の特徴と蔵元の清水屋酒造についてかんたんに見ていきましょう。

日本酒ブランド「SAKAEMASU(榮万寿)」とは

ワインボトル入りの日本酒「SAKAEMASU(榮万寿)」は、群馬県にある清水屋酒造が手掛ける日本酒ブランドのひとつ。

白ワインのようなおしゃれな見た目と、「SAKAEMASU(榮万寿)」というめでたいネーミングから、お祝い用のギフトとして重宝されています。

老舗蔵が少量仕込・少量生産でていねいに醸す「SAKAEMASU(榮万寿)」は、熟成したまろやかな味わいが魅力で、日本酒好きをはじめたくさんの人に愛されています。

「SAKAEMASU(榮万寿)」の蔵元の歴史

「SAKAEMASU(榮万寿)」の造り手である清水屋酒造は、明治6年(1873年)創業の老舗蔵ですが、じつは昭和60年(1985年)に自社醸造から撤退していた歴史があります。自社醸造を復活させたのは、それから四半世紀後の平成22年(2010年)のこと。再稼働にあたって、現6代目当主が蔵の復興への想いを込めてリリースしたのが、ヴィンテージ日本酒「SAKAEMASU(榮万寿)」でした。

「SAKAEMASU(榮万寿)」のラベルやロゴには、現当主のこだわりが詰まっています。「SAKAEMASU(榮万寿)」のラベルには、6つの赤いドットが印されていますが、これは歴代の蔵元と現当主を表したもの。ドットの赤色には情熱と、「榮」の冠にちなんだ炎の意味があります。また、升を表す正方形で囲まれた「榮」のロゴには、進化と創造を続けていくという意味が込められているそう。

「SAKAEMASU(榮万寿)」は、歴代の蔵元の想いを受け継ぐ6代目当主が、未来へ向けて生み出した日本酒といえるでしょう。

日本酒「SAKAEMASU(榮万寿)」に込められた想い

清水屋酒造有限会社提供

「SAKAEMASU(榮万寿)」の日本酒は、なぜワインボトルに詰められているのでしょうか。その秘密に迫ります。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事