静岡に行って飲んでみたい!おすすめの日本酒(地酒)【東海編】

静岡に行って飲んでみたい!おすすめの日本酒(地酒)【東海編】
出典 : Sakarin Sawasdinaka / Shutterstock.com

静岡県は“吟醸王国”として知られる、地酒ファン垂涎の酒どころです。南アルプス由来の澄んだおいしい水と、米作りに適した土壌に恵まれている静岡には、古くから数多くの蔵元が栄え、現在に至っています。そんな静岡のお酒について紹介します。

  • 更新日:

吟醸王国・静岡が生む高品質の酒

吟醸王国・静岡が生む高品質の酒

KPG_Payless / Shutterstock.com

静岡県は、酒造りの大切な条件である「豊かな水源」に恵まれたことから、古くより多くの蔵元がそれぞれ個性ある酒造りを競い合ってきました。
昭和30年代には蔵元の数は75社を数えており、時代の変遷により多くの蔵が廃業した今も、約30社が静岡ならではの酒造りを続けています。

そんな静岡が「吟醸王国」と呼ばれるようになったのは、じつはここ30年ほどのこと。静岡の酒造りを活性化させるために、吟醸酒や純米酒など「特定名称酒」に特化したのです。
そうして生まれた静岡の酒は、香りは華やかでありながら、味わいは至ってマイルド。酒質そのものはすっきりとした淡麗タイプで、のどごしが滑らかなものがほとんどです。

最大の特徴ともいえる香りを支えているのが、県の工業技術センターが1985年に開発した「静岡酵母」。この酵母が開発された翌年の品評会では、静岡から10点の金賞酒を生み出しました。
以来、地酒ファンの酒のあいだで、静岡県は「吟醸王国」との認識が広まり、静岡の銘柄が「入手しにくいプレミアム酒」として、もてはやされるようになりました。

静岡は全国の職人が集まる“技の交差点”

静岡は全国の職人が集まる“技の交差点”

KPG_Payless / Shutterstock.com

静岡県の酒造業は、杜氏(とうじ)の出身地が幅広く、さまざまなバックボーンをもった杜氏が、それぞれ培ってきた酒造りの技を競い合うことで、ハイレベルな吟醸酒造りが確立されてきました。
このため、杜氏の世界では「静岡で杜氏ができれば一人前」ともいわれているのだとか。

もともと静岡県には、旧大井川町を中心とした志太平野一帯に「志太杜氏」という杜氏集団が存在し、大正末期から昭和初期の最盛期には、100人以上の杜氏・蔵人が県内全域の酒蔵で活躍しました。

しかし、大井川水系の良水に恵まれたこの地域には、戦後の高度成長期に食品や製薬、飲料などのメーカーが進出。それらの会社が若い世代を大量に採用したことから、酒造業も含めた第一次産業の就労人口が減少していきます。

そこで、県内の蔵元では南部杜氏(岩手県)、能登杜氏(石川県)、越後杜氏(新潟県)、広島杜氏など、全国各地から杜氏や蔵人を招くようになりました。なかには酒のコンテストで輝かしい受賞歴を誇る名杜氏、名杜氏のもとで経験を積んだ若い杜氏が静岡へやってきてさらに腕を磨くことも。

こうして、全国から集まった蔵人たちが、互いに競い合い、技を磨き上げることで、静岡の地酒造りは今も進化を続けているのです。

静岡の人気銘柄

静岡の人気銘柄

taa22 / Shutterstock.com

「吟醸王国」静岡の顔として、全国的に親しまれている人気の銘柄を紹介します。

吟醸王国、静岡の代表銘柄【開運(かいうん)】

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識