福島に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【東北編】

福島に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【東北編】
出典 : Phattana Stock / Shutterstock.com

福島は間違いなく今の日本酒ブームの担い手のひとつ。酒造好適米の生産量が少ない土地にあって、その酒質が飛躍的に向上している背景には、若き杜氏たちの活躍がありました。ここでは造り人たちのさまざまな取り組みから、福島で造られる酒の魅力を探ります。

  • 更新日:

福島県が「全国新酒鑑評会」で5年連続金賞受賞数日本一の快挙

福島県が「全国新酒鑑評会」で5年連続金賞受賞数日本一の快挙

focal point/ Shutterstock.com

福島県では、江戸時代から会津を中心に酒造りが行われてきました。福島は米どころで、良水にも恵まれ、寒冷な気候も酒造りに適していましたが、日常的にたのしまれる普通酒が主流だったため、20年ほど前までは、さほどの評価は得られていませんでした。

そんな福島県産の日本酒に対する評価が大きく変化したのは、じつは最近のこと。国内最大規模の日本酒コンペティション「全国新酒鑑評会」において、2012年度は福島県が金賞受賞数で日本一に輝いたのです。

この評価は一過性のものではなく、以降、福島県産の日本酒は次々と金賞を獲得。2016年には、福島県内の蔵元から出品された45銘柄のうち、30銘柄が入賞、22銘柄が金賞に輝くという快挙を達成しました。

こうした評価を背景に、現在、日本酒愛好家たちの熱い視線が福島の酒に注がれているのです。

意欲溢れる若き杜氏たちが支える福島の酒造り

意欲溢れる若き杜氏たちが支える福島の酒造り

bonchan / Shutterstock.com

福島の日本酒に対する近年の高評価の背景には、味にこだわり、先人の技に磨きをかけようと励む若き杜氏たちの存在があります。

そのきっかけとなったのが、1992年の「清酒アカデミー職業能力開発校」の設立です。福島県酒造組合が運営するこの学校に、県内の酒蔵の跡取りたちが集い、それまで門外不出とされていた各蔵の技術が共有させることで、福島県の酒造り技術は格段に向上していきました。

こうした若き造り手たちは、各蔵で杜氏として指揮を執るようになっても交流を続け、切磋琢磨していることが、福島の酒造りを盛り上げていることは間違いありません。

福島の人気銘柄

福島の人気銘柄

takasu/ Shutterstock.com

福島を代表する日本酒のなかでも、とくに話題を集めている5銘柄を紹介します。

入手困難な人気銘柄【飛露喜(ひろき)】

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識