焼酎好きには朗報?お酒の「カロリー数値」を知ろう

焼酎好きには朗報?お酒の「カロリー数値」を知ろう

ダイエット中の人が飲み会に誘われたとき、どんなお酒を飲んだらよいのか悩みますね。ビールや日本酒、ワインはカロリーが高いといわれていますが、どうやら焼酎やウイスキーはダイエット中の人の味方のようですよ。

  • 更新日:

お酒のカロリーウソ&ホント

お酒のカロリーウソ&ホント

taa22/ Shutterstock.com

健康やダイエットに気を使っている人にとって、お酒のカロリーは気になりますよね。しかし、単純にカロリーの数値だけを比較するのは間違いです。アルコール度数によって飲める量にも差がでてくるからです。

そこで、厚生労働省の国民健康づくり運動「健康日本21」の「節度ある適切な飲酒」の純アルコール20グラム程度を参考に、飲酒適正量から糖質とカロリーを割り出したものを紹介します(健康&ダイエットNAVIより)。
※焼酎の後は、カロリーが低い順に紹介します

◆焼酎・乙類/146キロカロリー
アルコール25%・飲酒適正量100ミリリットル・糖質 0グラム

◆焼酎・甲類/ 206キロカロリー
アルコール35%・飲酒適正量71ミリリットル・糖質0グラム

◆ウイスキー/ 148キロカロリー
アルコール40%・飲酒適正量63ミリリットル・糖質0グラム

◆赤ワイン /157カキロカロリー
アルコール11.6%・飲酒適正量216ミリリットル・糖質3.2グラム

◆白ワイン/ 160キロカロリー
アルコール11.4%・飲酒適正量219ミリリットル・糖質4.4グラム

◆日本酒(純米酒) /167キロカロリー
アルコール15.4%・飲酒適正量162ミリリットル・糖質5.8グラム

◆日本酒(本醸造酒)/174キロカロリー
15.4% ・飲酒適正量162ミリリットル・糖質7.3グラム

◆ロゼワイン/ 180キロカロリー
アルコール10.7%・飲酒適正量234ミリリットル・糖質9.3グラム

◆発泡酒 /212キロカロリー
アルコール5.3%・飲酒適正量472ミリリットル・糖質17グラム

◆ビール(淡色) /217キロカロリー
アルコール度数4.6%・飲酒適正量543ミリリットル・糖質16.8グラム

◆ビール(黒)/ 217キロカロリー
アルコール5.3%・飲酒適正量 472ミリリットル・糖質16グラム

アルコール度数や適正量で比較すると、ビールのカロリーや糖質の高さがわかります。ただし、最近は糖質オフやカロリーゼロなどの発泡酒や第三のビールもあるので、選び方によってはカロリーオフに。米で作られる日本酒もカロリーや糖質が高いイメージがありますが、ワインとあまり変わりません。

一方、一般的に焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はカロリーや糖質が低いといわれ、数字を見てもビールと比べると確かに低いことがわかります。甲類焼酎はくせのない味わいでソーダや果汁などで割ることが多い種類ですが、日本酒よりややカロリーが高いですね。ただし、糖質はゼロなので、糖質摂取量に気を付けている人は一般的には蒸留酒を選ぶといいようです。

カロリーオフする焼酎の飲み方

カロリーオフする焼酎の飲み方

92_kimhj/ Shutterstock.com

カロリーや糖質の数値は低い焼酎ですが、飲み過ぎるとやはりカロリーオーバーに。焼酎の場合は飲み方の種類が重要です。焼酎を飲み慣れている人はストレートやロックで飲みますが、アルコール度数が高いため初心者の人はそうはいきません。そのため、ソーダや果汁で割ることになり、これがカロリーオーバーになる元凶。飲みやすい甘い酎ハイや甘めのソーダ割りは、果汁やソーダで割っているためカロリーや糖質が多く含まれているからです。

ストレートやロックが少し飲みづらいと思う人は、水割りかお湯割りまたは、プレーンな炭酸割りがおすすめです。もうひと味欲しい人は、そこにレモンや梅干しをそえるといいでしょう。カロリーや糖質とうまく付き合って、おいしく焼酎を飲みましょう!

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識