焼酎の「甲類」と「乙類」どちらがおいしいの?

焼酎の「甲類」と「乙類」どちらがおいしいの?

焼酎にはふたつの分類があるのを知っていますか? それが「甲類焼酎」と「乙類焼酎」です。味わいの違いがあるので、ストレートやロック、お湯割り、ハイボールなどそれぞれの特徴を活かした飲み方で飲むのが正解です。

  • 更新日:

焼酎に種類があるって知っていますか?

jazz3311/ Shutterstock.com

蒸留酒である焼酎は酒税法上の分類によって、以下の2つに分けられます。

まずは、乙類焼酎です。日本で古くから行われてきた単式蒸留(一度の原料投入につき、一度のみ蒸留を行う方法)で仕込んだアルコール度数45パーセント以下のもの。「乙類焼酎」との名称の他、「単式蒸留焼酎」、または「本格焼酎・泡盛」とも呼ばれています。アルコール以外の香味成分が抽出されるため、原料となる米、芋、麦、蕎麦などの風味や味わいがたのしめます。

もうひとつが、甲類焼酎です。連続式蒸留機で蒸留したアルコール度数36パーセント未満のもの。1910年頃(明治43年)、英国から導入されたウイスキー造りなどに利用される「連続式蒸留」方式で仕込まれた高純度アルコールの焼酎を差します。無色透明でピュアな味わいで、焼酎乙類より価格がリーズナブルという特徴があります。

酒税上、甲乙で表されていますが、けっして品質に関して優劣をつけているものでありません。それぞれの特徴を活かした味わい方で、たのしみたいものですね。

甲類焼酎&乙類焼酎のおいしい飲み方

sakuraphotography/ Shutterstock.com

始めに甲類焼酎のおいしい飲み方をお伝えします。無色透明でピュアですっきりした味わいが特徴の甲類焼酎をたのしむなら、まずはロックや水割りがおすすめ。また、クセのなさを活かし、炭酸水やお茶、果汁など、自分の好きな味を加えてたのしめるのも甲類焼酎ならではです。様々な味わいが登場しているチューハイ、またはカクテルベースのお酒もこの甲類焼酎のほかにウォッカなどを元に作られています。

また、甲類焼酎は糖質、脂質、プリン体ゼロのヘルシーアルコールともいわれます。割り方によってさらにヘルシー度がアップするとか。
例えば「少し風邪気味かな」という時は、ビタミンCたっぷりのレモンを絞ったレモンサワーを。脂っこいものを食べる際には、油分を洗い落としてくれるといわれる烏龍茶を加えたウーロンハイ。寒い冬には体を温める生姜+はちみつを加えたジンジャーハニーハイもおすすめです。いろいろ試しながら、お気に入り、またはオリジナルのマイ焼酎割りをたのしみましょう。

乙類焼酎は、原料の違いが香りや味わいに表れるから、おすすめはやはりストレートやロックです。でも、焼酎はアルコール度数が高いのでお酒が苦手な人には、少しきつく感じるかもしれません。その場合は、お湯割りや水割りを。お湯や水を加えることで、焼酎の味がまろやかになり飲みやすくなります。香りをたのしみ、じっくり味わいながら飲みたいですね。

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識