焼酎の味わいを本格的に!「ストレート」「ロック」の飲み方指南

焼酎の味わいを本格的に!「ストレート」「ロック」の飲み方指南

  • 更新日:

香りを感じる「ストレート」

焼酎は、麦や米、芋など原材料が豊富で様々な種類がある蒸留酒。飲み方も多彩で、初心者から焼酎好きまでたくさんの人々をたのしませています。

その中でも、水やお湯を足さず焼酎本来の香りや味をよりたのしむなら「ストレート」。焼酎の味をしっかり感じられる飲み方だからこそ、銘柄をじっくりと選びたくなります。焼酎を選んだら、注ぐ前に少しだけ瓶を振って瓶の中を均一にしながら注ぐとよいでしょう。味わいを楽しむストレートは、香りを飛ばさないために小さめのおちょこやショットグラスで飲むのがおすすめです。

また、温度によっても味の変化がたのしめます。常温(18~20度)は、焼酎鑑評会などの本格的なテイスティングで使われる温度。焼酎の香りを的確にとらえやすいとされています。冷蔵庫で数時間冷やした5~15度ほど。日本酒でいう冷酒にあたる温度くらいです。味が引き締まり、飲みやすくなります。冷凍庫で一晩冷やした0~マイナス5度ほどはとろりとした飲み口になります。

ストレートでも、様々な飲み方がありますね。

ゆったりした時間もたのしむ「ロック」

グラスに大きめの氷を入れたら、ゆっくりと焼酎を注ぎ入れる「ロック」。焼酎をスッキリとのみやすくし、独特な風味もたのしめる飲み方です。氷で冷やすと甘味が締まり、とろりとした口あたりに。ストレートに近い飲み方ですが、氷が溶けることで水割りのような味の変化もたのしめます。

ここで大切なのは、氷へのこだわりです。できれば、おいしい水で作られた大きめの透き通った氷で飲みたいですね。市販されているロックアイスが便利です。大きめのロックグラスいっぱいに氷を入れたら、焼酎を注ぐ前にマドラーやスプーンなどで軽くかき混ぜ、溶けた分の水を捨てます。氷の表面をまんべんなく濡らすように静かに焼酎を注ぎます。だいたい、グラスの半分くらいが目安です。

jazz3311/shutterstock.com

アルコール度数の高い焼酎は冷凍庫で冷やして

焼酎は、球磨焼酎や泡盛などアルコール度数の高い種類があるのが特徴。アルコール度数の高い酒の本来の味わいを失わず、おいしく飲む方法としてストレートやロックがあります。

冷凍庫で凍らして飲む方法は「パーシャル・ショット」といって40度以上とアルコール度数の高い酒を飲む独特の方法です。一気に飲まず、とろりとした飲み口をゆっくり味わってください。

ストレートもロックも、焼酎をなみなみと注ぐのは厳禁。小さなおちょこで香りをたのしんだり、氷の解け具合を見ながらのんびりと味わったりするのが通。アルコール度数の高い酒をゆっくりたのしめる、スマートな飲み方をしたいですね。

Paola Crash/shutterstock.com

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識