熊本県の日本酒の特色

熊本県の日本酒の特色

熊本の日本酒は、濃醇甘口が主流。熊本酵母(きょうかい9号酵母)の香露(こうろ)、花の香(はなのか)、美少年(びしょうねん)、れいざん、産山村(うぶやまむら)など、熊本県の人気の日本酒銘柄や、明治時代には「熊本県酒造研究所」を発足するなど、県が一丸となって高品質化を推進する熊本の日本酒を紹介します。

  • 更新日:

熊本県の日本酒の特色

熊本は、世界最大級のカルデラを持つ阿蘇山を中心とした自然豊かな土地で、1,000を超える湧水群があり地域によって、硬水から軟水まで様々な水質があります。また、県オリジナル酒造好適米「華錦」を開発するなど、良質な米を育む条件もそろっています。
そんな熊本の日本酒は、濃醇甘口が主流で、甘口の九州醤油で食べる刺身にピッタリの味わいです。

「香露(こうろ)」:熊本県酒造研究所 熊本酵母を生んだ研究所兼蔵元が造る酒【熊本の日本酒】

「花の香(はなのか)」:花の香酒造 地元産の水と米で全量を仕込むこだわりの地酒【熊本の日本酒】

「美少年(びしょうねん)」:株式会社美少年 小学校の校舎で醸される旨い酒【熊本の日本酒】

「れいざん」:山村酒造 地元の人々に愛される阿蘇の銘酒【熊本の日本酒】

「産山村(うぶやまむら)」:産山酒米研究会 無農薬米を醸した純米吟醸酒【熊本の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識