東京の焼酎【八重椿(やえつばき):八丈島酒造】こだわりの原材料で造る本格ブレンド焼酎

東京の焼酎【八重椿(やえつばき):八丈島酒造】こだわりの原材料で造る本格ブレンド焼酎
出典 : 八丈島酒造合名会社サイト

「八重椿」は、伊豆諸島の八丈島で造られている焼酎です。八丈島では江戸時代の終わりから焼酎が造られてきました。伝統的な製法を守る蔵元の八丈島酒造が、原材料からこだわって造る焼酎「八重椿」。八丈島の紹介なども含めて、その魅力に迫ります。

  • 更新日:

焼酎「八重椿」は八丈島生まれの「島酒」

八丈島酒造合名会社サイト

東京の焼酎「八重椿」のふるさと八丈島の特徴と、「島酒」のルーツから見ていきましょう。

「八重椿」が造られている八丈島とは

「八重椿」は、東京都の伊豆諸島・八丈島で造られている焼酎です。

八丈島は、都心から約290キロメートル南の太平洋上に浮かぶ火山島。北西に伊豆諸島の最高峰・標高約854メートルの西山(八丈富士)、南東に円形のカルデラを持つ標高約700メートルの東山(三原山)がそびえる、ひょうたんのような形をしています。

「東洋のハワイ」とも呼ばれる八丈島の気候は、島のそばを流れる暖流・黒潮の影響もあり高温多湿。降水量が多く、東山とその周辺には湧水も多数見られます。焼酎造りに欠かせない水に恵まれている島でもあるのです。

また、1年をとおして温暖な八丈島は自然も豊か。島内にはシダ類や焼酎「八重椿」の名にも冠されているツバキなどの常緑樹が生い茂っています。

「八重椿」は八丈島で造られる「島酒」

「八重椿」など八丈島で造られる焼酎は、「八丈焼酎」または「島酒」と呼ばれています。

その起源は、今から170年ほど前となる江戸時代末期の嘉永6年(1853年)。薩摩藩(現在の鹿児島県)の御用商人・丹宗庄右衛門(たんそうしょうえもん)が、密貿易の罪で八丈島に流されてきたことに始まります。

当時の八丈島では、貴重な米を使用する日本酒造りが禁じられていて、飲んでも酔えないような密造酒しかない状況でした。見かねた庄右衛門は、焼酎の本場である故郷の薩摩から蒸溜機や焼酎向きのサツマイモの苗を取り寄せ、島民に焼酎の製造方法を伝授。それがのちに伊豆諸島のほかの島々にも広まったといわれています。

「八重椿」の蔵元は原材料にこだわる

八丈島酒造合名会社サイト

「八重椿」の蔵元・八丈島酒造のかんたんな歴史と、原料へのこだわりに注目しましょう。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事