「八丈鬼ごろし(はちじょうおにごろし):八丈興発」八丈島で愛されてきた個性溢れる島焼酎【東京の焼酎】

「八丈鬼ごろし(はちじょうおにごろし):八丈興発」八丈島で愛されてきた個性溢れる島焼酎【東京の焼酎】
出典 : 八丈島観光協会サイト

「八丈鬼ごろし」は、亜熱帯の楽園・八丈島で生まれた個性豊かな島焼酎。インターネット通販では手に入らない、特約店限定の希少なお酒です。地元で絶大な人気を誇る理由を探るべく、「八丈鬼ごろし」を育む八丈島の自然や蔵元の酒造り、味わいの特徴や魅力を見ていきましょう。

  • 更新日:

「八丈鬼ごろし」を生んだ八丈島ってどんな島?

八丈興発株式会社サイト

「八丈鬼ごろし」のおいしさを育む八丈島について、紹介します。

八丈島は東京都の伊豆諸島にある常春の島

「八丈鬼ごろし」のふるさとは、伊豆諸島の八丈島。「東洋のハワイ」の異名を持つ常春の楽園です。東京の南方約287キロメートルに位置し、羽田からANAの定期便で約55分、竹芝桟橋から船便で10時間20分ほどかかりますが、行政上は東京都の島しょ部に属します。

面積約69.11平方キロメートルと、山手線の内側エリアと同等の広さを持つ八丈島は、左45度ほどに傾いたひょうたん型の島。その右くびれ付近にある三根の海水浴場近くの焼酎蔵「八丈興発」で、「八丈鬼ごろし」は誕生しました。

「八丈鬼ごろし」のふるさと八丈島の自然

「八丈鬼ごろし」を育む八丈島は、富士火山帯に属する火山島。北部の八丈富士と南部の三原山、2つの山系とそれらをつなぐ平地から成り、島全体を玄武岩質が覆っています。とくに三原山周辺は湧水が豊富で、南部は個性豊かな7つの温泉で賑わっています。

黒潮の影響を受けた気候は1年をとおして高温多湿。随所に亜熱帯性の植物が生い茂り、南国ならではの雰囲気を醸し出しています。

「八丈鬼ごろし」を育む八丈島の焼酎文化

八丈島には、八丈焼酎や島酒(しまざけ)と呼ばれる焼酎が存在します。

八丈島の島酒の歴史は、1850年代にまで遡ります。江戸時代の八丈島は米が不作で、米を使った酒造りが禁止されていたため、雑穀を使ったどぶろくが飲まれていました。そこへ流人としてやってきたのが、薩摩藩の御用商人も務めた丹宗庄右衛門(たんそうしょうえもん)でした。

島流しで八丈島へ流れ着いた庄右衛門は、飢饉対策として八丈島でもサツマイモの栽培が始まっていたことを知り、故郷の酒、すなわち芋焼酎の醸造に着手します。そうして、貴重な米を使わない焼酎造りの技術が八丈島に定着。島民の間で親しまれてきました。

昭和に入ると、八丈島の主要産業の一翼を担う観葉植物の栽培が盛んになり、芋の生産が減りました。代わりに登場したのが、麦焼酎と芋麦ブレンド焼酎。島外からの芋を調達できるようになった近年は、麦焼酎、芋焼酎、芋麦ブレンド焼酎の3種が流通する独自の焼酎文化が定着しています。

「八丈鬼ごろし」の造り手、八丈興発の特徴

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事