「ホワイトビール」ってどんなビール? おすすめの銘柄も紹介

「ホワイトビール」ってどんなビール? おすすめの銘柄も紹介
出典 : PavelKant / Shutterstock.com

「ホワイトビール」や「白ビール」と呼ばれるビールを知っていますか? 多くのホワイトビールは白濁していて、まろやかで飲みやすいのが特徴です。今回はホワイトビールの原料や味わい、名前の由来とともに、おもなビアスタイルやおすすめ銘柄を紹介します。

  • 更新日:

「ホワイトビール」とは?

「ホワイトビール」とは?

Viacheslav Rubel/ Shutterstock.com

「ホワイトビール」は小麦麦芽を使ったビール

「ホワイトビール(白ビール)」は、おもに小麦(小麦麦芽)を原料に造られるビールです。

小麦は、古くからビールの醸造に使われてきました。小麦のビールは人気で、収穫された小麦の多くがビール造りに回され、パンを作るための小麦が不足することもあったそう。国王が使用量を制限してもあまり効果が上がらないほど、親しまれていたようです。

とはいえ、ビールの原料としての小麦には、麦芽にするときに壊れやすい、粘性が強くてろ過しにくいといった扱いづらい面があります。そのため近年は、小麦だけでビールが造られることはほとんどなく、一定の割合で大麦と混ぜ合わせて造られています。

「ホワイトビール」の味わいの特徴

原料の小麦には「グルテン」というタンパク質が多く含まれているため、ホワイトビールは泡持ちがよいのが特徴。また、独特の酸味があり、さわやかなのどごし、まろやかな口当たりをたのしめるのも持ち味です。

ホワイトビールは、小麦麦芽由来のバナナのようなフルーティーな香り、やわらかく苦味の少ない味わいも魅力。ビールの苦味が苦手な人からも「飲みやすい」と人気を集めています。

「ホワイトビール」の名前の由来

ホワイトビールには、その名のとおり白っぽい見た目のものがある一方で、黄金色で「白」とはいえないものもあります。それではなぜ「ホワイト」なのかというと、ホワイトビールが誕生したころ、ほとんどのビールの色が濃かったためです。

当時主流であったビールと比較すると、ホワイトビールは液体の色が薄いうえ、タンパク質や酵母で白く濁っていたことから、「ホワイト」と呼ばれるようになったと考えられています。

ちなみに、ホワイトビールは国や地域によって、小麦を意味する「ヴァイツェン(独)」や「ウィート(英)」、白色を意味する「ヴァイス(独)」「ヴィット(蘭)」「ブランシュ(仏)」などと呼ばれることもあります。

「ホワイトビール」のおもなビアスタイル(ビールの種類)

「ホワイトビール」のおもなビアスタイル(ビールの種類)

Wirestock Creators/ Shutterstock.com

フルーティーな味わいが人気のビアスタイル「ヴァイツェン」

一口に「ホワイトビール」といっても、さまざまなビアスタイルがあります。「ヴァイツェン」は、よく知られたホワイトビールのひとつです。

ドイツに「ヴァイエンシュテファン醸造所」という世界最古級のブリュワリーがあり、この醸造所が1040年に造ったビールが「ヴァイツェン」の始まりといわれています。

白濁した液体の色とクリーミーな泡が「ヴァイツェン」の特徴。味わいはフルーティーで、バナナやバニラ、クローブを思わせる甘い香りが漂います。口当たりはやわらかく苦味はほとんどないため、苦いビールが苦手な人にも好まれる傾向があります。


「白ビール」とも呼ばれる南ドイツの「ヴァイツェン」はどんなビール?

「ヴァイツェン」の魅力とは? おすすめの地ビールとともに紹介

スパイシーな香りが魅力のビアスタイル「ベルジャンホワイト」

「ベルジャンホワイト」は、14世紀ころからベルギーのヒューガルデン村で製造されてきた古典的なビールです。醸造が途絶えた時期もありましたが、1965年、村で牛乳屋を営むピエール・セリスが復活させました。

白濁した見た目が特徴で、クリーミーな味わいと、さわやかな酸味を味わえます。また、煮沸時にコリアンダーやオレンジピールで風味づけするのが「ベルジャンホワイト」の伝統的な醸造法。この製法によって生み出されるスパイシーな香りがビール好きをたのしませています。

「ホワイトビール」おすすめの銘柄

「ホワイトビール」おすすめの銘柄

Kirill Z/ Shutterstock.com

やわらかいフルーティーな香りが魅力の「箕面ビール ヴァイツェン」

大阪府箕面(みのお)市の箕面ビールが造る「ヴァイツェン」は、ヴァイツェン酵母によるバナナやクローブを思わせるフルーティーな香りが特徴。ほかの「ヴァイツェン」と比べると香りはやや控えめで、爽快な後味とやわらかい飲み口が魅力です。

箕面市には、日本の滝百選にも選ばれている「箕面滝」があり、上質な水がビール造りにも大いに活用されています。また、かつて箕面山ニホンザルの生息地であったことから、「おさる」が箕面ビールのトレードマークになっています。

製造元:株式会社箕面ビール
公式サイトはこちら


大阪のビール【箕面ビール】 丹精込めた大阪発のクラフトビールを世界へ

「ベルジャンホワイト」を代表する銘柄「ヒューガルデン ホワイト」

「ヒューガルデン ホワイト」は、ベルギーの首都ブリュッセルから車で1時間ほどの場所にある、ヒューガルデン醸造所が造るビールです。

前述のビアスタイル「ベルジャンホワイト」を代表する銘柄で、見た目は白く濁った明るいイエロー。オレンジピールとコリアンダーシードのコンビネーションによる独特の香りが漂い、酸味とともにフルーティーな味わいもたのしめる、さわやかな飲み心地のビールです。

なお、専用のグラスは釣り鐘を逆さまにしたような形をしていて、手の熱がビールに伝わらないよう厚みのある造りになっています。

製造元:ヒューガルデン
公式サイトはこちら

世界が認めた日本産ホワイトビール「ホワイトベルグ」

ベルギーのホワイトビールの味わいを再現すべく、サッポロビールが造り出したのが「ホワイトベルグ」です。

上質な旨味の詰まったベルギー産麦芽を使用し、豊かな味わいを実現。さらに小麦麦芽が、きめ細やかな泡とさわやかな飲み口を演出しています。コリアンダーシードによるフローラルな香りとオレンジピールによる柑橘系の香り、上面発酵酵母による華やかな香りが印象的なビールです。

「ホワイトベルグ」は、ベルギーのブリュッセルに本部を置く「International Taste Institute(国際味覚審査機構)」が実施するコンクールにおいて、最高レベルの「優秀味覚賞 三ツ星」を2014年の発売以来7年連続で受賞しています。

ホワイトビールの本場ベルギーの、いわば「お墨つきのビール」というわけです。

製造元:サッポロビール
公式サイトはこちら

「ビールは苦いもの」というイメージを持っていて、まだホワイトビールを飲んだことのない人は、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょう。フルーティーでまろやかな味わいに、魅了されるはずですよ。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事