桃を使ったビールの魅力とは? おすすめの銘柄も紹介

桃を使ったビールの魅力とは? おすすめの銘柄も紹介
出典 : photosimysia / Shutterstock.com

桃の風味を持つビールを知っていますか。桃を副原料にして、桃のフレーバーを活かした「桃ビール」が、その飲みやすさで人気を集めています。フルーティーな甘い香りがたのしめる、桃ビールの歴史や特徴、国内外のおすすめ銘柄などを紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 桃などのフルーツを使ったビールの魅力とは?
  • ベルギーの伝統を再現した「桃ビール」のおすすめ銘柄
  • 桃を使ったさまざまなビアスタイルのおすすめ銘柄

桃などのフルーツを使ったビールの魅力とは?

Kishivan/ Shutterstock.com

桃ビールのルーツはベルギーの伝統的ビール

桃を使ったビールは、ビアスタイル(ビールの種類)としては「フルーツビール」に分類されます。そのルーツは、ベルギーの「フルーツ・ランビック」にあります。

ビアスタイルは、一般的に「上面発酵(エール)」と「下面発酵(ラガー)」に大別されますが、ベルギーの伝統的なビール「ランビック」は、このどちらでもなく、「自然発酵」という特殊な醸造方法で造られます。

空気中や木樽内に存在する野生の酵母で造られるランビックは、野性味あふれる香りと、はっきりした酸味が特徴。近年では、さまざまなバリエーションが生まれていて、そのひとつが「フルーツ・ランビック」です。

桃ビールはフルーツ・ランビックを元祖とするフルーツビールの一種

フルーツ・ランビックは、発酵中に果肉や果汁を加えたり、いったん醸造したビールに果肉を漬け込んだりして造られます。

かつてはチェリーやラズベリーなどヨーロッパ産の果実が主流でしたが、最近ではバナナやパイナップルなど、南国の果物を入れたビールも登場。さらに、ベルギー以外でもフルーツを使ったビール造りが広がり、「フルーツビール」という新たなジャンルが生まれました。

桃を使った「桃ビール(ピーチビール)」もそのひとつで、フルーティーな味わいを好む人たちを中心に、世界各地で愛飲されています。

ベルギーの伝統を再現した「桃ビール」のおすすめ銘柄

photosimysia/ Shutterstock.com

ベルギーのランビック醸造所が造る「リンデマンス・ペシェリーゼ」

ベルギーのリンデマンス醸造所は、辛口で酸味のある伝統的なランビックを造り続ける一方で、甘味があって飲みやすいフルーツ・ランビックも醸造しています。

そのラインナップのひとつが「リンデマンス・ペシェリーゼ」。「ペシェ」とは、フランス語で「桃」を意味していて、その名のとおり桃のフルーツ・ランビックです。

栓を抜くと、桃の甘い香りを軸に、りんごやアプリコット、さらにはオレンジなど柑橘系の香りも感じられ、まるで果樹園にいるよう。

グラスに注いだ液体は透明なゴールド。口に含めば、やさしい味わいで、まるでピーチジュースのような軽い飲み口が魅力です。

【プレゼント情報】クラフトビールが抽選で当たる!「J-CRAFT HOPPING」キャンペーン開催中

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事