ウイスキーのサイダー割りは初心者でも飲みやすいってほんと?

ウイスキーのサイダー割りは初心者でも飲みやすいってほんと?
出典 : Chiristsumo/ Shutterstock.com

ウイスキーといえば、水割りやハイボール、ロックなどが定番の飲み方ですが、ほかにもさまざまなおいしい飲み方があります。なかでも、ぜひためしてほしいのがウイスキーをサイダーで割る飲み方。今回はウイスキーのサイダー割りの魅力について紹介します。

  • 更新日:

サイダーってそもそもどんな飲み物?

サイダーってそもそもどんな飲み物?

Yevhen Vitte/ Shutterstock.com

サイダーってどんな飲み物? 語源は?

ウイスキーのサイダー割りを紹介する前に、まずはサイダーがどんな飲み物なのかを改めて確認しましょう。

「サイダー(Cider)」とは、炭酸水に砂糖や酸味料、香料などを加えた清涼飲料水のことです。フランス語の「シードル(Cidre)」が語源で、芳醇な香りとフルーティーさが特徴のリンゴ酒が原型といわれています。

似たような炭酸飲料に「ラムネ」がありますが、こちらは「レモネード(Lemonade)」がなまって名づけられた、レモン風味のドリンクのこと。作り方はサイダーとほぼ同じです。

なお、現在はサイダーにもレモン系の香料が使用されていることが多いため、両者の味わいに違いはほとんどありません。

海外ではサイダーをソーダと呼ぶことも

日本でサイダーが製造されるようになったのは、明治時代といわれています。当時は王冠栓の瓶に入ったリンゴ風味の飲み物をサイダー、ビー玉栓ガラス瓶に入ったレモン風味の飲み物をラムネと区別していました。

現在は、前述のとおり味わいに差はなく、サイダーは缶やペットボトル入り、ラムネは変わらずガラス瓶と、容器によって区別されています。

ちなみに、これらの透明な甘い炭酸飲料のことを、日本では「サイダー」「ラムネ」と区別して呼んでいますが、アメリカなどでは総称して「ソーダ(soda)」と呼びます。

ソーダとは炭酸ガスを含む飲料水全般を指す言葉で、日本語ではソーダ水の略称とされています。辞書によると、ソーダ水(ソーダ)は、水に炭酸ガスを注入した炭酸水、またはシロップや香料などを加えたものと定義されています。つまり広義には、サイダーやラムネもソーダの一種なのです。

ウイスキーをサイダーで割ってもハイボールになるの?

ウイスキーをサイダーで割ってもハイボールになるの?

kai keisuke/ Shutterstock.com

ハイボールってそもそもどんな飲み方?

シュワシュワと炭酸が弾けるハイボールは、すっきりとした爽快な飲み口で人気です。「ウイスキー初心者だけどハイボールなら飲みやすい」「食事に合わせるならハイボール」と、好んで飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

カジュアルさが魅力のハイボールは、ウイスキーをソーダで割ったお酒のことを指します。とはいえ、ハイボールの割材はソーダでなければならないという決まりはありません。

そのため、一般的にはプレーンな炭酸水で割ったものを「ハイボール」と呼んでいますが、コーラで割ったコークハイ(ハイはハイボールの略)や、ジンジャーエールで割ったジンジャーハイボールなど、多彩なハイボールがたのしまれています。


ウイスキーハイボールのおいしい作り方!飲み方!

ウイスキーのサイダー割りもハイボール?

それでは、ウイスキーのサイダー割りもハイボールなのでしょうか。もう一度、それぞれの定義を確認してみましょう。

◇ハイボール
ウイスキーをソーダ(炭酸水または炭酸水にシロップ・香料などを加えた清涼飲料水)で割ったお酒
◇ウイスキーのサイダー割り
ウイスキーをサイダー(炭酸水に砂糖や酸味料、香料などを加えた清涼飲料水)で割ったお酒

サイダーはソーダの一種なので、ウイスキーのサイダー割りも広い意味ではハイボールに含まれます。そのため、「サイダー・ハイボール」と呼ぶ人もいるようです。

サイダーで作るウイスキーのサイダー割りは、ハイボールの飲みやすさはそのままに、サイダー由来の甘さや香りを含めた味わいをたのしめるのが魅力です。

さっそくウイスキーをサイダーで割ってみよう!

さっそくウイスキーをサイダーで割ってみよう!

Brent Hofacker/ Shutterstock.com

ウイスキーのサイダー割り【基本の作り方】

それではさっそくウイスキーのサイダー割りを作ってみましょう。

<用意するもの>
◇ウイスキー 30ミリリットル
◇サイダー 150ミリリットル
◇レモンスライス 1枚
◇氷を入れたタンブラーグラス
◇マドラー


<作り方>
氷を入れたグラスに冷やしたウイスキーを注ぎ、サイダーを加えて軽く混ぜます。最後にレモンスライスを添えて完成です。ウイスキーとサイダーの割合は1:5くらいが目安ですが、お好みで調節してみてください。

かんたんなので、自宅ですぐに挑戦できそうですね。

ウイスキーのサイダー割りにアレンジを加えてみよう

ウイスキーをタンブラーに注いだあと、お好みで柑橘系の果汁を加えてみましょう。サイダーに甘味があるので、味を引き締めてくれる酸味のあるものがおすすめです。

加えるのはレモン果汁でもよいですが、たとえばすだちを搾れば、より爽やかな酸味と華やかな香りがたのしめます。また、ライムを搾れば、よりシャープな味わいの1杯になります。

気分に合わせて、加えるフレーバーを変えてみるのもよいですね。

ウイスキーのサイダー割りにはクセの少ないウイスキーが最適

使用するウイスキーは、基本的にはお好みのボトルでOKですが、なかでもクセのないやわらかな香りのブレンデッドウイスキーがおすすめです。

「ブラックニッカ」や「トリス」、「角瓶」、「ジムビーム」などはコンビニやスーパーなどにも置いてあるため、飲みたいと思ったときにすぐに購入して、気軽に作ることができるでしょう。

ウイスキーのサイダー割りは、ほんのり甘く飲みやすいのが魅力です。「たまにはちょっと変わった飲み方に挑戦してみたい」というときは、ウイスキーのサイダー割りに挑戦してみてはいかがでしょう。ウイスキーの新たな魅力に気づけるかもしれませんよ。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事