日本酒と焼酎の違いを多方面から解説! 造り方や原料、度数、飲み方まで

日本酒と焼酎の違いを多方面から解説! 造り方や原料、度数、飲み方まで
出典 : Shinari/ Shutterstock.com

日本酒と焼酎の味わいが異なることはわかっていても、その違いがどこからくるものなのか意外に分からないという人も多いでしょう。ここでは、日本酒と焼酎のこうした違いを、定義や製法、原料、度数、飲み方など多方面から比較して、違いを明らかにしていきます。

  • 更新日:

日本酒と焼酎の違い:定義と製法

日本酒と焼酎の違い:定義と製法

WorldStock/ Shutterstock.com

日本酒と焼酎、それぞれの定義をおさらい

日本酒と焼酎の根本的な違いを知るには、それぞれの定義を確認する必要がありますが、酒税法には「日本酒」に関する記述がありません。日本酒とは、日本に伝わる醸造法によって造られた、みりんや清酒を含むお酒の総称です。合成酒なども日本酒にカテゴライズされますが、ここでは日本酒のなかでも清酒に特化して、酒税法で定められた定義を検証していきます。

【日本酒(清酒)の定義】

次のような条件を満たす酒類で、アルコール分が22度未満のものを清酒といいます。

◇米、米麹および水を原料に発酵させ、こしたもの
◇米、米麹、水および清酒かす、その他政令で定める物品を原料として発酵させ、こしたもの
◇清酒に清酒かすを加えてこしたもの

政令で定める原料には麦、あわ、とうもろこし、きび、そのほかの酒類なども含まれ、種類や総量に細かい条件が設けられています(国税庁サイトより) 。

「清酒」とは一体どんなお酒? 今こそはっきりさせよう!

【焼酎の定義】

焼酎は、アルコール含有物を蒸溜した酒類のうち、以下のいずれかの条件を満たし、かつウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ラム、ジンなどに該当しないものと定義されています(国税庁サイトより) 。

◇連続式蒸溜機で蒸溜したもので、アルコール分36度未満
◇単式蒸溜機で蒸溜したもので、アルコール分45度以下

なお、連続式蒸溜機で蒸溜したものを「連続式蒸溜焼酎」、単式蒸溜機で蒸溜したものを「単式蒸溜焼酎」といい、一般に、連続式蒸溜焼酎は「甲類焼酎」、単式蒸溜焼酎は「本格焼酎(乙類焼酎)」と呼ばれています。

日本酒は醸造酒、焼酎は蒸溜酒、造り方が違う

酒税法では、日本酒は「醸造酒」に、焼酎は「蒸溜酒」に分類されます。

醸造酒とは、原料に酵母を加えてアルコール発酵させたもの。日本酒の場合、原料の米を麹のはたらきで糖に変え、酵母の作用でアルコール発酵を行います。

一方、蒸溜酒は原料を発酵させ、蒸溜して造るお酒です。蒸溜したての原酒のアルコール度数はとても高く、甲類焼酎の原酒は95度前後ともいわれています。市場に流通する焼酎の多くは、原酒に仕込み水を加えることで、アルコール度数が調整されています。

焼酎の造り方を工程ごとに詳しく紹介!

日本酒と焼酎の違い:原材料

日本酒と焼酎の違い:原材料

Photo_SS/ Shutterstock.com

日本酒は米と水、米麹から造られる

日本酒の原料は、米と水と米麹。どの蔵元も同じ原料を使っていながら、異なる味を表現できるのは、造り手ごとに異なる米や水、米麹を厳選しているからです。

日本酒に使われる米にはさまざまな種類があり、酒造の生命線ともいわれる水は、その土地その土地で水質が異なります。また、「一麹、二酛(もと)、三造り」という言葉もあるように、米麹の出来ばえが酒の風味を決定づける重要な要素であることはいうまでもありません。

焼酎は主原料の違いで分類が変わる

焼酎は、穀類やさつまいもなどの主原料と水、穀類やいも類の麹から造られます。

ここでいう主原料とは、麦や米などの穀類やさつまいものこと。本格焼酎の場合、麦で造る焼酎は「麦焼酎」、米から造られる焼酎は「米焼酎」、さつまいもを原料とする焼酎は「芋焼酎」など、主原料の違いによって細かく分類されます。

ほかにも、黒糖から造る「黒糖焼酎」やそばの実から造る「そば焼酎」、栗から造る「栗焼酎」などがあります。主原料の違いによって、香りや風味の傾向が大きく異なるのも焼酎ならではの特徴です。

日本酒と焼酎の違い:度数・カロリー・飲み方

日本酒と焼酎の違い:度数・カロリー・飲み方

kitsune05/ Shutterstock.com

日本酒と焼酎の度数について考える

日本酒のアルコール度数は、15〜16度が一般的。酒税法で「22度未満」と上限が設けられているため、22度を超えるものは日本酒として販売することはできません。

一方、焼酎のアルコール度数は20度と25度が定番。仕込み水で前割りしてある12度程度のものや、果実酒やチューハイのベースに人気の35度のもの、酒税法で規定された上限度数に近い無加水の原酒なども流通しています。

気になるカロリーや糖質の違い

飲酒時に気になるのが、カロリーや糖質の量。種類やアルコール度数によって若干異なりますが、厚生労働省が提示する「健康日本21」の飲酒に関するガイドライン、「節度ある適切な飲酒」に示されている飲酒適正量の定義に基づき、算出した数値を紹介します。

「成人男性の節度ある適度な飲酒=1日平均純アルコール20グラム程度」を参考にして割り出した、それぞれの適正飲酒量とカロリー、糖質は下記のとおりです。

◇日本酒(純米酒) /アルコール15.4度
飲酒適正量162ミリリットル、167キロカロリー、糖質5.8グラム

◇日本酒(本醸造酒)/アルコール15.4度
飲酒適正量162ミリリットル、174キロカロリー、糖質7.3グラム

◇本格焼酎/アルコール25度
飲酒適正量100ミリリットル、146キロカロリー、糖質0グラム

◇甲類焼酎 /アルコール35度
飲酒適正量71ミリリットル、147キロカロリー、糖質0グラム

なお、女性の場合は、男性の1/2~2/3程度が望ましいとされています。日本酒や焼酎を飲むときの目安にしてください。

日本酒と焼酎の違いを解説!造り方、度数、カロリーを比較しました

日本酒と焼酎は定番の飲み方にも違いがある

飲む人から見た日本酒と焼酎の決定的な違いは、味わい方にあります。
日本酒は冷ややぬる燗、熱燗、冷酒など、さまざまな温度で味わいますが、基本的に水や氷で薄めずにいただきます。それに対して焼酎は、ロックや水割り、お湯割り、ソーダ割り、フレッシュジュース割りなど、水や割り材で薄めて飲むのが一般的。ストレートという飲み方もありますが、飲み手にとっては、無数にある割り方のひとつとして認識されているようです。

日本酒や焼酎には、ほかにもたくさんの違いがあります。飲み比べる機会があれば、地域ごとに異なる器や作法に注目したり、郷土料理との関わりや育んできた文化の違いに思いを馳せたりしながら、じっくり味わってみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識