鳥井信治郎氏が日本ウイスキー史に果たした役割とは? 【ウイスキー用語集】

鳥井信治郎氏が日本ウイスキー史に果たした役割とは? 【ウイスキー用語集】
出典 : サントリーサイト

鳥井信治郎氏は、本格国産ウイスキー第1号を生んだサントリーの創業者として、ウイスキー好きなら知らぬ人はいないほどの存在です。ここでは、鳥井氏の生い立ちから、鳥井氏が日本のウイスキー史に果たした役割まで、改めて紹介します。

  • 更新日:

鳥井信治郎氏 が生きた時代とその歩み

鳥井信治郎氏 が生きた時代とその歩み

出典:サントリーサイト

鳥井信治郎氏が育った明治という時代

鳥井信治郎氏は、本格国産ウイスキー第1号を生んだサントリーの創業者として、日本のウイスキー史に不朽の功績を残した人物として知られています。まずはその生涯を振り返ってみましょう。
鳥井氏が、大阪で両替商を営む鳥井忠兵衛氏の次男として誕生したのは、明治12年(1879年)のこと。日本が急速に西洋化しつつあった時代に生まれた鳥井氏は、13歳で丁稚奉公に出た薬種問屋で、まだ日本に紹介されて間もないブドウ酒やウイスキーの存在を知ることに。この出会いが、日本のウイスキー史の第一歩となります。

鳥井信治郎氏が創業した鳥井商店こそ、現在のサントリー

ウイスキーなど洋酒に関する知識を磨いた鳥井氏は、明治32年(1899年)に独立。弱冠20歳で創業した鳥井商店が、のちに寿屋、そしてサントリーへと名を変え、ジャパニーズウイスキーを牽引することになります。
鳥井氏は、「大阪の鼻」と呼ばれたほどの鋭い感覚を活かし、日本人の嗜好に合わせた「赤玉ポートワイン」を開発。大ヒット商品となります。
やがて、鳥井氏がサントリーの初代マスターブレンダーとして活躍する素地は、この頃から培われてきたものなのです。

鳥井信治郎氏と竹鶴政孝氏の出会いがジャパニーズウイスキーを生んだ

鳥井信治郎氏と竹鶴政孝氏の出会いがジャパニーズウイスキーを生んだ

出典:サントリーサイト

鳥井信治郎氏が開設した日本最古のモルトウイスキー蒸溜所、山崎蒸溜所

鳥井信治郎氏が、本格的に国産ウイスキーの開発に取り組み始めたのは大正12年(1923年)のこと。「日本人の繊細な味覚に合った、日本のウイスキーを造りたい」との夢を実現するために、まず取り組んだのが、ウイスキー造りに最適な土地を探すことでした。
ウイスキー造りの“理想郷”を求めて、たどり着いたのが、京都の南西にある山崎の地。こうして、日本初のモルトウイスキー蒸溜所「山崎蒸溜所」が誕生します。

「山崎蒸溜所」はジャパニーズウイスキーのふるさと【ウイスキー用語集】

鳥井信治郎氏が国産ウイスキー開発を託した竹鶴政孝氏

鳥井信治郎氏が山崎蒸溜所の初代工場長に選んだのが、NHK連続テレビ小説『マッサン』のモデルで知られるニッカウヰスキーの創始者、竹鶴政孝氏でした。
当時、竹鶴氏は本場・スコットランドでウイスキー造りを学んで帰国したものの、所属していた酒造会社の業績悪化によって夢が頓挫していました。
鳥井氏はそんな竹鶴氏を招き入れ、ウイスキー造りに専念させます。それから6年の苦闘を経て、昭和4年(1929年)、本格的な国産ウイスキーの第1号「サントリー白札」が誕生したのです。

ジャパニーズウイスキーの味わいを造った竹鶴政孝氏

鳥井信治郎氏が開いたジャパニーズウイスキーの歴史

鳥井信治郎氏が開いたジャパニーズウイスキーの歴史

出典:サントリーサイト

鳥井信治郎氏の大ヒット作、国産ウイスキーを代表する「角」

鳥井信治郎氏の挑戦は、その後も続きます。国産第1号となった「白札」や、その翌年に開発された「赤札」は、スコッチウイスキーの影響が強く、まだウイスキー慣れしていなかった日本人の感覚にはなじみませんでした。
それでも諦めることなく理想のウイスキーを追求した結果、昭和12年(1937年)に「サントリーウイスキー角瓶」が誕生。日本人の味覚に合う豊かな香味が人気を博して大ヒットし、現在まで続くロングセラーとなります。

ウイスキーの定番「角瓶」の歴史と人気の秘密

鳥井信治郎氏の情熱が、日本にウイスキー文化を育む

鳥井信治郎氏のウイスキー造りへの情熱は、その後も衰えることはありませんでした。
戦後のモノ不足の時代には、「安くてもしっかりした品質のお酒を飲んでもらいたい」との想いを込めた「トリスウイスキー」を発売。高度成長期を迎えると、「だるま」の愛称で知られる「サントリーオールド」や「ローヤル」などを発売し、日本にウイスキー文化を定着させる役割を果たしました。

【サントリーオールド】愛称「だるま」がウイスキーファンに親しまれる理由

鳥井信治郎氏の理想を受け継ぐ、サントリーのウイスキー

鳥井信治郎氏は、昭和37年(1962年)に惜しまれつつ他界します。その生涯は、まさに日本のウイスキー史を切り拓くことに捧げられたと言えるでしょう。
鳥井氏の死後も、その後継者たちによって、「山崎」「響」「白州」といったジャパニーズウイスキーを代表する銘柄が次々と誕生し、世界にその名を轟かせます。
鳥井信治郎氏の功績は、日本の、そして世界のウイスキー愛好家にとって忘れることのできないものとして、これからも語り継がれていくでしょう。

サントリーウイスキーの種類はこんなにある!

鳥井信治郎氏が創始した国産ウイスキーの歴史は、いまやジャパニーズウイスキーとして、世界5大ウイスキーのひとつに数えられるまでになっています。世界に誇る日本のウイスキー文化の立役者として、鳥井氏の業績を知っておきたいものです。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識