ビールのカクテル「ビアカクテル」をたのしもう

ビールのカクテル「ビアカクテル」をたのしもう
出典 : petereleven/shutterstock.com

ビールはそのまま飲むのが一般的ですが、カクテルにしてもたのしめます。ビールを使ったカクテルは「ビアカクテル」と呼ばれ、カンタンに作れて、見た目も美しいものばかり。ビール好きはもちろん、ビールが苦手という人にも試してほしいビアカクテルを紹介します。

  • 更新日:

ビールをカクテルでたのしもう!

ビールをカクテルでたのしもう!

Brent Hofacker/shutterstock.com

ビールのカクテルって、苦くないの? ビールは飲みたいけど、ビールの苦味が少し苦手という人は,意外に多いようです。それでも、ビールをおいしいそうに飲んでいる人を見ると、自分でも飲んでみたくなるもの。苦味の少ないビールを探して飲むこともできますが、もっとお手軽なのがビールを使ったカクテル「ビアカクテル」です。

ビアカクテルとしては、さまざまなレシピが知られていますが、自分好みにアレンジすれば、たのしみも倍増します。
ホームパーティーなどでも、ビールとさまざまなジュースなどを用意して、オリジナルのビアカクテルを作れば、みんなによろこばれますし、場も盛り上がります。

ビアカクテルを作るときのポイントは2つ。グラスや材料をよく冷やしておくことと、泡立ちをよくするためビールは最後に注ぐこと。これさえ守れば、ビールの魅力である、さわやかなのどごしを活かしたまま、苦味を抑えた飲みやすいカクテルがたのしめます。
かんたんに作れるうえに、手軽な材料だけでもできるので、プチプライスなのもうれしいですよね。

ビールのカクテルおすすめ1 ビールとコーラを合わせた「ディーゼル」

ビールのカクテルおすすめ1 ビールとコーラを合わせた「ディーゼル」

Wollertz/shutterstock.com

ビールを使ったビアカクテルの定番といえば、まず名前が挙がるのが「レッド・アイ」や「シャンディ・ガフ」など。これら定番カクテルほどには馴染みがないかもしれませんが、ビールとコーラを合わせた「ディーゼル」というカクテルもおすすめです。

「ディーゼル」は、アメリカやドイツなどではレストランでも提供されるほど一般的なビアカクテルです。ほどよい甘さとビターな味わいで、ビール好きの人はもちろん、コーラが好きの人にはぜひ味わっていただきたいカクテル。コーラの甘さがビールの苦味を抑えてくれるので、ビールが苦手な人にもおすすめです。

伝統的なディーゼルのレシピとしては、黒ビールとコーラを合わせます。どちらも色が濃いので、黒っぽいカクテルができあがります。この色が、石油(ディーゼル)に似ていることが、名前の由来だといわれています。

一般的にはビールとコーラを1:1の割合で合わせますが、ぜひ、お好みの分量でアレンジをしてみてください。どの割合でもおいしくるのが、ディーゼルの魅力です。
輪切りやくし切りにしたレモンをグラスに飾れば、見た目もぐっと華やぎますし、レモンを搾れば、さわやかなキレのある味に仕上がります。
ちなみに、ディーゼルのおつまみは「がっつり系」がおすすめ。ピザや唐揚げなど、濃いめのおつまみによく合います。

ビールのカクテルおすすめ2 ビールのリンゴジュース割り

ビールのカクテルおすすめ2 ビールのリンゴジュース割り

Newikky/shutterstock.com

ビールを使ったカクテルとしては、グレープフルーツやレモンなど柑橘系の果汁で割った「パナシェ」をはじめ、フルーツとの組み合わせがポピュラーです。
フルーツのフレーバーを加えた「フルーツビール」(ただし、日本ではビールではなく「発泡酒」などに分類される場合があります)が親しまれているように、ビールとフルーツは好相性。その相性の良さを活かしたビアカクテルのなかでも、最近、じわじわと人気を集めている、リンゴジュース割りを紹介します。

作り方はとてもシンプル。よく冷やしたグラスにリンゴジュースを注ぎ、そこにビールを注ぐだけ。割合はリンゴジュースが2から3に対しビールが5というのが一般的ですが、リンゴジュースが多いほど甘く感じるので、好みで調整してみてください。

ビールのリンゴジュース割りは、フルーティなリンゴの香りと、ビールの苦味がほどよく合って、とても飲みやすいのが魅力。加えて、とてもきれいな色に仕上がるのも、女性にとってはポイントが高いところ。リンゴの皮を少し厚めに飾り切りしてグラスに添えるなど、小物を使ってビールカクテルをさらにオシャレにしてもたのしいですし、見た目もぐっと華やぎます。

また、ビールに合わせるリンゴジュースにこだわりたいもの。ひとくちにリンゴジュースといっても、濃縮還元のもの、ストレートなどいろいろな種類があるので、あれこれ試してみるのもたのしいもの。自分好みのカクテルレシピができたら、それだけでなんだか幸せな気分になりますよね。

ビールのカクテルおすすめ3 ビールの梅酒割り

おすすめ情報

関連情報

ビールの基礎知識