茨城に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【関東編】

茨城に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【関東編】
出典 : Joaquin Ossorio Castillo / Shutterstock.com

豊かな水源をもち、県内全域で米作りが行われている茨城県は、それらを原料とした日本酒造りも盛んです。関東最多といわれる約40もの蔵元があり、なかには現存する日本最古の蔵元も含まれます。長い歴史と豊かな風土が育んだ茨城の日本酒の魅力を紹介します。

  • 更新日:

茨城の5つの水系から生まれた個性あふれる蔵元

茨城の5つの水系から生まれた個性あふれる蔵元

shihina/ Shutterstock.com

茨城県で酒造りに使われている水は、5つの水系に分類されます。北から順に、福島県との県境にある八溝山に水源をもつ「久慈川水系」、栃木県那須山麓を源流とする「那珂川水系」、茨城のシンボルともいわれる筑波山が水源の「筑波山水系」、栃木県日光市の鬼怒沼から流れる鬼怒川を水源とする「鬼怒川水系」、そして関東平野を横断し『坂東太郎』の異名で知られる利根川を源とした「利根川水系」です。
いずれも軟水ですが、それぞれ異なる味わいや風味をもっています。こうした水系の多様さが、蔵元ごとの個性の多様さにもつながっているのでしょう。

また、よい水のある土地は、よいお米の産地でもあります。よい水と米を使った日本酒が高く評価されるのは当然のことで、実際、全国新酒鑑評会では、例年、茨城の多くの蔵元が金賞を受賞しています。また、2016年の伊勢志摩サミットでは、現存する日本最古の蔵元である須藤本家の「花薫香」が総理主催の夕食会に採用され、各国首脳にふるまわれたのは、記憶に新しいところです。

茨城がめざす純茨城酒「ピュア茨城」

茨城がめざす純茨城酒「ピュア茨城」

kitsune05/ Shutterstock.com

関東随一の約40もの蔵元が、個性あふれる数々の日本酒を生み出している茨城には、とても興味深いブランドがあります。その名も「ピュア茨城」。
同県で初めて開発された酒造好適米「ひたち錦」と、県産の「ひたち酵母」、そして県内の5つの水系を使った“純茨城産”の酒として、2003年にスタートしました。「口下手だけどほのぼのとした味わいのある、茨城気質のそのままの酒」をコンセプトに、現在、参加している蔵元は23を数えます。

「ピュア茨城」にラインナップされる日本酒は、いずれも米と酵母は同じものですが、やはりその味は蔵元ごとに異なります。使う水の違いに加え、蔵元ごとに受け継がれてきた技や工夫が個性となってあらわれるのです。一方で、参加している蔵元には「ひたち錦」以外の酒造米を使った日本酒もあります。蔵元それぞれの「ピュア茨城」を飲み比べたり、同じ蔵元のほかの酒と味くらべしたりするのも、おもしろいかもしれません。

茨城の人気銘柄

茨城の人気銘柄

jazz3311/ Shutterstock.com

茨城の酒は「淡麗辛口」を基本としながら、蔵元によってさまざまな個性をもっています。人気の高い銘柄を、それぞれの特徴とともに紹介しましょう。

華やかな香りと味の秘密は花酵母【来福(らいふく)】

来福酒造は、享保元年(1716年)に創業した、筑波山水系の歴史ある蔵元のひとつです。その酒造りの特徴は、長い歴史で培ってきた技に加え、「花酵母」を使っていること。花酵母とは、自然界の花から清酒酵母を純粋分離したもので、東京農業大学短期大学の研究により開発されたものです。
来福酒造ではナデシコやツルバラなど8種類の花酵母を使い分けていますが、なかでもツルバラの花酵母を使った「来福 純米吟醸 愛山」はおすすめの一品。一口含めばリンゴに似た華やかな香りが、ふくよかな味わいとともに口腔を満たしてくれます。
「福や来む 笑う上戸の 門の松」という俳句にちなんだ酒名とともに、晴れの日の1杯にふさわしい日本酒です。

製造元:来福酒造株式会社
公式サイトはこちら

果実風味の芳醇な味わいで飲みやすさ抜群【結(ゆい)】

結城酒造は江戸時代に創業した鬼怒川水系の蔵元のひとつ。看板銘柄である「結」は、地元結城市の名産品「結城紬」にちなんだもので、「いとへんに吉」という縁起のよさ、そして本来の「結ぶ」の意味も踏まえて名づけたものだとか。そのラベルは「糸」の輪に「吉」が入った、大胆でスタイリッシュなデザインです。
「結」は国内各地から選りすぐった酒造好適米を原料に、特別純米酒や純米吟醸酒、大吟醸など、多彩な商品をラインナップしています。いずれもフルーティな芳醇さのなかに、わずかな苦味が残る、口当たりのよさが評判です。また、もうひとつの銘柄である「富久福」は、米本来のやさしい味わいが魅力の純米酒です。

製造元:結城酒造株式会社
公式サイトはこちら

上品な香りと確かな旨味【大観(たいかん)】

「大観」は創業明治2年(1869年)の伝統をもつ久慈川水系の蔵元、森島酒造の銘酒です。酒名の由来は近代日本画の巨匠である横山大観氏。横山氏が森島酒造の4代目社長と交流があったことから、蔵を代表する銘柄にその名を与え、ラベルの揮毫も授けたとのことです。
全国新酒鑑評会をはじめ、数々の賞を獲得している「大観 純米大吟醸」は、香りは上品で控えめながら、しっかりとした旨味を感じさせます。また、酒造好適米「ひたち錦」を使った「大観 青ラベル純米吟醸」は、果実のように華やかな香りと、ふくよかな口当たたりでたのしませてくれます。

製造元:森島酒造株式会社
公式サイトはこちら

米由来の一本気な味わいが魅力【武勇(ぶゆう)】

主力銘柄と同名の蔵元、武勇は、江戸時代末期の慶応年間の創業です。鬼怒川水系の蔵元のひとつで、もとは越後杜氏の仕込みでしたが、1996年以後は地元の結城杜氏が酒造りを担っています。米は「山田錦」「五百万石」「ひたち錦」「美山錦」などを、酒の種類ごとに配合を変えて使用する一方、麹米はすべて山田錦を使用しています。
蔵元の名を冠した「武勇」は、純米酒、吟醸酒、本醸造、さらには米麹甘酒などの10種を製造しています。いずれも香りや甘さは控えめながら、良質の水と米が生み出す素朴な味わいを堪能できるお酒です。

製造元:株式会社武勇
公式サイトはこちら

質実剛健でいながら上品な香りと風味【一品(いっぴん)】

「一品」の造り手、吉久保酒造は、創業230年余という歴史ある蔵元です。那珂川水系の蔵元のひとつで、伝統と革新を両輪に独自の酒造りに取り組んでいます。
代表銘柄である「一品」は、本醸造、純米酒、吟醸酒、大吟醸酒などがありますが、一番人気は「大吟醸 一品」でしょう。酒造好適米「山田錦」を原料に、淡麗でなめらかな香味ときめ細やかな口当たりが特徴で、2012年には英国・ロンドンの日本酒品評会「ロンドンSAKEチャレンジ」において金賞を獲得しました。
吉久保の蔵元には、「一品」のほかにも、山田錦の品種の変遷に着目した純米吟醸「親子四代飲み比べ」セットや、サバ料理専用日本酒「サバデシュ」など、ユニークなお酒が用意されています。

製造元:吉久保酒造株式会社
公式サイトはこちら

茨城のそのほかの注目銘柄

茨城のそのほかの注目銘柄

kai keisuke / Shutterstock.com

蔵元の数が多い茨城には、当然ながら数多の日本酒の銘柄があります。ここでは、そのなかから注目すべき銘柄を紹介します。

米へのこだわりから生まれた上品な酒【渡舟(わたりぶね)】

安政元年(1854年)創業の蔵元、府中誉(ふちゅうほまれ)が明治・大正期に作られた酒米「渡船」を復活させ、それを原料に仕込んだ吟醸酒が「渡舟」です。青リンゴのような果実の香りとふくよかさをもちながら、さらりと軽く上品な甘さで、のどをするりと落ちゆくこの極上の吟醸酒は、地元の人に強く支持されている銘酒のひとつです。
復活栽培された「渡船」は、現在日本国内でもっともよく栽培されている酒造好適米のひとつ「山田錦」の父系にあたる米とのことで、味わいのふくよかさは、父から子にしっかり受け継がれているのでしょう。日本酒通の方にぜひ飲んでほしい一品です。

製造元:府中誉株式会社
公式サイトはこちら

香りほのかに味はすっきり微かな甘味が残る銘品【山桜桃(ゆすら)】

平安時代の1411年に創業したという、現存する日本最古の蔵元、須藤本家は、筑波山水系を代表する蔵元のひとつ。純米大吟醸のみを製造しており、また、全量を瓶囲いで貯蔵しているのが特徴です。
なかでも主力銘柄のひとつ「山桜桃」は、食用米として知られる茨城県産の「コシヒカリ」を原料とした、繊細で軽妙な辛口が秀逸な酒です。口当たりがよい一方で、日本酒通をも唸らせるインパクトの強い味わいがあり、太めのグラスでしっかりと冷やして飲むのがおすすめ。魚料理や軽めの肉料理との相性がよいお酒です。

製造元:須藤本家株式会社
公式サイトはこちら

蔵主のこだわりによる味わい深さとすっきり加減【稲里(いなさと)】

筑波山水系の蔵元である磯蔵酒造は、江戸末期の創業以来、「地元の米で造り、地元に飲んでもらう」をモットーに酒造りを続けてきました。代表銘柄である「稲里」は、地元産の酒米「ひたち錦」と筑波の水を使って、「常陸杜氏」を名乗る地元の蔵人たちの手で仕込み育まれた、まさしく「ピュア茨城」なお酒といえるでしょう。
香りや味に派手さはないものの、しっかりとした旨味とほのかな甘味があり、どんな料理にも合います。味の濃淡と、のどごしのよさのバランスには、蔵主のこだわりが感じられます。日々の晩酌の相棒に、ほどよい加減でお付き合いできそうなお酒です。

製造元:磯蔵酒造有限会社
公式サイトはこちら

山廃仕込みの本格辛口で夏にぴったり【百歳(ひゃくさい)】

先に紹介した「一品」の蔵元、吉久保酒造が製造する、山廃仕込み(やまはいしこみ)の日本酒が「百歳」です。山廃仕込みとは、正確には「山卸廃止酛(やまおろしはいしもと)」と呼ばれる醸造法です。明治時代に確立されたのですが、通常の醸造より長い時間と細かな手間がかかるため、杜氏の経験と技術が問われる醸造法でもあります。2006年に立ち上げられた同社の限定流通ブランドのためか、公式サイトでの取り扱いはありません。
山廃仕込みの酒は一般的に複雑な酒質をもつとされています。しかし「百歳」は、吟醸酒、純米酒ともに、米の力強さと豊かさを併せた深みをもちながらも、すっきりとしたあと味がたのしめる辛口の酒で、夏にぴったりの酒と高い評価を得ています。

製造元:吉久保酒造株式会社
公式サイトはこちら

大洗で育まれた歴史ある逸品【月の井(つきのい)】

太平洋を臨む大洗町に蔵を構える月の井酒造は、創業140年を超える歴史をもつ、那珂川水系の蔵元です。代表銘柄「月の井」は、漁船の出港・入港にあたっての祝い酒として、地元の民謡「磯節」とともに、漁師たちの生活に欠かせない存在となっています。「月の井」の名の由来は、「磯節」の歌詞の一節にちなんだとも、初代当主が川崎大師を詣でた縁にあやかり、境内にある井戸「月の井」にちなんだともいわれています。
その味わいは、淡麗ななかにもピリリとした辛口で、ほのかな甘味と酸味が心地よいあと味となっています。新鮮な魚をアテに飲みたくなるお酒です。

製造元:株式会社月の井酒造店
公式サイトはこちら

豊かな自然のなかで伝統を引き継ぎながらも、さまざまな個性を磨いている茨城の日本酒。首都圏からも近い酒処として、注目してみてはいかがでしょうか。

茨城県酒造組合
公式サイトはこちら

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識