“伝統は革新の連続”さまざまな先駆けの展開を繰り広げる、金沢「福光屋」

“伝統は革新の連続”さまざまな先駆けの展開を繰り広げる、金沢「福光屋」

金沢でもっとも古い歴史を持つ「福光屋」は、“伝統は革新の連続”を家訓に、時代の変化に合わせた、さまざまな取り組みに意欲的に励み、日々新しい伝統を創造し続けています。日本酒業界の中でも、革新的なチャレンジを行う福光屋の方針についてお話を伺ってきました。

  • 更新日:

393年間、同じ場所で続けてきた酒造り

江戸時代初期、1625年(寛永2年)に創業の福光屋は、以来390年以上に渡り酒を醸し続けています。金沢ではもっとも歴史のある酒蔵で、江戸時代の古地図には、現在酒蔵のある金沢市石引に、福光屋の標し「打出の小づち」が描かれており、創業以来変わらず同じ土地で酒造りを続けてきました。

明治・大正から昭和10年時代にかけて造石数を4000石(一升瓶で40万本)あまりにまで伸ばし、蔵を増築。さらに敷地を拡張して、精米所、瓶詰工場を増設するなど、今日の福光屋の基礎が築かれました。

昭和に入り、戦時中、多くの酒蔵が生産停止や廃業に追い込まれる中、手放された酒造権を手に入れ、基本石数を5,000石あまりにまで伸ばした結果、清酒の生産販売統制下にあっても造石数の激減を回避。昭和50年代後半には36,000石という膨大な出荷量を誇る酒蔵となり、当時人気だったキャラクター「フクちゃん」をCMに起用。全国にハウスブランド「福正宗」のブームを巻き起こすなど、時代に合わせたさまざまな展開を繰り広げ、躍進を続けてきています。

兼六園に続く大通りに面して飾られている酒林。

兼六園に続く大通りに面して飾られている酒林

いち早く取り組んだ「CI導入」、「純米蔵宣言」

現在社長を務めるのは、第十三代当主、福光松太郎さん。大学を卒業後、大手の流通企業、国税庁醸造試験所、慶應ビジネススクールを経て家業である福光屋に入社、1985年(昭和60年)、35歳で代表取締役社長に就任しました。
福光屋に代々言い伝えられてきた家訓は「伝統は革新の連続」。時代の変化をしなやかに受け止めながら、日々新たな伝統を創造していくことを大切に守り続けています。

福光社長は就任直後からさまざまな取り組みに着手し、1988年にはCI(コーポレートアイデンティティ)の導入、さらに、コーポレートマークを有名なグラフィックデザイナーに依頼し、斬新なデザインに一新するなどの改革を行いました。当時、大手企業が少しずつCI導入を始めた中、酒造業界ではいち早く取り組み、企業理念を明確にすることで、従業員の酒造りに対する意識の向上をはかりました。

また、同じ頃、級別制度が完全廃止されることを見通し、本来の日本酒のあるべき姿を見直すことに。「戦前の頃に飲まれていた糖類やアルコールを添加していない純米酒が本当のおいしさ。真の姿に戻したい。」という先代の父、博(ひろむ)さんの思いを受け、品質の見直しをはかり、製造するお酒を全量純米酒にする取り組みをスタートさせました。

その後、2001年には、生産高が万石単位の酒蔵としては唯一の、すべての商品を純米造りとする「純米蔵宣言」を発表するなど、品質を重視した酒造りの基盤を構築していきます。

事業の展開には、ふとしたシーンに出会ったことでアイデアが生まれると語る福光社長。他の酒蔵が取り組んだことのない、革新的なチャレンジを続けてきました。

事業の展開には、ふとしたシーンに出会ったことでアイデアが生まれると語る福光社長。他の酒蔵が取り組んだことのない、革新的なチャレンジを続けてきました。

女性市場に向けた取り組みが会社の改革に

30年前の社長就任当時は、ワインなどの洋酒ブームや飲み手の減少などもあり、日本酒の消費量は年々低迷し続けていました。福光社長は、女性の感性と日本酒との相性のよさに着眼。今後は女性市場での販売にシフトしていくことが重要と確信し、“女性に飲んでもらえるお酒”をテーマに福光屋の方向性を固めていくことを決め、さまざまな取り組みを行いました。

「徹底的に酒質を見直し、きれいな後味のお酒を生み出すことが必須であると考えました。そのためには、新たな酵母の開発が必要となり、そうすると酒造りにかなり専門的な知識を要するため、これまでの出稼ぎの蔵人ではなく、専門家を社員化して蔵に迎え入れることになりました。つまり、今後のマーケットを考え、それに伴って動いたことが会社の改革に繋がっていったのです」。

その後、女性を中心に、若年層を含めた新たなユーザーに好まれる日本酒を積極的に開発、シェアを広げ続け、さらに、日本酒に含まれる美容成分や有効成分を元に化粧品事業を展開。また、甘酒や調味料、スイーツなど、酒蔵ならではの発酵食品事業にも積極的に取り組んでいます。

2003年より本格的に化粧品事業を展開。日本酒に含まれる美容成分や米発酵について、長年に渡り研究を重ね、数ブランドの商品が誕生しています。

2003年より本格的に化粧品事業を展開。日本酒に含まれる美容成分や米発酵について、長年に渡り研究を重ね、数ブランドの商品が誕生しています。

マルチブランド政策の提唱

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識