日本酒の種類とは?いろいろな観点から日本酒選びを楽しもう!

日本酒の種類とは?いろいろな観点から日本酒選びを楽しもう!

  • 更新日:

日本酒の種類で選んでみる

Bugtiger/ Shutterstock.com

目の前のつまみを見て、今日は日本酒を飲んでみようかな?と思ったとき、どんな基準で日本酒を選んでいますか? 聞いたことのある銘柄、気に入った名前の銘柄、辛口と書いてあるからなど、理由は様々です。でも、もう少し日本酒を知ればもっとおいしい1杯に出会えるかもしれません。ここでは、いろいろな観点から日本酒選びをお伝えします。

まずは、日本酒の種類から選んでみましょう。日本酒の種類とは、そもそもなんでしょうか?

日本酒は、まず醸造アルコールを添加する、しないによって大きく本醸造系と純米系に分けられます。さらに、精米歩合などで呼び名が変わります。

精米歩合とは、酒米を磨く(削る)度合のこと。玄米の状態を100%として、精米として残った部分の重量比率を指します。米の外側を削って磨き、余分なタンパク質や脂肪分などを取り除けば除くほど、雑味のないクリアな日本酒に仕上がります。

本醸造系は以下です。
◆本醸造酒
原料は米、米こうじ、醸造アルコール。精米歩合は70%以下。スッキリとキレのある味わいが特徴です。

◆特別本醸造酒
原料は米、米こうじ、醸造アルコール。精米歩合は60%以下または、特別な製造方法をとっている日本酒のこと。スッキリした飲み口です。

◆吟醸酒
原料は米、米こうじ、醸造アルコール。精米歩合は60%以下。吟味して醸造され、華やかな「吟醸香」がたのしめるのが魅力です。

◆大吟醸酒
原料は米、米こうじ、醸造アルコール。精米歩合は50%以下。吟醸酒よりもさらに香りがよく、中にはまるで白ワインのようなフルーティーな香りのものがあります。

純米酒は以下の4つ。いずれも醸造アルコールを添加していません。
◆純米酒
原料は米、米こうじ。純米という名のイメージ通り、コクや甘味があり、米本来の旨みを感じるしっかりした味わいです。

◆特別純米酒
原料は米、米こうじ。精米歩合は吟醸酒レベルの60%以下の純米酒で、蔵元のこだわりが現れる日本酒好きに人気のタイプです。

◆純米吟醸酒
原料は米、米こうじ。精米歩合は60%以下。低温長期発酵の吟醸造りを経た純米酒。華やかな香りとコクのある味わいです。

◆純米大吟醸酒
原料は米、米こうじ。精米歩合は50%以下。純米吟醸酒の中でも特に香りがよい最高級タイプです。

スッキリが好きな人は本醸造系、しっかりした味わいが好きな人は純米系から選ぶのがよさそうですね。

生産地域で選んでみる

poomsak suwannasilp/ Shutterstock.com

日本各地に郷土料理があるように、日本酒も地域独自の味わいの銘柄がたくさんあります。地域で日本酒を選ぶのもたのしい選び方です。

日本酒の味わいの目安に、酸度と日本酒度がありますが、それを調べていくと、一般的に日本酒は南に行くほど甘口が醸造されている傾向にあるようです。北にいくにつれ、辛口の日本酒が増えていく傾向にあります。もちろんこれは、全体の傾向。酒蔵によっては、南エリアでも辛口の日本酒を醸造しているところもあります。

生産地で選ぶ場合は上記を参考に、観光で訪れたところ、お世話になった人の地元など、関連づけて選ぶのもたのしいですね。

季節限定の日本酒を選んでみる

gori910/ Shutterstock.com

日本酒造りの多くは、冬場に酒を仕込む「寒造り(かんづくり)」が主流です。9月~10月に収穫された新米で11月頃に酒造りをスタートし、3月いっぱいまでの5カ月間酒造りは続きます。酒造りを行う傍らでも、季節ごとに限定の日本酒が出ます。

日本酒の仕込みを行いながら、新春にはその酒造年度の新米で造られた「新酒」が出ます。また、一切加熱処理を行わない「生酒」が売り出され、秋には寒造りで醸造した日本酒が最適な状態になり、このひと夏寝かせた日本酒を「ひやおろし」といいます。初春に出た「新酒」独特の粗さが消え、丸みを帯びた味になります。

同じ銘柄でも、このように時期によって味わいの違う日本酒が売り出されますから、それを狙ってたのしむのもいいですね。その季節にしか飲めない日本酒は、ぜひ、そのときに旬のつまみや、お酒の産地の料理などと一緒に味わいたいものです。

おすすめ情報

関連情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識