女子会に新提案。 甘口ワインでオリジナルカクテルを作ろう!

女子会に新提案。 甘口ワインでオリジナルカクテルを作ろう!
出典 : Ingrid Balabanova/Shutterstock.com

世界には多くの甘口ワインが存在し、さまざまなシーンで楽しまれています。普通はそのまま味わうものですが、ここで新提案。ワインにほかの飲み物や食材を加えてカクテルにしてみませんか? 今回紹介するのはアメリカやイタリア、ドイツの甘口ワインを、その国らしくアレンジした4種類。秋の夜長をゆっくり過ごすお供にぴったりです。

  • 更新日:

<ジャーマンスタイル> ドイツが誇るアルコールツートップの競演『ビアスプリッツァー』

ドイツの誇る二大アルコールのいいとこ取りをぜひ家庭でも試してみて。
inacio pires/Shutterstock.co

スプリッツァーとは、ドイツ語で弾けるという意味。ドイツの甘口白ワインとジャーマンスタイルのビールをミックスしたカクテルは、ワインの爽やかな香りとビールのほろ苦さが絶妙のバランスで、すっきりとした味わいです。

レシピはこちら

Stefanie Schubbert/Shutterstock.com

●材料(1杯)
・甘口ドイツ白ワイン:120ml
・ドイツビール:120ml
●作り方
①冷えたビアグラスにワインを注ぐ。
②冷やしたビールを注ぎ、軽くステアする。

●今回使用したワイン
『グレーフ&ミュラー ブルー』
生産している『ジンマーマン』は、ドイツで130年間の歴史を有するワインメーカーで5代にわたって家族経営を貫いてきたことでも知られています。甘い味わいにブルーボトルというドイツワインの王道をいくワインです。

詳細はこちら

いかがでしたでしょうか? どれも簡単に作れるものばかり。さっそく家のリビングで寛ぎながら、世界の甘口ワインを楽しむ旅に出かけてみてください。

ライタープロフィール

とがみ淳志

(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート/SAKE DIPLOMA。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。国内外を旅して回る自称「酒仙ライター」。

おすすめ情報

関連情報

ワインの基礎知識