東京の焼酎【黒潮(くろしお):坂下酒造】麦焼酎と芋焼酎をブレンドした八丈島の焼酎

東京の焼酎【黒潮(くろしお):坂下酒造】麦焼酎と芋焼酎をブレンドした八丈島の焼酎
出典 : 坂下酒造有限会社サイト

「黒潮」は、伊豆諸島の八丈島の蔵元・坂下酒造が手掛ける焼酎です。麦焼酎90%、芋焼酎10%のブレンド焼酎で、麦の香ばしさとサツマイモの甘味がたのしめます。同じ蔵元が造る人気の焼酎銘柄「JONNALIE(ジョナリー)」も含め「黒潮」の魅力を紹介します。

  • 更新日:

「黒潮」は八丈島の蔵元が手掛ける「八丈焼酎」

坂下酒造有限会社サイト

東京・八丈島の焼酎「黒潮」の蔵元の歴史と、「黒潮」を育む八丈島の魅力から紹介しましょう。

「黒潮」の蔵元は?

「黒潮」は、東京都の八丈島にある坂下酒造の焼酎です。

八丈島の中心街である坂下地区・三根(みつね)に蔵を構える坂下酒造は、大正14年(1925年)に、坂下地区の蔵元をまとめる形で創業しました。

以来、100年近くの間、焼酎を造ってきた蔵元ですが、5年前、杜氏が亡くなったことをきっかけに、焼酎の製造を停止。在庫販売のみを行ってきました。

しかし、焼酎は通常、熟成期間を要し、造ってすぐに販売することができないため、製造を停止し続けると蔵を存続させるのが難しくなります。そのため、蔵元は令和の時代になって体制を刷新し、焼酎造りを再開させました。

現在は、人気の2大銘柄「黒潮」「JONNALIE」のほか、平成23年(2011年)に惜しまれつつ蔵を閉じた八丈島の蔵元・磯崎酒造から引き継いだ焼酎「黄八丈(きはちじょう)」も製造しています。

「黒潮」は八丈島で造られる焼酎

「黒潮」は、伊豆諸島の八丈島で造られている「八丈焼酎」のひとつです。

八丈島は「東洋のハワイ」とも呼ばれる自然豊かな常春(とこはる)の島。東京都心から約290キロメートル南の沖合にあり、羽田空港から空路を使えば1時間足らずで到着するため、人気の観光地となっています。

伊豆諸島では2番目に大きく、北西部の西山(八丈富士)と 、南東部の東山(三原山)がくっついてできた火山島のため、ひょうたんのような形をしています。

島のすぐそばには、酒名にもなっている暖流の黒潮が流れています。気候はその影響を受け、高温多湿。雨も多く、島内には湧水も多数見られます。焼酎造りに欠かせない良水に恵まれた島内には、坂下酒造をはじめ4軒の焼酎蔵があり、八丈焼酎を造り続けています。

「黒潮」は常圧蒸溜で造られる本格焼酎

坂下酒造有限会社サイト

八丈焼酎「黒潮」はどんな焼酎なのでしょうか。分類と製法の特徴を確認しましょう。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事