人気蔵元でも販売! 日本酒の持ち運びには「保冷バッグ」が便利

人気蔵元でも販売! 日本酒の持ち運びには「保冷バッグ」が便利
出典 : everytime / Shutterstock.com

日本酒は日本のお酒を代表する伝統酒。ハレの日に登場することの多い日本酒は、慶事の贈り物にはもちろん、訪問先への手土産や愛飲家へのプレゼントに最適です。そこで今回は、日本酒の持ち運びに便利な「保冷バッグ」に注目。選び方やおすすめ商品などを紹介します。

  • 更新日:

日本酒の持ち運びに「保冷バッグ」を使おう

Payless Images/ Shutterstock.com

日本酒は高温や日光を嫌うお酒

日本酒はとてもデリケートなお酒です。紫外線や高温に弱く、保存方法によっては品質が劣化します。日本酒の保存に最適な温度は銘柄や種類によって異なりますが、基本的にはどの日本酒であっても温度変化の少ない冷暗所に保存するのがベターです。

なお、多くの日本酒は常温保存が可能ですが、常温保存に向かないタイプもあります。「生酒(生原酒、無ろ過生原酒など含む)」はその代表格で、一部の例外を除いて冷蔵保存が必須です。また、生詰め酒・生貯蔵酒・吟醸酒系のお酒のほか、新酒や火入れ処理1回で仕上げられた純米酒なども、冷蔵保存が推奨されています。

日本酒の持ち運びにはボトル用バッグや風呂敷などを使うことが多い

日本酒を持ち運ぶためのアイテムとしてよく見られるのが、ボトル用バッグや風呂敷などです。

ボトル用バッグは、紙製や不織布製など種類が豊富で、酒販店や雑貨店、オンラインショップなどで手に入りやすいのが魅力。また伝統的な風呂敷で包めば、上品さと特別感を演出できます。

とはいえ、保冷機能のないボトル用バッグや風呂敷は、要冷蔵の生酒などを持ち運ぶには適していません。そこで近年注目を集めているのが「保冷バッグ」です。

日本酒ボトルのラッピング、ひと工夫でもっと素敵に!

保冷機能つきで便利な「保冷バッグ」の魅力

「保冷バッグ」の最大の魅力は、冷たさをキープできる保冷力。「断熱バッグ」「クーラーバッグ」とも呼ばれる「保冷バッグ」の多くには、断熱性の高い「アルミ蒸着」という素材が使用されています。アルミ蒸着シートやフィルムをバッグの内側に加工すると、高い保冷性が確保できるようになるのです。

そのため、冷蔵保存が必要な日本酒でも保冷バッグと保冷剤を使えば安心。常温保存できるタイプの日本酒でも、持参先で冷酒をすぐにたのしみたい場合や、温度変化を防ぎたい場合などに役立てられるでしょう。

日本酒を持ち運ぶのに便利な「保冷バッグ」はどうやって選ぶ?

Olga Popova / Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事