焼酎の「3M」とは? 独自の技を磨き続ける希少なプレミア銘柄を徹底解説

焼酎の「3M」とは? 独自の技を磨き続ける希少なプレミア銘柄を徹底解説
出典 : kitsune05/Shutterstock.com

芋焼酎の「3M」を知っていますか? 「魔王」「村尾」「森伊蔵」は、プレミアム焼酎のなかでも入手困難な人気銘柄で、それぞれの頭文字をとって「3M(スリーエム)」と呼ばれています。今回は希少な「3M」の特徴や飲み方などについて詳しく紹介します。

  • 更新日:

芋らしさを抑え、飲みやすさを重視した「魔王」

芋らしさを抑え、飲みやすさを重視した「魔王」

kai keisuke/Shutterstock.com

「魔王」ってどんな焼酎?

芋焼酎「魔王」を造るのは、鹿児島県錦江(きんこう)町に蔵を置く、明治37年(1904年)創業の老舗蔵、白玉醸造です。「魔王」は、若者の酒離れを案じた現社長が、「芋臭さを抑えた飲みやすい芋焼酎を造ろう」と考え、生み出された焼酎です。

インパクトのある「魔王」という名前には、「天使を誘惑し、魔界へ最高の酒を調達する悪魔たちによってもたらされた特別のお酒」という意味が込められています。ウイスキーなどの蒸溜酒は樽で熟成させますが、熟成過程で数%の原酒が蒸発します。このわずかに蒸発する原酒のことを“天使のわけまえ”といい、昔から縁起のよい兆候と考えられてきました。「魔王」も樽熟成を行うお酒なので、それにちなんで名づけたそうです。

「魔王」を特徴づける製法と希少な理由

「魔王」を特徴づけているのは、「麹」と「熟成」にあります。
芋焼酎には通常「黒麹」または「白麹」が使われますが、「魔王」では日本酒造りに用いられている「黄麹」が使われています。温暖な気候の土地では扱いが難しい麹ですが、フルーティーさを生むのが魅力です。

また、「魔王」は樽による熟成が行われています。じっくり熟成させることで、まろやかで飲みやすい味わいを造り出しているのです。

なお、蔵元は、需要が拡大してもクオリティを高く保つために少量生産を維持し、ていねいに造ることを貫いています。それゆえに、流通量が少なく、希少価値がさらに高まっています。

「魔王」の味わいと、おすすめの飲み方

「魔王」の大きな魅力は、芋焼酎とは思えないほどの飲みやすさにあります。芋焼酎特有の「芋臭さ」が少なく、香りは驚くほどフルーティー。口当たりがよく、まろやかな味わいで、多くのファンを魅了しています。芋焼酎を飲み慣れていない人でも、飲みやすいと感じられるでしょう。

おすすめの飲み方は、ロック。華やかでフルーティーな香りと穏やかでまるみのある味わいをじっくりと堪能できます。

製造元:白玉醸造株式会社
公式サイトはありません

鹿児島の焼酎【魔王(まおう)】味わいもその名もインパクト絶大!

芋特有の香ばしさが際立つ「村尾」

芋特有の香ばしさが際立つ「村尾」

jazz3311/Shutterstock.com

「村尾」ってどんな焼酎?

芋焼酎「村尾」を造るのは、鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市に蔵を置く、明治35年(1902年)創業の老舗焼蔵、村尾酒造です。蔵があるのは、西鄕隆盛にゆかりのある薩摩藩公の御茶屋敷跡の近くで、御茶屋敷を訪れる際に村尾酒造にもお茶を飲みに立ち寄っていたと伝わっています。なお、村尾酒造のもうひとつの代表銘柄「薩摩茶屋」の名は、このエピソードに由来しています。

「村尾」をはじめ村尾酒造で造られる焼酎は、1年売り切りなのが特徴。原料である芋の出来や造りなど、毎年条件が変わるため、当然、年ごとに出来栄えも異なります。そのため、とくに当たり年の「村尾」には人気が集中します。

村尾を特徴づける製法と希少な理由

村尾は、伝統的な「かめ壺仕込み」という製法で造られます。「かめ壺」とは、丸い形をした陶製の容器のこと。「かめ壺仕込み」では、地中に埋めたかめ壺のなかで焼酎を熟成させます。

「かめ壺仕込み」はたいへん手間のかかる製法で大量生産には向いていませんが、かめ壺で熟成させることで、自然の微生物の力によって醪(もろみ)の発酵が促され、遠赤外線効果でまろやかな酒質に仕上がるといいます。

村尾酒造は、「芋らしさ」を備えた旨い酒を醸すために手造りにこだわり、「かめ壺仕込み」を含めたすべての工程を手作業で行っています。そのため、需要を満たすだけの量を製造することは難しく、希少性が高く入手しにくくなっています。

「村尾」の味わいと、おすすめの飲み方

村尾の味の特徴は、なんといっても芋ならではの香ばしさにあります。通好みの強い芋の香りのなかに、「かめ壺仕込み」ならではのまろやかさやほのかな甘味、独特のドライ感やキレが感じられ、奥行きのある味わいをたのしめます。爽やかな口当たりも印象的。

おすすめの飲み方は、お湯割り。村尾の特徴である芋の香ばしさがより引き立ちます。

製造元:村尾酒造合資会社
公式サイトはありません

鹿児島の焼酎【村尾(むらお)】鹿児島を代表するプレミアム芋焼酎が入手困難な理由

クセの少なさとバランス感が強みの「森伊蔵」

クセの少なさとバランス感が強みの「森伊蔵」

Brent Hofacker/ Shutterstock.com

「森伊蔵」ってどんな焼酎?

芋焼酎「森伊蔵」を造るのは、鹿児島県垂水(たるみ)市に蔵を置く、明治18年(1885年)の老舗蔵、森伊蔵酒造です。「森伊蔵」は、現当主の代になり、「飲む人が直接買いに来たくなるような焼酎」をめざして造られました。

森伊蔵酒造は、順風満帆な蔵のように思われますが、一時経営難に陥ったことがあります。このとき先代は、「この蔵の強みは、代々受け継がれてきた伝統の技と、蔵に住み着いた酵母しかない」と、大量生産の波には乗らず、少量でも品質のよい酒造りを追求し続けたといいます。

現当主は、父である先代の信念に敬意を払い、昭和63年(1988年)に誕生した焼酎に、先代の名を冠しました。それが「森伊蔵」です。

なお、「森伊蔵」の人気に火がついたのは平成8年(1996年)のこと。当時のフランス大統領・故ジャック・シラク氏が「森伊蔵」を愛飲していることが新聞で報じられ、それを機に全国に名が知れ渡って、たちまち人気銘柄となりました。

「森伊蔵」を特徴づける製法

「森伊蔵」に使う原料は、芋、米、仕込み水、培養用の酵母に至るまで、県内産にこだわって厳選されています。長年蔵に棲む酵母菌「蔵つき酵母」も、焼酎造りに欠かせません。

また、仕込みには創業以来使用しているという「和甕(わかめ)」を使い、伝統製法の「かめ壺仕込み」でていねいに造っています。

すべての工程を手作業で行うため、ひと月に生産できる量は、一升瓶で4,000~5,000本程度だそう。

しかし蔵元は、いくら「森伊蔵」の人気が高まり、需要が増えても、製造量を増やさずに手造りで高品質の酒造りに励んでいます。そのため、希少性が高く、入手の難しい銘柄となっています。

「森伊蔵」の味わいと、おすすめの飲み方

森伊蔵の大きな特徴は、バランスのよさにあります。マイルドな口当たり、まろやかな舌触り、上品な香味が絶妙に融合し、調和のとれた芋焼酎に仕上がっているのが魅力です。「芋臭さ」も少なく、やさしい味わいなので、初心者でも親しみやすいでしょう。

おすすめの飲み方は、常温のストレート。森伊蔵の味わいがダイレクトに感じられます。

製造元:有限会社森伊蔵酒造
公式サイトはこちら

鹿児島の焼酎【森伊蔵(もりいぞう)】鹿児島が誇るプレミアム芋焼酎

なかなかお目にかかれない、希少な「3M」。3つの銘柄に共通しているのは、造り手のこだわりがしっかりと守られ続けていること。ぜひ一度くらいは実際に味わって、芋焼酎に込められた想いを確かめてみたいですね。

おすすめ情報

関連情報

焼酎の基礎知識