知っておきたい! ウイスキーのシングルとダブルの違い

知っておきたい! ウイスキーのシングルとダブルの違い
出典 : Igor Normann/ Shutterstock.com

バーでウイスキーのロックなどを飲むときに、「シングルで」「ダブルで」といったオーダーをよく耳にしますよね。このシングルやダブルが何を意味しているのか知っていますか? 今回はウイスキーの基本用語である、シングルとダブルについて解説しましょう。

  • 更新日:

ウイスキーの「シングル」と「ダブル」ってどんな意味?

ウイスキーの「シングル」と「ダブル」ってどんな意味?

HandmadePictures/ Shutterstock.com

ウイスキーのシングルとダブルは何を指しているの?

ウイスキーをオーダーする際に使われる「シングル」「ダブル」とは、グラスに注ぐウイスキーの量(単位)のことです。基本的に、シングルは30ミリリットル、ダブルは60ミリリットルを指します。

バーでウイスキーをオーダーする場合、大抵はシングルかダブルかを聞かれます。とくに指定しなければ、シングルで出されるのが一般的。その理由は、ウイスキーはアルコール度数が高いお酒なので、「大量に飲むのを防ぐため」とも、「少量ずついろいろな味をたのしめるように配慮しているため」ともいわれています。

ウイスキーのシングルとダブル、どんな飲み方をするときに使うの?

ウイスキーにはストレートやロック、水割りやハイボールなどさまざまな飲み方があります。シングルとダブルは、どのような飲み方をする際に使われるのでしょうか。

これには厳密な決まりはありませんが、多くの場合ストレートやロックで飲むときに使われます。

初めて飲む銘柄を試したいときは、ストレートをシングルで、氷が溶けて風味が変化していく様を長くたのしみたいときは、ロックをダブルでなど、好みや気分に合わせて、シングルとダブルを使い分けるとよいでしょう。

なお、ハイボールのようなカクテルは、お店独自の割合が規定されている場合が多いので、プロにお任せするのがベターです。

なぜウイスキーではシングルやダブルといった単位を使うの?

ウイスキーの量のことを、シングルやダブルというのはなぜなのでしょうか。これには、指でウイスキーの量を計るという、以下のような測定法が由来しているといわれています。

グラスをテーブルに置き、グラスの下部に伸ばした指を当てます。底から指1本分=ワンフィンガーが「シングル」、指2本分=ツーフィンガーが「ダブル」です。人によって指の太さは異なりますが、指1本の幅(深さ)を約3/4インチ(約1.9センチメートル)とすると、シングルは約30ミリリットル、ダブルは約60ミリリットルの量になるそう。

そのため、シングルとダブルがウイスキーの量を表す単位として使われるようになったのです。

ちなみに、この方法は、イギリスでは1400年代ころから使われるようになったといわれています。ウイスキー文化の長い歴史が感じられますね。

「ショット」もシングルやダブルと同じくお酒の量を表す単位

「ショット」もシングルやダブルと同じくお酒の量を表す単位

DenisMArt/ Shutterstock.com

ウイスキーのショットってどういう意味? シングルやダブルと何が違うの?

ウイスキーをオーダーする際、シングルやダブル以外に「ショット」というワードを耳にしたことはありませんか? ショットもシングルやダブルと同じように、お酒の量を表す単位です。

なぜ「ショット」と呼ばれるようになったかというと、かつてアメリカでは、強いお酒を1杯ひっかけることを、弾丸や発射を意味する「ショット(shot)」という言葉で表現していたからだそう。そのため、ウイスキーの1杯のことを、「ショット」というようになったといわれています。

ちなみに、一般的に1ショットは「ショットグラス」に注がれます。「ショットグラス」とはウイスキーなどの強いお酒をストレートで飲むときに用いられるグラスのことで、「ストレートグラス」とも呼ばれます。容量は約30~90ミリリットルのものが主流のようです。

ウイスキーのショットの量とは?

日本では一般的に、1ショットをシングルと同じ30ミリリットルと設定しているお店が多いですが、じつはこの量に決まりはありません。そのため、お店によって30ミリリットルより多い場合も少ない場合もあります。

また、国によっても1ショットの量は異なります。

イギリスでは法律で、店舗でウイスキーを提供する場合の量は、「25ミリリットル(およびその倍数)」または「35ミリリットル(およびその倍数)」と定められています。つまり、1ショットは25か35ミリリットルとなります。

一方、アメリカでは、日本と同じように30ミリリットルで提供するお店もありますが、その1.5倍量の45ミリリットルを1ショットとするお店が多いといわれています。

このようにお店や国によって量が異なるため、かんたんに「1ショットはショットグラス1杯分」と覚えておくとよいでしょう。

ウイスキーのショットの容量ってどれくらい?
ウイスキーのワンショットって、どれくらい? バーで困らないための基礎知識

シングルやダブル以外にこんな単位もある!

シングルやダブル以外にこんな単位もある!

arhendrix/ Shutterstock.com

ウイスキーの単位はシングルとダブルだけじゃない!

ウイスキーの量を表す単位には、シングルやダブル、ショットのほかにもさまざまあります。たとえば、以下のような単位が使われています。

【オンス】

オンス(ounce)もまた液量単位のひとつです。日本国内では目にすることが少ないですが、アメリカやイギリスなど海外ではよく使用されています。1オンスは約30ミリリットルで、シングルや1フィンガーとほぼ同じ量です。

【ダッシュ】

ダッシュ(dash)はおもにカクテルを作るときに使われる単位。「オレンジビターを1ダッシュ」といった使い方をします。1ダッシュは約1ミリリットルで、ビターズボトルと呼ばれる容器をひと振りして出てくるのがこの量です。

【ジガー】

ジガー(jigger)も液体の量を表す単位です。基本的に、1ジガーは約45ミリリットル。この単位は、おもにアメリカや日本などで使われています。なお、かつてスコットランドでは1ジガー=約60ミリリットルとして使われていましたが、現在は使用されていません。

ウイスキーのシングルやダブルを正確に量るなら道具を使おう

自宅でウイスキーのおいしい1杯を作るなら、ウイスキーの量を正確に量ることが大事。とくに、ウイスキーカクテルを作るときには、「メジャーカップ」や「ジガーカップ」と呼ばれる、カクテル用の計量カップを使うと便利です。

メジャーカップ(ジガーカップ)には、両面に大小容量の異なる金属製のカップがついています。使いやすいのは、45ミリリットルと30ミリリットルの組み合わせのものです。これなら、シングルとダブル、そしてジガーの量をかんたんに量ることができます。

ウイスキーは、量や飲み方を変えることで無限のたのしみ方ができるお酒です。ストレートをシングルで、ロックをダブルでなど、いろいろな組み合わせを試して、自分だけのたのしみ方を探してみましょう

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識