日本酒における「新酒」の定義とは? 【日本酒用語集】

日本酒における「新酒」の定義とは? 【日本酒用語集】
出典 : buritora/ Shutterstock.com

日本酒にも「新酒(しんしゅ)」があるのを知っていますか? 毎年、秋から翌春にかけて、酒屋さんや飲食店でよく見かける「新酒」とは、どんな日本酒を指しているのでしょうか? 日本酒における「新酒」の正体に迫ります。

  • 更新日:

「新酒」と呼ばれる日本酒とは?

「新酒」と呼ばれる日本酒とは?

Payless Image/ Shutterstock.com

「新酒」の一般的な定義を知ろう

「新酒」とは、文字どおり「新しく造られたお酒」のことですが、じつは明確な定義はありません。一般的に言われている「新酒」とは、酒造年度(Brewing Yearを略して「BY」とも)のうちに醸造された日本酒を指しています。
酒造年度とは、7月1日から翌年の6月30日までのこと。通常の暦は1月、企業や学校の年度は4月から始まりますが、一般的に日本酒造りは、原料となる米が育ち、収穫される秋に始まり、冬から春にかけて行われます。この年度内に醸造され、あまり熟成させることなく夏(ここでは6月30日)までに出荷されたものは、すべて「新酒」と言うことになります。

「新酒」と呼ばれる日本酒の定義は複数ある

「新酒」について辞書を引いてみると「醸造したままで、まだ殺菌のための火入れをしてない清酒。また、その年とれた米で醸造して、春に出荷する酒」 とあり、2つの意味が説明されています。いずれも先ほどとは少し定義が異なっていますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

定義1:醸造したままで、まだ殺菌のための火入れをしてない清酒

殺菌のための火入れは、通常、(1)醪(もろみ)を搾った後と、(2)瓶詰前の2回行われ、(1)を省いた場合は「生貯蔵酒」、(2)を省いた場合は「生詰め酒」、両方を省いた場合は「生酒(なまざけ)」と呼ばれます。加熱処理をしないことによるフレッシュさが魅力のため、「新酒」と表現されるのでしょう。

定義2:その年とれた米で醸造して、春に出荷する酒

辞書による2つ目の説明のポイントは、「新米」を使い、「春」に出荷すること。秋に収穫された新米で造った日本酒が、おおむね春に「新酒」と銘打って販売されることから、こうした定義が浸透したのでしょう。

「生酒」の魅力は、火入れをしないことによるフレッシュな味わい

「新酒」らしさとは? 新酒の特徴を知ろう

「新酒」らしさとは? 新酒の特徴を知ろう

HandmadePicture/ Shutterstock.com

「新酒」らしさは舌で感じる!

「新酒」の魅力として、まず挙げられるのが、できたての日本酒ならではの若々しい勢いです。
新酒を口に含んだとき、舌にピチピチとした刺激を感じることがありますが、それもまた新酒ならでは。目で見て取れるほど活性感があるものや、ほんのり舌に感じられるものまで、銘柄によってさまざまですが、こうした刺激は開栓から時間がたつと失われてしまうので、早めに飲み切ることをオススメします。

「新酒」と「古酒」の味わいの違いは?

「新酒」の対義語となるのが、酒造年度を超えて熟成された日本酒で「古酒」と呼ばれます。
日本酒は、熟成させることによって甘味や酸味、苦味などの味わいが混然一体となり、丸みやコク、深みが生まれます。一方で、新酒には、それらの味わいがそれぞれに主張し、ときに荒々しく感じる味わいが魅力です。口の中で弾けるようなインパクトは「新酒」ならではと言えるでしょう。

「新酒」を存分にたのしむために

「新酒」を存分にたのしむために

hungryworks/ Shutterstock.com

「新酒」は冷やして飲むのがオススメ

「新酒」の魅力は、なんと言っても、みずみずしさ。新酒ならではのフレッシュな味わいを堪能するなら、キリリと冷やして飲むのがオススメ。飲みやすさが際立ち、ついついお酒が進むので、飲みすぎには注意ですね。

「新酒」に合わせたいおつまみは?

日本酒には、おつまみが欠かせませんが、新酒に合わせてみたいのは、味が濃い料理よりも、素材そのままの味を生かした料理です。
新酒の時期が旬の筍や菜の花、ブリのお刺身やワカサギの天ぷらなどをはじめ、シンプルな豚しゃぶなどにもよく合います。

「新酒」を味わう酒器にもこだわろう

日本酒は、グラスの素材や形によっても味わいが変化します。新酒の魅力を存分にたのしむために、できれば酒器にもこだわりたいものです。好みにもよりますが、オススメは口当たりのよい薄手のガラス素材のグラスタイプ。日本酒がスッと口に入ってきて、おいしさが広がります。

「新酒」をたのしむための注意点

「新酒」をたのしむための注意点

K321/ Shutterstock.com

「新酒」を保存する際には要注意

「新酒」は繊細で、味わいが変化しやすいため、「新酒」らしいフレッシュさを味わうなら、なるべく早めに飲み切りたいもの。やむを得ず保存する際は、できるだけ冷蔵保管しましょう。
保存の際は、横置きでなく瓶を立てて置くのが望ましいと言われます。理由は、お酒が空気に触れる面積が大きいほど酸化が進むため。「新酒」を「新酒」らしい状態で飲むために、空気に触れる面積が少ない状態で保管したいですね。

新酒の日本酒の魅力は伝わったでしょうか。新酒には新酒の、熟成した古酒には古酒の魅力がありますが、季節の移ろいを感じるためにも、春の訪れに合わせて「新酒」をたのしんでみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識