「ライウイスキー」はスパイシーな香りが魅力 【ウイスキー用語集】

「ライウイスキー」はスパイシーな香りが魅力 【ウイスキー用語集】
出典 : BAHDANOVICH ALENA/ Shutterstock.com

「ライウイスキー」とは、どんなウイスキーか知っていますか? ライウイスキーの「ライ」とはライ麦のこと。大麦麦芽(モルト)を主原料とした「モルトウイスキー」とは、どのような違いがあるのでしょう? ここでは、ライウイスキーの定義や味わい、代表銘柄などを紹介します。

  • 更新日:

「ライウイスキー」とはどんなウイスキー?

「ライウイスキー」とはどんなウイスキー?

Payette Media House/ Shutterstock.com

ライウイスキーはライ麦から造られるウイスキー

「ライウイスキー」とは、ライ麦を主原料としたウイスキーのこと。
そもそもウイスキーは穀物を主原料とした蒸溜酒のことで、大麦麦芽(モルト)を主原料とした「モルトウイスキー」や、トウモロコシを主原料とした「コーンウイスキー」、小麦を主原料とした「ホイートウイスキー」など、原料となる穀物によって分類されます。
それぞれ原料とする穀物によって、異なる特徴を持ったウイスキーが造られています。

ライウイスキーの原料「ライ麦」とは?

「ライウイスキー」の主原料となるライ麦とは、どんな麦でしょう?
ライ麦は、小麦が育ちにくい寒冷地でも育つことから、古くから北欧や北米などで栽培されてきました。牧畜用の飼料としても用いられますが、「ライ麦パン」などとして食用にも使われています。
ライ麦は小麦に比べてグルテンが少なく、食物繊維が豊富なことから、近年では健康食として注目されています。

ライウイスキーの特徴はスパイシーでオイリーな風味

ライウイスキーの特徴は、ライ麦に由来する独特の風味。ウイスキー通のあいだでは“スパイシー”や“オイリー”などと表現されますが、ほろ苦さと香ばしさが漂うライウイスキーは、モルトウイスキーやバーボンウイスキーなどと一味違った味わいがたのしめます。ある意味、ライ麦はウイスキーを飲み慣れた人にオススメの“大人のウイスキー”と言えるでしょう。

「ライウイスキー」の歴史と定義

「ライウイスキー」の歴史と定義

Oliver Le Queince/ Shutterstock.com

ライウイスキーは、アメリカ移民が最初に造ったウイスキー

ライウイスキーを最初に造ったのは、17世紀末にアメリカ大陸へ移住したドイツ語圏の移民たちとの説があります。
19世紀頃はライウイスキーがアメリカンウイスキーの主流となっていましたが、ライ麦の生産減少による価格高騰や、禁酒法の影響などにより、次第にライウイスキーの生産は衰退。
しかし、近年になってライウイスキー独自の風味が見直され、人気が高まりつつあります。

ライウイスキーのアメリカにおける定義

ライウイスキーは、本場・アメリカの法律では明確な定義があり、以下の3つの条件を満たしたものだけが「ライウイスキー」として流通できます。
1.ウイスキーの原料の51%以上がライ麦
2.アルコール度数80%以下で蒸溜
3.内側を焦がしたオークの新樽で熟成

ライウイスキーはカナディアンウイスキーにも

ライウイスキーはアメリカだけでなく、隣国のカナダでも造られています。
カナディアンウイスキーは、トウモロコシを主原料としたクセのない「ベースウイスキー」と、麦類を主原料とした香りの強い「フレーバリングウイスキー」をブレンドした「ブレンデッドウイスキー」が主体。ライ麦は、フレーバリングウイスキーの原料として使われ、その比率が51%を超えると「カナディアン・ライウイスキー」と呼ばれます。
原料の比率はアメリカと同様ですが、カナディアンウイスキーには、ほかにも「700リットル以下の木樽で3年以上熟成」「アルコール度数40%以下で瓶詰め」など独自の条件があります。このため、同じライ麦を原料としたウイスキーでも、アメリカ産とカナダ産では“別物”になります。

「カナディアンウイスキー」ってどんなウイスキー?【ウイスキー用語集】

「ライウイスキー」の代表的銘柄

「ライウイスキー」の代表的銘柄

BOOCYS/ Shutterstock.com

ライウイスキーの魅力を知るならこの銘柄を

「ライウイスキーに興味が出てきたので、一度飲んでみたい!」という人のために、ここからはライウイスキーの代表的な銘柄をいくつか紹介します。

【ノブ クリーク ライ】

「ノブ クリーク」は日本でも知られるバーボンウイスキーの人気銘柄ですが、そのバリエーションである「ノブ クリーク ライ」は、“禁酒法以前の力強いライウイスキーの復刻”をコンセプトにしたライウイスキー。アルコール度数が50度と少し高めですが、ライ麦本来の味をたのしむにはおすすめの銘柄です。

国内販売元:サントリースピリッツ株式会社
商品の詳細はこちら

【ワイルドターキー ライ】

「ワイルドターキー」はバーボンウイスキーを代表する銘柄のひとつですが、もともとバーボンとしてはライ麦の比率が高めなこともあってか、ライウイスキーもラインナップしています。
ライ麦ならではのスパイシーさに加えて、4~5年熟成によるスムースな味わいが魅力で、カクテルベースとしても人気です。

国内販売元:株式会社明治屋
商品の詳細はこちら

【アルバータ プレミアム】

ライ麦100%で造られた貴重なカナディアンウイスキーです。
造り手であるアルバータ蒸溜所は、1946年の創業以来、ライウイスキー一筋を貫いてきた、まさにライウイスキーの権威。多くのウイスキーメーカーにライ原酒を提供する一方で、自社ブランドとして“カナダの至宝”とも呼ばれる「アルバータ プレミアム」を製造しています。

国内販売元:サントリースピリッツ株式会社
公式サイトはこちら

ライウイスキーの特徴であるスパイシーな香りは、ハーブを思わせる独特の雰囲気をかもしだします。ほかのウイスキーにはないライウイスキーならではの魅力を、ぜひ一度、味わってみてください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識