デパ地下の惣菜で発見!日本酒と合わせてググッともっとおいしく「里井真由美の耳よりグルメ情報」

デパ地下の惣菜で発見!日本酒と合わせてググッともっとおいしく「里井真由美の耳よりグルメ情報」

お料理のおいしさを紐解くと、素材と調味料が同郷だった。ということがしばしばあります。地産地消というスタイルに価値が見出されるように、おいしささを引き出し合うのかもしれませんね。そして、それはお酒にも当てはまるのかもしれません。

  • 更新日:

監修:里井真由美

目次

  • 「にじいろジーン」に出演しました
  • 番組で紹介されたデパ地下惣菜とは
  • 「醸すkamosu」の惣菜にぴったりなお酒とは

「にじいろジーン」に出演しました

「にじいろジーン」に出演しました

「銀鮭塩麹焼き」「大山鶏西京漬け」

先日(2019年7月13(土))カンテレ・フジテレビ「にじいろジーン」に出演させていただき、「ぐっさんのググッともっと」というコーナーで「ぐっさん」こと山口智充さんと、当日ゲストの元サッカープロ選手 前園真聖さんにデパ地下惣菜・パン・スイーツをご紹介しました。
https://www.ktv.jp/niji/
デパ地下惣菜は伊勢丹新宿本店から、2018年8月に開店した「醸す kamomsu」という新潟の発酵調味料をふんだんに活かしたお惣菜屋さんへ。
新潟の蔵元〜と言えば! 偶然にも以前このサイトでご紹介した「今代司(いまよつかさ)」さんのお酒、甘酒を使い、同じ会社様である蜂村商店さん、越後味噌醸造さんのお味噌やお醤油を使われているではありませんか。こういう発見って嬉しいですね〜。
https://tanoshiiosake.jp/3527

「にじいろジーン」に出演しました

伊勢丹新宿本店「醸す kamomsu」

「にじいろジーン」に出演しました

越後味噌醸造さんのお味噌

「にじいろジーン」に出演しました

「にじいろジーン」撮影風景

で、ここでちょっと番組ウラ話(笑)。お店は私が何店か候補を出させていただき、決定権は番組関係者さんです。決定後もそのお店で何のお品をピックアップするかは、当日その場で、山口さんと前園さんおふたりに完全にお任せです。一切の仕込みなし。笑。また、それをどこまで放送するかは番組次第なので、私もお店の方も何が紹介されるか厳密にはまったくわかりません。なので、私もわくわくしながらオンエアーを見ています。

番組で紹介されたデパ地下惣菜とは

番組オンエアーをご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、当日の放送では「銀鮭塩麹焼き」「大山鶏西京漬け」がご紹介されました。伊勢丹屋上のテーブルでおいしく召し上がっていただけましたよ~。

番組ロケでも「このおいしさには白飯!」と「銀鮭塩麹焼き」「大山鶏西京漬け」に合わせて炊きたてご飯を一緒にいただき「おいしい!ご飯と相性ぴったりや〜」と笑顔満開。鮭をひと口召し上がって、まだ口の中に鮭がある状態でご飯をすかさず食べる。いわゆる「口中調味」ですね。あぁ日本人らしい食べ方〜!感激。

ふと気づけばお米も調味料もすべて新潟産。放送はされなかったですが「やはりおいしさの相乗効果ってあるのだね」とお話しておりました。いずれにしてもおふたりにおいしさを感じていただけで、とっても嬉しかったです。

さて。お惣菜は自宅でもいただきました。西京焼きはお魚で召し上がる方が多いかもしれませんが、鶏もおいしいですよ。とくに皮に塗られたお味噌が香ばしく身がジューシー。鮭は麹に浸けられることで身がやわらかくふっくら。とてもおいしいです。豚肉の味噌浸けもいただきました。お味噌と豚肉の相性もぴったりですよね。

「醸すkamosu」の惣菜にぴったりなお酒とは

「醸すkamosu」の惣菜にぴったりなお酒とは

「大山鶏西京漬け」

「醸すkamosu」の惣菜にぴったりなお酒とは

「銀鮭塩麹焼き」

「醸すkamosu」の惣菜にぴったりなお酒とは

豚肉の味噌浸け

白米に合うってことは当然日本酒にも合うんです。「醸すkamosu」さんのお惣菜をいただく時はやはり日本酒かなぁ。お米らしさがストレートに感じられる純米酒がおすすめです。新潟のお酒だとより一層合う気がします。もしかしたら「そんな気がするだけ」かもしれませんが、じつはそういう「気分」ってお酒を飲む時とっても大事な気がしますが・・・いかがでしょう?
ぜひお気に入りの日本酒と召し上がってみてくださいね。

※店頭、山口さん前園さんのお写真は許可得て撮影・掲載

ライタープロフィール

里井真由美

フードジャーナリスト。1級フードアナリストや米・食味鑑定士、唎酒師など多くの食資格を持つ。 世界の高級レストランから和食・デパ地下グルメスイーツなど幅広い分野で情報発信し、テレビ出演も多数。現在、農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員、フードアクション・ニッポンアンバサダー。農水省の甘味資源(お砂糖)の委員として国産砂糖やスイーツを応援する「ありが糖運動」も発足、活動中。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識