千葉に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【関東編】

千葉に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【関東編】
出典 : Nishihama / Shutterstock.com

千葉県の酒造りの歴史は、江戸時代にまで遡ります。伝統に重きをおく蔵元や、革新を続けて日本酒の可能性を広げる蔵元など、千葉県には個性豊かな蔵元が多く集まっています。その特徴や、代表的な蔵元、銘柄を紹介します。

  • 更新日:

千葉の酒造りの歴史は江戸時代から

千葉の酒造りの歴史は江戸時代から

WorldStock / Shutterstock.com

千葉県の酒造りの歴史は江戸時代から始まっており、現在、千葉県内にある蔵元の約半数が、この時期に創業したとされています。なかでも歴史の古い蔵元は、利根川や江戸川の河岸に集まっており、水運を利用した江戸への流通が発達していたことを物語っています。

その後、時代が進むにつれて、水路や陸路が千葉の各地で整備されるにともなって、より広い地域で酒造りが行われるようになりました。

千葉県の日本酒造りがもっとも盛んだった明治時代には、蔵元の数も200を超えていましたが、時代の流れとともに減少していきます。
近年では「再び千葉県の日本酒造りを活性化させよう」とするプロジェクトが立ち上げられ、“関東の酒処”の復興に向けて、千葉県内約50の蔵元が奮闘中です。

千葉の推奨酒&酒技酒調にも注目

千葉の推奨酒&酒技酒調にも注目

kitsune05 / Shutterstock.com

千葉県の日本酒造りを再び活性化させるべく、近年、蔵元をはじめ、日本酒にかかわる多くの人がひとつになって取り組んでいます。

なかでも注目すべき取り組みが、千葉県の風土に合った県独自の酒造好適米「総の舞(ふさのまい)」の開発です。「総の舞」の誕生を受けて、千葉県では、県内産の原料を使用して醸造した清酒に「ちばの酒技酒調(しゅぎしゅちょう)」というシールを貼って販売しています。
また、「千葉県優良県産品推奨協議会」の審査会に合格した日本酒にも、県の推奨酒であることを示すシールを貼っています。

千葉の蔵元が、千葉の風土を活かし、千葉県産の原料で醸した“千葉の日本酒”を買い求める際は、店頭でこれらのシールを探してみましょう。

千葉の人気銘柄

千葉の人気銘柄

taa22 / Shutterstock.com

長い歴史がある千葉県の日本酒。そのなかでも近年、人気を集めている銘柄を紹介します。

名前のとおり人気も不動、長く愛され続ける酒【不動(ふどう)】

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識