三重に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【東海編】

三重に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【東海編】
出典 : beeboys / Shutterstock.com

三重県は山海の食材に恵まれ、古代から「御食国(みけつくに)」と呼ばれてきました。全国有数の美食文化を誇る地域で育まれた三重の酒は、さまざまな料理に合うバラエティ豊かなラインナップがたのしめます。

  • 更新日:

三重の寒暖差が大きい気候と良質な水が造る美酒

三重の寒暖差が大きい気候と良質な水が造る美酒

norikko / Shutterstock.com

三重県といえば、伊勢エビや桑名の蛤、松阪牛など、地名を冠した山海の名産品が次々と思い浮かびます。こうした豊かな食材に恵まれたことから、古代には朝廷に食材を納める「御食国(みけつくに)」と呼ばれており、まさに国内有数の美食の地といえます。

三重県が美食の地と発展してきた背景には、その独特な気候風土があります。南北に長く伸び、東は伊勢湾や熊野灘などの海、西は鈴鹿山脈や紀伊山地といった山々に囲まれ、県内でも地域による気候の差が大きいという特徴があります。このため、山、海、平野それぞれの地域で、自然の恵みをふんだんに得ることができます。

夏は太平洋を流れる黒潮の影響で温かく、冬は「鈴鹿おろし」や「布引おろし」が寒気を運んでくるため、年間を通じて寒暖差が激しいのも三重県の風土的な特徴です。こうした環境は、米などの農産物を育てるだけでなく、酒造りにも適しています。

また、国内有数の雨量を誇る紀伊山地から、日本一の清水に選ばれた宮川をはじめ、櫛田川、雲出川、名張川、鈴鹿川、三滝川など、多くの河川を通じて豊かな水が得られます。水質は酒造りに適した軟水が多く、三重の酒の特徴である、きめ細やかでまろやかな味わいのベースとなっています。

三重の酒造りの特徴は若き蔵人たちの台頭

三重の酒造りの特徴は若き蔵人たちの台頭

cowardlion / Shutterstock.com

三重県の蔵元は、古くから、さまざまな山海の珍味を引き立てる地酒造りを通じて、三重の食文化の発展に貢献してきました。
近年では、三重県科学技術振興センターにおいて、県独自の酵母開発も進めるなど、官民一体となった酒造りを推進。2016年の伊勢志摩サミットでは、世界各国から集まった要人に県内選りすぐりの銘酒が振る舞われるなど、地酒は三重を代表する名産品となっています。

近年、三重県の酒造りの大きな特徴となっているのが、若い世代の蔵人たちの台頭です。「御食国」と呼ばれた時代からの酒造りの伝統を受け継ぎながら、既存の枠組みにとらわれないチャレンジ精神をもつ若い蔵元や杜氏たちが、競い合うように個性的な酒造りを続けています。
木屋正酒造の「而今(じこん)」や、清水清三郎商店の「作(ざく)」など、話題を集めている三重県の地酒の多くは、歴史ある老舗蔵が、近年になって生み出した“新世代の酒”。伝統と革新の融合が、三重の地酒をより豊かなものにしているのです。

三重の人気銘柄

三重の人気銘柄

Nishihama / Shutterstock.com

三重県が誇る地酒のなかから、近年、話題となっている人気銘柄を紹介していきましょう。

伝統と革新が融合した“幻の酒”【而今(じこん)】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識