三重県の日本酒の特色

三重県の日本酒の特色

三重の日本酒は、地域によって異なる気候や多様な酵母を原料としているため、様々な味わいが楽しめます。半蔵(はんぞう)、田光(たびか)、高砂(たかさご)など、個性豊かな味わいが楽しめる三重県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

三重県の日本酒の特色

三重は、夏は黒潮の影響で温かく、冬は「鈴鹿おろし」が寒気を運んでくるため、年間の寒暖差が激しく、国内有数の雨量を誇る紀伊山地から多くの河川を通じて豊かな水が流れ込み、酒造りに適している環境です。また、県産の独自の酵母は、バナナの香りを出すものや、味のもとになるコハク酸を多くだすものなど、個性豊かなな日本酒造りに欠かせないものです。
そんな三重の日本酒は、地域によって大きく気候が違ったり、前述の多様な酵母を原料していることから、実に様々な味わいが楽しめます。

「半蔵(はんぞう)」サミット乾杯酒にも選ばれた地元密着、伝統を守る酒【三重の日本酒】

「田光(たびか)」特約店限定ながら全国区で人気【三重の日本酒】

「高砂(たかさご)」新たな挑戦として生まれ変わった伝統の銘柄【三重の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識