石川に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【北陸編】

石川に行って飲んでみたい! おすすめの日本酒(地酒)【北陸編】
出典 : jreika / Shutterstock.com

石川県は、水と米に恵まれ、古くから酒造りが盛んだった土地。江戸時代には、加賀百万石の城下町として発展するなかで、料理の質と同時に酒造りの質も向上し、能登杜氏発祥の地として知られることに。その卓越した酒造技術は現在も受け継がれています。

  • 更新日:

石川は万葉集にも謳われた伝統の酒どころ

石川は万葉集にも謳われた伝統の酒どころ

M Reza Faisa/ Shutterstock.com

石川県は、寒冷な気候や白山水系の弱軟水が豊富な点など、酒造りに適した環境に恵まれ、古くから日本屈指の酒どころとして知られていいます。

その歴史をたどれば、室町時代の文献に「加賀の菊酒」という幻の名酒が造られ、京に運ばれたとの記録に残っているほど。白山の雪解け水で醸されたこの酒は「天下の美酒」として評判を呼び、太閤秀吉の醍醐の花見の際にもふるまわれたのだとか。
さらに時代をさかのぼれば、万葉集にも「能登熊来(のとくまき)の酒屋」と詠まれた歌があり、これが日本の文献で最古の「酒屋」の記録ともいわれています。

こうした歴史ある風土のなか、江戸時代には加賀百万石の城下町として発展していくにつれ、この土地の酒造りの質はさらに向上していきます。江戸時代後期には酒造りの高い技能をもった「能登杜氏(とうじ)」が誕生し、広く全国各地の酒造りを牽引しました。

石川の酒は、能登杜氏の伝統技術から生まれる濃醇な味わい

石川の酒は、能登杜氏の伝統技術から生まれる濃醇な味わい

H.Tanaka /shutterstock.com

石川県の酒造りの特徴である「能登杜氏」。そもそも「杜氏」とはどんな存在でしょう?

日本酒の醸造方法と管理方法は、極めて複雑かつ精巧であり、高品質な日本酒を造り続けるには、高度な知識と技術を持った専門家が必要です。こうした繊細で複雑な酒造りの技術を継承し、蔵人を統括するのが「杜氏」です。酒どころといわれる各地に「杜氏」が存在し、それぞれ独特の技術を磨き、今日まで継承してきました。

杜氏の代表格として、岩手の「南部杜氏」、新潟の「越後杜氏」、兵庫の「但馬杜氏」、そして石川の「能登杜氏」があり、日本四大杜氏と呼ばれています。能登杜氏の高い技術は「能登流」と呼ばれ、これまで多くの名杜氏を生み出してきました。

一般的には、能登杜氏の特徴は、濃醇で華やかな味わいとされていますが、現在では、その伝統を受け継ぎながらも、それぞれの杜氏、それぞれの蔵元の創意工夫によって、幅広い個性が生まれています。

石川の人気銘柄

石川の人気銘柄

kathayut kongmanee/ Shutterstock.com

能登杜氏発祥の地として、伝統を守りながら切磋琢磨を続ける石川県の酒造り。その代表格となる人気銘柄を紹介します。

「加賀の菊酒」の伝統を継承【菊姫(きくひめ)】

菊姫は、安土桃山時代、天正年間(1570~1600)に「小柳屋(おやなぎや)」という屋号で創業した老舗蔵。江戸時代には加賀藩の保護酒として徳川幕府からも寵愛を受けたという由緒ある酒蔵で、昭和初期に主力銘柄である「菊姫」の名を社名に冠しました。
早くから吟醸酒に力を入れてきただけに、米に対するこだわりは強烈。酒造好適米の山田錦を、原産地の兵庫県で“県外不出”とされていた「特A地区」から入手するほど。新酒鑑評会では23年連続金賞受賞の常連蔵として、その名は全国的にも有名です。

製造元:菊姫合資会社
公式サイトはこちら

能登杜氏四天王の一角の名を冠した銘酒【農口(のぐち)】

「農口」は、日本酒造界の「生けるレジェンド」農口尚彦杜氏の名を冠した銘柄です。醸造家として70年のキャリアをもつ農口氏は、全国新酒鑑評会で通算27回の金賞を獲得し、「能登杜氏四天王」の一角に数えられる存在です。もともとは「常きげん」の蔵元、鹿野酒造で活躍していましたが、同社を退社後は、2013年に休業していた蔵を復活させて農口酒造を設立。そこで生み出したのが「農口」です。その2年後には、酒造りの神髄を後進に伝えて現役引退を宣言した農口氏でしたが、2017年に「農口尚彦研究所」にて現場復帰し、若手とともに酒造りを再開しています。

製造元:農口酒造株式会社
公式サイトはこちら

金沢の料亭で磨き上げられた通の酒【黒帯(くろおび)】

寛永2年(1625年)創業と、金沢でもっとも古い歴史を誇る酒蔵、福光屋。全国的には代表銘柄の「加賀鳶(かがとび)」が知られ、近年では若者をターゲットにした純米酒「風よ水よ人よ」も話題になりましたが、「黒帯」は金沢の料亭御用達として磨き上げられ、多くの食通・酒通をうならせてきた銘酒です。
特別純米の「黒帯 悠々」は、そのブランドの始まりの酒であり、スタンダードとされています。吟醸仕込みと純米仕込みでキレのよい辛口に仕上げ、さらに蔵内でじっくり熟成させることで、ゆったりと落ち着きのある味わいに。燗にすることで持ち味を発揮する一品です。

製造元:株式会社福光屋
公式サイトはこちら

地元を流れる川の名を冠した銘酒【手取川(てどりがわ)】

「手取川」を醸すのは、かつて「酒造りの村」と呼ばれた旧山島村(現・安吉町)で、明治3年(1870年)の創業以来、140年の伝統をもつ吉田酒造店です。銘柄の由来は、霊峰白山を源とする手取川の伏流水で造られたことから。昔ながらの「山廃(やまはい)仕込み」による、豊かなコクとキレが特徴です。
この蔵の特徴は、全国的にも珍しい「二蔵制度」。熟練杜氏と、その後継者である若手杜氏、2人の杜氏がそれぞれ酒蔵を率いており、ベテランの技巧と若い感性が刺激し合い、補完し合いながら、技術の伝承に努めています。

製造元:株式会社吉田酒造店
公式サイトはこちら

日本遺産の石蔵で伝統を守る【神泉(しんせん)】

「神泉」を醸すのは、加賀藩の2代藩主、前田利常が隠居先に選んだ地、小松城下で万延元年(1860年)に創業した東酒造。風情ある4つの石蔵は、国指定の有形文化財であり、2016年には日本遺産にも認定されました。
手造りの伝統を大切にし、金沢酵母にこだわった吟醸以上の酒に力を入れるこの蔵の代表的な銘柄が「神泉」です。酒造好適米「山田錦」を極限に近い40%まで精米し、白山の伏流水と金沢酵母でていねいに仕込んだ大吟醸は、国内はもちろん、フランスで開催された日本酒品評会でも高い評価を獲得しています。

製造元:東酒造株式会社
公式サイトはこちら

石川のそのほか注目銘柄

石川のそのほか注目銘柄

Nishihama /shutterstock

約35の酒蔵がある石川県には、これまで紹介した銘柄以外にも、「能登流」として人気の銘柄が数多くあります。そのいくつかを紹介します。

能登産の名馬に思いを馳せる【池月(いけづき)】

“中能登の銘酒”として知られる「池月」の蔵元は、大正8年(1919年)創業の鳥屋酒造です。銘柄の由来は、源頼朝の愛馬「生唼(いけずき)」が能登産であったことから。能登出身の名馬として歴史に名を残すかの馬にあやかり、この地を代表する地酒として飛躍したいという思いが込められているのだとか。
杜氏以下わずか5人の蔵人が、手間を惜しまず誠実な酒造りを続けており、その姿勢は地元の酒店や日本酒ファンの熱い支持を受け、全国の地酒ファンのなかにも熱烈な応援団がいるようです。

製造元:鳥屋酒造株式会社
公式サイトはこちら

山廃仕込みを代表する銘柄【天狗舞(てんぐまい)】

創業は文政6年(1823年)と、200年の歴史をもつ車多(しゃた)酒造。この老舗蔵が、能登杜氏の伝統技法を駆使して醸しているのが「天狗舞」です。蔵を囲む森の葉ずれの音が天狗の舞う音に聞こえたというのが名前の由来だとか。
その代名詞ともいえるのが「天狗舞 山廃仕込純米酒」。「山廃といえば天狗舞」という人もいるほど、全国的にも有名です。自家製酵母と山廃仕込みならではの濃厚な味わいが魅力で、常温では酸味を感じ、燗にするとまろやかな旨味が口中に広がります。

製造元:株式会社車多酒造
公式サイトはこちら

「能登を感じる」がコンセプト【竹葉(ちくは)】

明治2年(1869年)に創業した数馬酒造は、もともとは醤油造りを生業としていましたが、醤油の仕込み水が酒造りに適していると気づいたことから、酒蔵になったという歴史をもちます。
酒造りを愛し、能登を愛する数馬酒造が「能登を感じる酒」をコンセプトに生み出したのが「竹葉」。地元農家が育てた山田錦や五百万石を100%自社精米し、ていねいに醸した日本酒で、すっきりと癖のない味わいが持ち味です。その名の由来は、創業当時の日本で「王者の象徴」とされた虎にあやかり、虎が棲み家とする竹の笹藪から名づけたのだとか。

製造元:数馬酒造株式会社
公式サイトはこちら

能登杜氏発祥の蔵の矜持【宗玄(そうげん)】

宗玄酒造は、江戸中期の明和5年(1768年)に創業した老舗蔵です。初代当主、宗玄忠五郎が清酒発祥の地・伊丹で秘伝を取得し、その技術を能登に持ち帰ったとされることから「能登杜氏発祥の蔵」とも「能登最大の地酒蔵」とも呼ばれています。
通年扱いでもっとも売れ筋の「宗玄 純米酒」は兵庫県産特別A地区の山田錦を55%精米した、一般的には純米吟醸クラスの逸品。金沢酵母を使用して、低温でていねいに醸したその酒は、さわやかで控えめな香りと、米の旨味のバランスがほどよく、能登半島の食材にマッチします。

製造元:宗玄酒造株式会社
公式サイトはこちら

最高の酒米を最高の設備で醸す【白山(はくさん)】

江戸享保年間(1716~1734)に創業した小堀酒造店は、北陸でも屈指の老舗蔵。蔵の井戸は、年間を通じて白山の滑らかな雪解け水で満たされており、その良質な水を活かした酒造りに定評があります。
明治中期以来の歴史をもつ「萬歳楽(まんざいらく)」と並んで、この蔵を代表するのが、霊峰の名をそのまま冠した「白山」です。21世紀の手造り蔵を確立すべく、2001年に建設された「森の吟醸蔵 白山」において、酒造好適米「山田錦」をじっくりと醸したプレミアムな逸品です。

製造元:小堀酒造店株式会社
公式サイトはこちら

石川県には、ほかにも「金澤(かなざわ)」「伝兵衛(でんべえ)」「加賀ノ月(かがのつき)」「能登誉(のとほまれ)」「能登末広(のとすえひろ)」など、能登杜氏の伝承が生きた日本酒が数多くあります。

加賀百万石の城下町として栄え、北陸一の都市を形成した金沢を中心に、その風土が生み出した「能登の酒」。日本酒について語るうえで、避けて通れない1ジャンルです。

石川県酒造組合連合会
公式サイトはこちら

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識