「日本酒度が高い」とは、どういうこと?

「日本酒度が高い」とは、どういうこと?
出典 : gori910/Shutterstock.com

日本酒のラベルによく表記されている「日本酒度」。ここでは、日本酒度の意味するところと、日本酒度の数値の高い銘柄を紹介します。

  • 更新日:

日本酒の甘さ・辛さの目安になる「日本酒度」

kazoka/ Shutterstock.com

日本酒度というのは、日本酒の比重を表すために作られた単位です。日本酒に含まれる糖分を測って算出するため、多くの場合、日本酒の甘口、辛口を知るための目安とされます。日本酒度は多くの場合、その日本酒のラベルに記載があり、+3.0や-1.0など、プラス、マイナスの数値で表示されています。マイナスになるほど日本酒に含まれる糖分が多くなり、プラスになるほど糖分は少なくなります。

人によって違う味の基準

taa22/ Shutterstock.com

日本酒度はマイナスであればあるほど、その日本酒に含まれる糖分の比重が高いことになりますが、実際に飲んでみて甘口と感じるかというとそうともいえません。日本酒は、糖以外にもアミノ酸やコハク酸などさまざまな成分を含んでおり、香りや口当たりなどさまざまな要素が絡み合って味わいを決めているからです。実際、日本酒度-3.0で辛口と感じられる日本酒も、日本酒度が+5.0で甘い飲み口の日本酒も存在しているのです。味わいは人それぞれ基準が違うものです。日本酒度は、あくまでも味わいの目安であるということを覚えておきましょう。

日本酒度がプラスの酒、マイナスの酒

gori910/ Shutterstock.com

日本酒度では、+-0を基準に、-1.4~+1.4を普通、+6.0以上を大辛口、-6.0以上を大甘口としています。日本酒度の+、-の数値が高いものを中心に、いくつかの銘柄を紹介しましょう。

まずは日本酒度プラスの4種。
1.春鹿 純米 超辛口(日本酒度:+12)
洗練された香りとバランスをもち、超辛口ながらまろみと旨味がある。

2.森の菊川 本醸造辛口原酒(日本酒度:+20)
ハーブのような爽やかな香りと味わいが、口中をきりっと引き締める。後味はスッキリとシャープ。

3.くどき上手 ばくれん 超辛口吟醸(日本酒度:+ 20)
ほのかに感じるフルーティーで品のよい吟醸香と、軽快でまろやかな味わい。スッキリとした酒質とキレのよさが堪能できる。

4.刈穂 超弩級 気魄の辛口(日本酒度:+ 25)
その名の通り、キレのよい超辛口の味わいで、飲み応え抜群。

次に日本酒度マイナスの3種。
1. 東洋美人 純米吟醸 50(日本酒度:-5)
米を50%まで磨き上げているため、甘みのあるフルーティーな香りが華やか。熟成感のある旨みが感じられる。

2.黒龍 垂れ口 本醸造生原酒(日本酒度:-7)
本醸造のうすにごり新酒を生のまま瓶詰めした黒龍唯一の甘口酒。キレのある新鮮な味わい。

3.富久錦 FU 純米酒 (日本酒度:-60)
口に含んだ瞬間に果物のような甘さを感じる。それでいて爽やかに切れる酸味があり、軽くて自然な飲み口。

さすがに-60となると甘さを感じるようですね。こんな風に日本酒度を参考にしながら選ぶのも、日本酒のたのしみ方のひとつといえるでしょう。

関連情報

What's New! 新着情報

大人の基礎知識

  • ビールの基礎知識
  • 日本酒の基礎知識
  • ワインの基礎知識
  • ウイスキーの基礎知識
  • 焼酎の基礎知識
  • カクテルの基礎知識