ウイスキーの「バーボン」の魅力。他のお酒との違いとは?

ウイスキーの「バーボン」の魅力。他のお酒との違いとは?
出典 : f11photo/Shutterstock.com

ウイスキーと聞いてどんな銘柄を想像しますか?「山崎」「余市」「マッカラン」「バランタイン」などなど。ちなみに、違うジャンルのお酒と思っている人も少なくないようですが、バーボンもウイスキーの一種です。大半が大麦を主原料にするのに対して、バーボンはトウモロコシが主原料。今回は、この「バーボン」の魅力を紐解いていきましょう。

  • 更新日:

バーボンとはどんなウイスキー?

バーボンとはどんなウイスキー?

bogdanhoda/ Shutterstock.com

バーボンウイスキーとは、アメリカのケンタッキー州バーボン郡で生まれたウイスキーのこと。アメリカの法律では「原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含み、80度以下で蒸溜し、さらに内側を焦がしたホワイトオークの新樽で、アルコール度数62.5度以下で熟成したもの」という定義が定められています。

連続式蒸留機を使って蒸留されるバーボンは、赤みがかった色味と力強い味わいが特徴。一般的にスコッチウイスキーやアイリッシュウイスキーに比べてクセがなく、初心者にも比較的飲みやすい銘柄が多いウイスキーとして親しまれています。日本でよく知られている「ジムビーム」や「フォアローゼズ」、「ワイルドターキー」なども、このバーボンに分類されるウイスキーです。

バーボンの香りを左右するバーボン樽とは

バーボンの香りを左右するバーボン樽とは

Kelly vanDellen/ Shutterstock.com

バーボンを熟成させるために使うバーボン樽は、おもに北米産のホワイトオークでつくられています。前述のように内側を焦がして使うため、バニラやカラメルのような力強く香ばしい樽の香りを生み出すことができるのが魅力。また、シェリー樽と比べると、ウイスキーの色合いも薄い金色に仕上がります。

ちなみに、バーボンは新樽で熟成させることが定められているため、バーボンに1度使われた樽が多く流通しています。このため、かつてはシェリー樽が主流だったウイスキー熟成の主流は、しだいにこのバーボン樽に移行するようになりました。

バーボンの基本と飲み方

バーボンの基本と飲み方

Marian Weyo/ Shutterstock.com

バーボンのたのしみ方は、基本的にスコッチウイスキーと変わりませんが、バーボン本来の甘みと香ばしさを味わうなら、やはりストレートで。チェイサーをお供に、少量ずつをじっくりいただきたいものです。また、オンザロックも、ウイスキーの味わいを引き立てる飲み方のひとつ。バーボン独特のバニラのような香りを存分にたのしむことができます。ウイスキーの個性によって、合う飲み方を見つけるのもいいですね。

また最近では、炭酸で割ってハイボールにしたり、フルーツジュールで割って飲んだりなどのたのしみ方もあります。こういった飲み方であれば、ウイスキー初心者でも親しみやすいのではないでしょうか?

焦がした樽で熟成されたバーボンは、独特の甘みと複雑な香りが魅力のウイスキーです。ぜひスコッチウイスキーと飲みくらべて、その違いをたのしんでください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識