アウトドア・キャンプに映えるお酒、アウトドアウイスキーTINCUP(ティンカップ)が日本デビュー!

アウトドア・キャンプに映えるお酒、アウトドアウイスキーTINCUP(ティンカップ)が日本デビュー!

アウトドア、バーベキューやキャンプ、ソロキャンプをたのしむ方々が年々増えています。日常から解放された自然の中での食事は心も身体も癒されますよね。今回はアウトドアシーンにぴったりなアメリカンウイスキー「TINCUP」(ティンカップ)が日本で発売されたので、詳しくご紹介します。

  • 更新日:

アメリカンウイスキー「TINCUP」(ティンカップ)の名前の由来

アメリカンウイスキーTINCUPティンカップの名前の由来となるロッキー山脈の西側の街

「TINCUP」(ティンカップ)は、北アメリカ大陸にあるロッキー山脈の西側に位置する、古い鉱山があった街の名前です。

当時、その鉱山で働いていた鉱夫たちは、ウイスキーを金属(TIN/ティン)のカップで飲んでいたため、街の名前が「TINCUP」(ティンカップ)と名付けられたそう。

「TINCUP」(ティンカップ)というウイスキーの名前や、ボトル1本1本に金属のカップが付いている製品の仕様は、いずれもこれらのストーリーがルーツになっています。

TINCUPティンカップに付属の金属ボトルで乾杯

ティンカップのボトル1本に1個ついている金属カップで乾杯

「TINCUP」(ティンカップ)ウイスキーが造られるところ

ティンカップウイスキーの産みの親のジェシー・グラバー氏

ティンカップウイスキーの産みの親のジェシー・グラバー氏

上質なウイスキー造りを目指し、ジェシー・グラバーが2004年に立ち上げたTINCUP(ティンカップ)は、コロラド州デンバーの標高約5,251フィート(約1,600メートル)の高地でボトリングされています。

ティンカップウイスキーのボドリングに使用されているコロラドの大自然に覆われた世界一素晴らしい水源

Galyna Andrushko/ Shutterstock.com

TINCUPウイスキーは、コロラドの大自然に覆われた「世界一素晴らしい水源」と自負するロッキー山脈の水源をボトリングに使用。

「ティンカップ」は少量生産ながら品質にこだわったウイスキーを造り続けています。

アウトドアシーンに溶け込むアメリカンウイスキー

アウトドアシーンに溶け込むアメリカンウイスキーのティンカップ

TINCUP(ティンカップ)の製品の特徴

アメリカンウイスキーのティンカップは、2つの性格の異なるウイスキーをブレンドして造られています。

バーボンを熟成させるためのホワイトオーク樽の火入れ

Brymer/ Shutterstock.com

ひとつは、インディアナ州で蒸溜されたバーボンウイスキーです。

バーボンを熟成させるためのホワイトオーク樽は新樽を使用し、時間にして35秒の間、強めの火入れをして樽の内側を焦がすことで、バーボンにスパイシーな味わいと、より深い色とバニラのニュアンス、キャラメルの香りをもたらしています。このバーボンは約4年間樽熟成させています。

ふたつめは、コロラド州デンバーで造られたシングルモルトウイスキーです。

この2種類の性格の異なるウイスキーをブレンドして、TINCUP(ティンカップ)ならではの個性が造られているのです。

アウトドアで大活躍するウイスキー

アウトドアで大活躍するウイスキーティンカップ

Rawpixel.com/ Shutterstock.com

TINCUP(ティンカップ)は、アウトドアで、飲みたい時にすぐに飲んでたのしめるように、金属製のカップがボトルの口の部分にかぶさった状態で販売しています。

また、六角形の特徴的な美しいボトルは、転がり防止にもなる実用的な設計です。

ティンカップと金属製のカップ

ボトルに刻まれた3つの情報

六角形のボトルの6つの側面には、TINCUPの文字が3ヶ所と残りの3ヶ所にはTINCUPにまつわる情報が直接刻み込まれています。

‘CUT WITH ROCKY MOUNTAIN WATER’
‘JESS GRABER ―FOUNDER―’
‘ELEVATION 5,251’


この記事を読んでいただければ、ボトルに刻まれたこの3つの情報でうんちくが語れますね。

TINCUP(ティンカップ)ウイスキーの味わいは

グラスに注がれたティンカップのストレート

TINCUP(ティンカップ)の色合いは、てり感のある美しいキャラメル色。ストレートをグラスに注げば香りはフレッシュで力強さを感じ、さらにはシトラス、紅茶、黒コショウのニュアンスの香りも感じられます。

味わいはスパイスの効いたフルーツとバニラ。
すっきりとした後味でハイボールにも最適です。

家飲みでも活躍するティンカップ

癖もなく飲みやすいので家飲みでも気軽にたのしめます

2022年11月から数量限定で「手ぬぐい」がもらえるキャンぺーンを展開

ティンカップの手ぬぐい

ロッキー山脈を描いた手ぬぐいデザイン

2022年11月14日以降、アウトドアシーンで使えるTINCUP(ティンカップ)オリジナル手ぬぐいが、1本に1個ついてきます。
(サイズは約W900×H370㎜)
数量限定だそうですので、見つけたら手に入れたいですね。
*キャンペーン実施前の製品も販売している可能性もありますのでご注意ください。

アウトドアで活躍するティンカップ

アウトドアだと気分も高揚して、ついつい解放的になりますよね。
お酒も進んでしまうかもしれませんが、TINCUP(ティンカップ)ウイスキーは、アルコール度数が42%あるので、炭酸水や水で割って飲むとか、水を飲みながら飲むようにして、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

アメリカンウイスキー「TINCUP(ティンカップ)」公式SNSが表現する「TINCUP(ティンカップ)」の世界観

アメリカンウイスキーティンカップの世界観

この記事の画像も「TINCUP(ティンカップ)」のインスタグラムやFacebookの画像を多くお借りしました。

気になった方は、インスタグラムやフェイスブックをフォローしてみてくださいね。

■アメリカンウイスキー「TINCUP(ティンカップ)」の公式インスタグラムはこちらから

@tincupwhiskey_jp

■アメリカンウイスキー「TINCUP(ティンカップ)」の公式Facebookはこちらから

ティンカップ/TINCUP Whiskey

「TINCUP(ティンカップ)」は、ネットショップでも購入可能です

アメリカンウイスキーTINCUPティンカップのポスター

2022年11月現在、「楽天サイトm-マルシェ」では送料無料で購入できます。
お求めは、下記のリンク先からどうぞ。

▼アメリカンウイスキー「TINCUP(ティンカップ)」

【製品概要】

■商品名:アメリカンウイスキー「TINCUP(ティンカップ)」

アメリカンウイスキーTINCUP(ティンカップ)

・原材料名:とうもろこし、ライ麦、モルト
・アルコール分:42%
・種別:ウイスキー
・原産国:アメリカ
・容量:750ml、375ml
・希望小売価格:750ml 4,000円(税抜)
         375ml  2,500円(税抜)

*商品価格は記事執筆時のものとなります。ご購入の際には価格が異なる場合がありますのでご注意ください。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事