アメリカンウイスキーの代名詞「バーボン」、その特徴や魅力、味わい方までを大解剖

アメリカンウイスキーの代名詞「バーボン」、その特徴や魅力、味わい方までを大解剖
出典 : WalyK/ Shutterstock.com

バーボンはアメリカンウイスキーの代名詞ともいうべきお酒。独特の味わいはもちろん、映画やヒット曲などに描かれるクールなイメージに惹かれる人も少なくないようです。今回は、バーボンの定義や特徴、ほかのウイスキーとの違いなどに焦点を当て、魅力を深掘りしていきます。

  • 更新日:

目次

  • バーボンとは? その定義と誕生秘話
  • バーボンとほかのアメリカンウイスキーの違いを知ろう
  • バーボンの特徴をスコッチとの違いから確認
  • バーボンの種類と味わい
  • バーボンのおもな銘柄とたのしみ方

バーボンとは? その定義と誕生秘話

バーボンとは? その定義と誕生秘話

Alex_Bond/ Shutterstock.com

バーボンの定義

バーボンは、アメリカを代表するウイスキー。名作映画や文学作品、ヒットソングにもたびたび登場し、世界的な知名度を誇っていますが、「バーボンとは?」という問いに正確に答えられる人はあまりいないかもしれません。

まずは、連邦アルコール法に定められた、バーボンを名乗るためのおもな条件から見ていきましょう。

1. アメリカ国内で製造
2. 原料の穀物のうちトウモロコシを51%以上使用
3. アルコール度数80度以下で蒸溜
4. アルコール度数62.5度以下で熟成
5. 内側を焦がしたホワイトオークの新樽で熟成
6. アルコール度数40度以上で瓶詰め

バーボンは発祥地であるケンタッキー州産というイメージがありますが、同州で造られるのは全体の9割程度。ほかの州で生産されても、上記の条件さえ満たしていればバーボンを名乗ることができます。

バーボンの起源

バーボンの起源は明らかになっていませんが、アメリカ合衆国の独立から間もない1789年、「バーボンの父」の名で知られるバプテスト派の聖職者エライジャ・クレイグが建てた蒸溜所で、偶然の産物として生まれたのが始まりといわれています。クレイグ牧師は蒸溜したウイスキーを内側が焦げた樽に入れたまま忘れてしまい、数年後に開けてみると、赤味を帯びた香り高いウイスキーが完成していたのだとか。

ケンタッキー州にバーボン文化が定着した背景

1970年代、イギリスからの独立戦争で膨れ上がった負債を減らすべく、アメリカ政府がウイスキー税を導入します。すると、これに反対する農民らの間で暴動が巻き起こります。一方、ウイスキー生産者たちはこの税から逃れるように、当時まだ合衆国の領土ではなかったケンタッキー州へ移住。この地の特産物であるトウモロコシを主原料にウイスキー造りを開始し、ケンタッキー州にバーボン文化を定着させたといわれています。

アメリカのウイスキー通をうならせてきたバーボンの歴史とは?

バーボンの語源

バーボンという名は、バーボンの生誕地であるケンタッキー州バーボン郡にちなんでつけられたといわれています。

バーボン郡の語源は、フランス王家の名で知られる「ブルボン(Bourbon)」。アメリカ独立戦争時にフランスがアメリカ側についたことから、のちに第3代アメリカ合衆国大統領となるトーマス・ジェファーソンが、感謝の意を込めてバーボン(Bourbon)郡と名づけたといわれています。

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事