大分県の日本酒の特色

大分県の日本酒の特色

大分の日本酒は、すっきりとした飲み口と米の甘さが感じられる淡麗甘口が大きな特徴。八鹿(やつしか)、西の関(せき)、豊潤(ほうじゅん)、山水(さんすい)、鷹来屋(たかきや)など、温暖な気候で育った良質な米と、温泉県ならではの名水を活かした大分県の日本酒の特徴、人気の日本酒銘柄を紹介します。

  • 更新日:

大分県の日本酒の特色

大分は、面積の70%を山林が占めていますが、九州でも有数の米の産地です。昼夜の寒暖差と豊富な水資源や、標高差に合わせた米作りが日本酒作りを支えています。
そんな大分の日本酒は、すっきりとした飲み口と米の甘さが感じられる淡麗甘口が大きな特徴です。

「八鹿(やつしか)」:八鹿酒造 時代のニーズを捉えた淡麗辛口の味わいの酒【大分の日本酒】

「西の関(せき)」:萱島酒造 旨味にこだわる国東の地酒【大分の日本酒】

「豊潤(ほうじゅん)」:小松酒造場 復活した蔵元の米にこだわって醸される食中酒【大分の日本酒】

「山水(さんすい)」:老松酒造 水の郷・日田で生まれたブランド酒【大分の日本酒】

「鷹来屋(たかきや)」:浜嶋酒造 情熱と愛情で醸す手造りの旨い酒【大分の日本酒】

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識