静岡のビール【ベアードビール】 世界一美しいブルワリーをめざして

静岡のビール【ベアードビール】 世界一美しいブルワリーをめざして
出典 : 合資会社ベアード・ブルーイングサイト

「ベアードビール」は、世界一美しいブルワリーをめざす醸造所「ベアード・ブルワリーガーデン修善寺」で育まれる地ビールブランド。ここでは、ビール好きの間で「クラフトビールの聖地」とも呼ばれるブルワリーの魅力と、そこで造られるビールの個性に迫ります。

  • 更新日:

「ベアードビール」のモットーは“Celebrating Beer”

合資会社ベアード・ブルーイングサイト

アメリカから来たブライアン氏が日本で醸造家になった理由

「ベアードビール」を造るのは、静岡県沼津市の地ビールメーカー、ベアード・ブルーイング。アメリカから来日し、英語教師を務めていたブライアン・ベアード氏とその妻さゆり氏が設立した家族経営の合資会社です。

ベアード・ブルーイングの創業は2000年(平成12年)ですが、ベアード夫妻が夢の実現に向け動き始めたのは1997年(平成9年)のことでした。二人はこの年、ビール醸造を学ぶべく、東京からクラフトビールブームの発祥地・カリフォルニアへ。本場の技術を修得して沼津へ移ると、「ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケット」をオープンし、翌2001年には醸造免許を取得して、日本で一番小さな醸造所で地ビール造りを始めました。

当初は容量わずか30リットルのタンクからのスタートでしたが、250リットル、1,000リットルと着実に生産量を増やしていき、2008年には念願のアメリカへの輸出を達成。その後も規模を拡大し続け、2014年にはブルワリーの未来にふさわしい修善寺の地に、農園型の醸造所を新設しました。ベアード夫妻の愛情あふれるビール造りにより、今やクラフトビール好きなら知らない人はいないというほどの人気ブルワリーとなっています。

情熱のビール醸造家、ブライアン氏は、ビール造りの地として日本を選んだ理由に「繊細な日本の食文化」を挙げています。海外では理解されにくい繊細な味わいを表現したクラフトビールでも、日本には四季に根づいた食文化があるので、日本人の舌には受け入れられるはず。そう感じて、日本でビール職人として生きていくことを決意したといいます。

日本は職人気質やおもてなしの心を大切にする国。日本特有のこうした文化は、今やベアードビールのDNAに欠かせない構成要素のひとつになっているようです。

クラフトビールのたのしみを一人ひとりに伝えることから

「ベアードビール」は、本場仕込みの技術と独自の醸造哲学、新しい発想の融合から生まれたこだわりの地ビールブランド。

「ベアードビールとは、突き詰めると香りと風味・フレーバーを経験することである」。この言葉に、造り手の深い信念が感じられます。モルトやホップ、酵母といった原材料に対するこだわりも強く、最小限の加工から、最大限の個性を引き出すことに心血を注いでいるといいます。

規模を拡大しても量産はせず、目が届く規模のブルワリーで情熱を持ってていねいに造り上げることで、飲み手の一人ひとりにベアードビールのたのしみを伝えられたら。ベアードビールにはそんな想いが込められています。

目指すのは「バランス+複雑さ=個性」

「ベアードビール」の魅力は、なんといってもその個性にあります。それぞれの銘柄が持つ個性あふれる味わいの秘密は、バランスと複雑さの相互関係を表す「バランス+複雑さ=個性」の基本公式。原材料の絶妙なバランスと素材の複雑かつ奥深い魅力から、ほかでは味わえない個性が生まれるそう。

風味のないビールを造るよりも、個性に満ちあふれたビール造りに情熱のすべてを注ぎたい。万人向けではなく、ベアードビールの個性をたのしんでくれる人のために、妥協のないビール造りを続けたい。ベアードビールの個性には、こうした造り手の熱い想いによって実現しています。

「Celebrating Beer(ビールを祝福する)」

ビールを造る喜びを日々感じているというベアード夫妻のモットーは、「Celebrating Beer(ビールを祝福する)」。「人生のさまざまなシーンでビールをたのしむことにより、“その時”がいっそう豊かで実り多いものになる」と語るブライアン氏が造り出すビールは、まさに「ビールがある生活の喜び」にあふれています。

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

ビールの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事