1パイントってどのくらい? ビールの単位あれこれ

1パイントってどのくらい? ビールの単位あれこれ

  • 更新日:

1パイントはどのくらい飲んだの?

ビールを専門店などでオーダーするときに、メニューでよく見かける「パイント」という単位。1パイントやハーフパイントと書かれていますが、どのくらいの容量なのか知っていますか?

パイントとは、アメリカやイギリスを中心に使用されているヤード・ポンド法における体積の単位です。ほかのヤード・ポンド法と同様、1パイントはアメリカとイギリスでは異なる値になっています。アメリカのUSパイントは473ミリリットル、イギリスのUKパイントは568ミリリットルです。1パイントの容量で作られたグラスはパイントグラスと呼ばれています。

USパイントグラスで1パイントのビールをオーダーした場合、缶ビール(350ミリリットル)より多く、中瓶(500ミリリットル)より少ないくらい、いと覚えておきましょう。クラフトビールを扱うお店では、パイント、ハーフパイントが選べる場合が多いので、ザックリとでも1パイントの容量を知ってて損はないですね。

ビール瓶の容量が半端な理由

なみに、ビール瓶の容量はどのくらいか知っていますか? 大瓶633ミリリットル、中瓶500ミリリットル、小瓶334ミリリットルです。中瓶以外は、なんだか中途半端な容量ですよね。これは、酒税法が制定されたことに関係があります。

1940年に酒税法が制定され、それまでビールに課せられていたビール税(ビールの生産量に応じて課税される税金)と物品税(物品の出荷される数量に応じて課税される税金)がビール税に一本化されました。その際各ビールメーカーのビール瓶の容量を調査したところ、各メーカーで容量がバラバラなことがわかりました。一番大きな容量の瓶が3.57合(643.9922ミリリットル)、一番少ない容量の瓶が3.51合(633.168ミリリットル)だったそうです。そこで、1944年に一番少ない容量の瓶にあわせれば、そのほかの容量の瓶も使うことができることから3.51合、633ミリリットルに定められました。

同じ理由で、小瓶も334ミリリットルに定められています。中瓶は後から追加されたため、切りのよい数字になったそうです。

小さなグラスに瓶ビールをついで飲んでいると、知らず知らずに量が多くなってしまうことがありますが、それぞれの瓶の容量を考えて自分の適量でたのしみましょう。

Africa Studio/shutterstock.com

関連情報