ベンチャーウイスキーが世界中のファンを魅了する理由とは?

ベンチャーウイスキーが世界中のファンを魅了する理由とは?
出典 : 株式会社ベンチャーウイスキーフェイスブック

ベンチャーウイスキーは、埼玉県秩父市に拠点を置き、肥土伊知郎(あくといちろう)氏が率いるウイスキー専業メーカーです。少量生産の強みを活かし、「イチローズモルト」を筆頭に世界中から絶賛されるボトルを次々とリリースし、熱狂的ファンの多いベンチャーウイスキーの魅力に迫ります。

  • 更新日:

ベンチャーウイスキーは世界が熱視線を送る人気の蒸溜所

株式会社ベンチャーウイスキーフェイスブック

ベンチャーウイスキー設立の背景

株式会社ベンチャーウイスキーは、肥土伊知郎(あくといちろう)氏が2004年に埼玉県秩父市で創業したウイスキー専業メーカーです。創業のきっかけは、江戸時代から続く家業の造り酒屋(東亜酒造)が他社に譲渡される際、廃棄寸前となった約400樽のウイスキー原酒を守るためでした。

肥土氏は、樽の引き受け先の企業探しに奔走し、福島県の笹の川酒造の協力を取りつけます。そうして創業の翌年、20年近くも熟成された原酒を使用した初代「イチローズモルト」の販売を実現させました。

当時は無名の銘柄でしたが、地道な営業と個性的な味わいにより「イチローズモルト」の評判は口コミで広まり、世界のウイスキーファンを熱狂させるブランドへと成長していったのです。

世界が注目する秩父蒸溜所とは?

2007年に設立、2008年に蒸溜免許を取得したベンチャーウイスキーがつくった秩父蒸溜所は、日本のクラフトウイスキーブームの先駆けとなった蒸溜所です。

埼玉県西部に位置する秩父市は、森林と良質な天然水に恵まれた自然豊かな環境です。夏と冬では大きな寒暖差があり、「イチローズモルト」にほどよい熟成感をもたらすといいます。

ベンチャーウイスキーではこの秩父の地で、秩父産大麦を原料にした製品造りや秩父の木材を使用した貯蔵樽の導入を検討しながら、「30年ものの秩父産ウイスキー」を飲む日をめざし、秩父ならではのウイスキー造りに励んできました。

2019年10月には、秩父蒸溜所から車で数分の場所に新設した秩父第二蒸溜所が稼働を開始。ベンチャーウイスキーは、数多のニーズに応えるべく、生産能力を増強して新たなステップへと踏み出しています。

肥土伊知郎氏の経歴

ベンチャーウイスキーの創業者である肥土伊知郎氏は、世界に名だたるウイスキー醸造家として有名ですが、はじめからウイスキー造りに携わっていたわけではありません。

肥土氏は、東京農業大学で醸造学を学んだのちに、サントリー社で営業などを経験し、家業の東亜酒造を継承。経営悪化に伴い東亜酒造は他社の手に渡りますが、埼玉県羽生市の羽生蒸溜所で祖父の代から大切に育んできた原酒に魅力を感じてベンチャーウイスキーを立ち上げ、ウイスキー造りをスタートさせました。

日本のウイスキー需要が低迷するなかでの決断でしたが、このときの肥土氏の熱意により貴重な原酒は失われることなく、ベンチャーウイスキーの製品として脚光を浴びることとなったのです。秩父発のクラフトウイスキーは世界の称賛を集め、肥土氏自身もウイスキー醸造家として高い名声を獲得しました。

なお、肥土氏は、2019年に世界的な酒類品評会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)」にて、1年でもっとも活躍したブレンダーとして「マスター・ブレンダー・オブ・ザ・イヤー」に選出されています。

ベンチャーウイスキーを代表する「イチローズモルト」の魅力

株式会社ベンチャーウイスキーフェイスブック

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事