焼酎の本場、鹿児島生まれの「黒千代香(くろじょか)」って知ってる?

焼酎の本場、鹿児島生まれの「黒千代香(くろじょか)」って知ってる?
出典 : Chiristsumo/ Shutterstock.com

焼酎はストレートやロックなど幅広い飲み方でたのしまれていますが、焼酎の風味がいっそう引き立つツウ好みの飲み方は燗酒。焼酎文化が根づく鹿児島では、古くから焼酎のお燗用の酒器が使われてきました。今回は「黒千代香」と呼ばれる鹿児島伝統酒器の魅力を紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 焼酎ツウならこだわりたい!「黒千代香」の正体とは?
  • 陶器製の「黒千代香」ってどうやって使うの?
  • 「黒千代香」を使って焼酎の燗酒をたのしもう

焼酎ツウならこだわりたい!「黒千代香」の正体とは?

焼酎ツウならこだわりたい!「黒千代香」の正体とは?

EQRoy/ Shutterstock.com

「黒千代香」とは鹿児島県の伝統的な酒器

「黒千代香」は焼酎の本場・鹿児島で伝統的に使われてきた焼酎の燗酒用の酒器です。「黒千代香」は「くろじょか」と読み、「黒ぢょか」「黒じょか」と表記されることもあります。「黒千代香」は、平べったいボディーに蔓(つる)を巻きつけた持ち手で、注水用の口に小さめの蓋がついているのが特徴で、漆黒の色合いが目を引きます。直火にかけられる燗酒用の酒器ですが、近年では焼酎を温める用途以外にも、お酒の雰囲気をたのしむための酒器としても注目を集めています。

ちなみに鹿児島の方言で土瓶のことを「ちょか」といいます。かつては、陶磁器製の土瓶のほか、急須や鉄瓶なども「ちょか」と呼ばれていたようです。

「黒千代香」は鹿児島の伝統工芸「黒薩摩」から生まれた

鹿児島には「薩摩焼(さつまやき)」という伝統工芸品があり、薩摩焼の「黒千代香」はとても人気があります。

400年以上の歴史を誇る「薩摩焼」は、陶工たちが磨き高めてきた匠の技を集結した焼き物で、陶器と磁器が造られています。なかでも陶器製品は「白薩摩(白もん)」と「黒薩摩(黒もん)」の2種類あり、繊細かつ優美な姿が特徴の「白薩摩」は藩主への献上品として、野趣あふれる重厚な面持ちの「黒薩摩」は大衆の日用雑器として発展してきたといわれています。

漆黒の光沢を放つ「黒千代香」は、鉄分を多く含んだ火山性の土で作られる「黒薩摩」から生まれた酒器。焼酎を入れて温めると遠赤外線効果で角がとれて、まろやかな口当たりに変化するといわれています。また、使い込むほどにまろやかな燗酒を作れるようになり、酒器自体にも深い味わいが生まれるといわれていて、多くの焼酎ファンに重宝されています。

「黒千代香」の名づけ親は有山長太郎氏

「黒ぢょか(黒じょか)」は、江戸時代から使われてきたといわれていますが、「黒千代香」という名前の歴史は、鹿児島市谷山にある黒薩摩の名窯(めいよう)、「長太郎焼本窯」から始まりました。初代・有山長太郎氏は、錦江湾に桜島のシルエットが浮かぶ様子にヒントを得て、そろばん玉のような鋭角な胴体の酒器を考案。これに「焼酎が千代に香る」という意味を込めて、「黒千代香」と名づけたといわれています。

ちなみに、「黒千代香」と名付けられる前は、有山氏の「黒千代香」と比べて胴体の長い形状のものが多かったようです。

陶器製の「黒千代香」ってどうやって使うの?

陶器製の「黒千代香」ってどうやって使うの?

funny face/ Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事