古い日本酒は飲めるの? おいしく飲める目安や劣化したお酒の活用法を紹介

古い日本酒は飲めるの? おいしく飲める目安や劣化したお酒の活用法を紹介
出典 : Michaela Warthen / Shutterstock.com

古くなった日本酒はいつまで飲めるのでしょうか? 一般的に長期保存が可能な日本酒には賞味期限が設けられていませんが、おいしく飲むための目安や適切な保存の仕方があります。今回は、日本酒をおいしく飲める期間や保存方法、古い日本酒の活用方法などを紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 日本酒に賞味期限はない?
  • 古い日本酒は飲めるのか?
  • 古い日本酒を有効活用する方法

日本酒に賞味期限はない?

日本酒に賞味期限はない?

beeboys/ Shutterstock.com

日本酒には賞味期限ではなく製造年月が記載される

日本酒のラベルには、賞味期限の記載がありません。アルコールを含んでいる日本酒は長期間の保存が可能なため、食品衛生法による賞味期限の表示義務がないのです。その一方で、酒税法により「製造年月」をラベルに明記することが義務づけられています。

なお、ここでいう「製造年月」とは、日本酒を瓶や紙パックなどの容器に詰めた年月のことで、醪を搾った年月のことではありません。そのため、同じ時期に醪を搾ったお酒でも、熟成期間によって表示される製造年月が異なる場合があります。

古い日本酒は味わいや香りが変化する

日本酒に賞味期限はないものの、いつまでも味わいや香りが変わらないわけではありません。おいしく味わえる「飲みごろ」は存在するため、できるだけ正しく保管し、適切な時期にたのしみたいものです。

たとえば、直射日光に当たる場所や高温の環境、温度変化の激しい場所に放置したりすると、日本酒の色味や味わい、香りに以下のような変化が生じてきます。

◇色味
糖とアミノ酸によるメイラード反応により透明から徐々に黄色味を帯び、さらに進むと褐色へと変わっていきます。
◇香り
とくに保存時の温度が高かった場合などに生じるポリスルフィドにより、老香(ひねか)と呼ばれる劣化臭が生じてきます。
◇味わい
通常よりも酸味が強まるなど、本来の味わいから変化していきます。

とはいえ基本的には、アルコールの殺菌作用により日本酒は腐敗しにくいため、古くなった日本酒を飲んで健康を害することはあまりないといわれています。色味がやや黄色がかっているくらいなら、少量を試して香りや味わいに問題なければ、そのまま飲むのもよいでしょう。

ただし、酸っぱい匂いが強いものや、最初は澄んでいて透明に近かったのに液体が白く濁ってしまったもの、沈殿物が多くみられるように変化したものなど、劣化が進んでいると思われる場合は、無理に飲まず、処分するか別の用途に活用するほうが無難でしょう。

日本酒に賞味期限はあるの? 今さら聞けない基礎知識

白濁している日本酒は「火落ち」の可能性も

日本酒が劣化する要因のひとつとして、「火落ち」という現象があります。通常、アルコール度数の高い日本酒のなかでは腐敗の原因となる菌は存在できません。しかし、「火落菌」という乳酸菌はアルコール耐性が強く、繁殖して日本酒を劣化させることがあります。

「火落ち」が生じた日本酒は白く濁り、鼻にツンとくる特徴的な強い匂いを発するため、健康にはとくに問題がなくても飲用にはあまり適していません。

ただし、お酒が白濁していても、「火落ち」ではなくお酒に含まれる酵素タンパクが固まった「タンパク混濁(白ボケ)」の場合もあります。この場合は味や香りに大きな変化はなく、温めると消えるのが特徴です。基本的に飲んでも問題ありません。

日本酒が白濁している場合は香りなどから、火落ちしているかどうか判断します。迷った場合は購入したお酒屋さんや専門家に相談してみるほうが安心ですね。

古い日本酒は飲めるのか?

古い日本酒は飲めるのか?

Sugar Lime studio/ Shutterstock.com

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事