村上春樹氏のエッセイを片手に、アイラ島とアイルランド島のウイスキーをたのしもう

村上春樹氏のエッセイを片手に、アイラ島とアイルランド島のウイスキーをたのしもう
出典 : maeching chaiwongwatthana/ Shutterstock.com

村上春樹氏著『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』は、ウイスキーが無性に飲みたくなる旅エッセイとして有名です。今回は、村上氏がスコットランドのアイラ島で訪ねた2つの蒸溜所とアイルランドのパブで触れた2銘柄に注目して、それぞれの特徴を紹介します。

  • 更新日:

目次

  • 村上春樹氏のウイスキーを題材にしたエッセイとは?
  • 村上春樹氏が見学したアイラ島のウイスキー蒸溜所と銘柄
  • 村上春樹氏が旅で触れたアイリッシュウイスキーの銘柄

村上春樹氏のウイスキーを題材にしたエッセイとは?

Alexey Lysenko/ Shutterstock.com

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』の概要

村上春樹氏の著書『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』は、1999年に平凡社から出版されたエッセイで、現在は新潮文庫で読むことができます。


エッセイで綴られているのは、ウイスキーの生産地として名高いスコットランドのアイラ島とアイルランドを巡った旅の記憶で、美しい写真とともに、それぞれの地に根づくウイスキー文化を垣間見ることができます。

この本を手に取れば、村上氏の目線で語られるウイスキーの魅力に引き込まれ、読み進めるごとにウイスキーが飲みたくなるでしょう。

スコッチウイスキーとアイリッシュウイスキーについて

スコットランドとアイルランドは、「どちらがウイスキーの発祥地か」と議論が巻き起こるほど、ウイスキーの歴史が深い地域です。ここでは、それぞれで生産されているウイスキーの特徴をおさらいしておきましょう。

【スコッチウイスキー】
スコットランドで生産されるウイスキーを総称して「スコッチウイスキー」といいます。スペイサイドやハイランドなど、おもに6地域で造られていますが、なかでも「スコッチの聖地」と称されるアイラ島のシングルモルトは個性が強く、世界中のウイスキーファンに愛されています。

【アイリッシュウイスキー】
アイルランド共和国と英国領北アイルランドで生産されるウイスキーを総称して「アイリッシュウイスキー」といいます。2020年時点で5つの大手蒸溜所が稼働していますが、ほかにも新興の蒸溜所が増加中です。スコッチと比べると、日本ではあまり馴染みのない人が多いかもしれませんが、その味わいが見直され、近年再び注目を集めています。

村上春樹氏が見学したアイラ島のウイスキー蒸溜所と銘柄

Martin M303/ Shutterstock.com

村上春樹氏が訪れたボウモア蒸溜所とスコッチウイスキー「ボウモア」の特徴

アイラ島の中心部に位置するボウモア蒸溜所は、スコットランドで最古級の歴史を誇るウイスキー蒸溜所です。ボウモア蒸溜所では、手間のかかるフロアモルティングで発芽させた大麦麦芽を、キルン塔でピート(泥炭)を焚いて乾燥させ、採取した麦汁を木桶の発酵槽で発酵させるなど、熟練の職人の手による伝統的なウイスキー造りが続けられています。

海辺の熟成庫で熟成される「ボウモア」は、スモーキーで潮の香りをたっぷりと感じられるのが特徴。「アイラ(アイラモルト)の女王」の名にふさわしい気品も感じられます。

アイラ島で暮らす「人」が、伝統を重んじて造り出す魅力あふれるウイスキーを、存分に味わってみてください。

「ボウモア(BOWMORE)」のスモーキーかつ優雅な香りを堪能しよう

おすすめ情報

関連情報

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事