辛口の日本酒がよくわかるようになる! 辛口の日本酒を徹底紹介

辛口の日本酒がよくわかるようになる! 辛口の日本酒を徹底紹介
出典 : Khun Ta/ Shutterstock.com

「辛口の日本酒」とよくいいますが、「辛口」とはどんな味なのか、どんな日本酒を指すのか、具体的に説明するのは難しいでしょう。ここでは「辛口」の基準をはじめ、「辛口」に合うおつまみや代表的な銘柄など、「辛口の日本酒」について幅広く紹介します。

  • 更新日:

日本酒の「辛口」ってズバリどんな日本酒なの?

日本酒の「辛口」ってズバリどんな日本酒なの?

kai keisuke/ Shutterstock.com

日本酒が辛口かどうかの目安になる「日本酒度」

日本酒が辛口か甘口かを分類するときの、ひとつの判断材料となるものに「日本酒度」があります。

日本酒度は、水に対する清酒の比重を「+3」や「-5」などとプラスとマイナスの数値で表すもので、プラスの数値が大きいほど「辛口」に、マイナスの数値が大きいほど「甘口」とみなされます。

なぜプラスが辛口でマイナスが甘口かというと、日本酒度計で清酒の比重を測るとき、水を±0として、日本酒に含まれる糖分などが少ない場合は、水よりも軽くて浮上するのでプラスに傾き、逆に多い場合は水よりも重くて沈むのでマイナスに傾くからです。

なお、辛口といわれる日本酒のなかでも、「日本酒度」が+6以上のものは「大辛口」、+10以上のものは「超辛口」と分類されています。

日本酒を辛口に感じるかは「酸度」がカギを握る

じつは、日本酒が辛口かどうかは、「日本酒度」だけでは決まりません。「酸度」も重要なカギを握っているのです。

「酸度」とは、製造過程で作られる、乳酸やコハク酸、リンゴ酸など有機酸の量を示す数値で、これらの酸は日本酒の味わいにキレをもたらす効果があるといわれています。

そのため、糖分量が多めでも「酸度」が高いと、甘味を抑えてスッキリとした印象になる傾向があります。一概にはいえませんが、人によっては、キレのよさを「辛口」に感じることもあるようです。

辛口の日本酒の味わいに影響するアミノ酸度と、辛口日本酒の分類

日本酒の味わいには、糖分や有機酸の量のほか、アミノ酸の量も大きく影響しています。

日本酒に含まれるアミノ酸は約20種類にもおよび、旨味やコクのもとになっています。アミノ酸の量は「アミノ酸度」という数値で表され、一般に、「アミノ酸度」が高いと濃醇に、「アミノ酸度」が低いと淡麗に感じやすいといわれています。ただし、アミノ酸量が多すぎると雑味が出やすい傾向にあるようです。

なお、辛口の日本酒を「淡麗辛口」と「濃醇辛口」に大別することもあります。一般的に「淡麗辛口」に分類される日本酒は、糖分と酸味が少なめでさっぱりした味わいに、「濃醇辛口」に分類される日本酒は、糖分と酸味が多めでコクやキレのある味わいに感じられるようです。

辛口の日本酒のたのしみ方

辛口の日本酒のたのしみ方

taa22/ Shutterstock.com

辛口の日本酒と地域性

同じ辛口の日本酒でも、「淡麗」「濃醇」といった辛口のタイプで味わいの印象はがらりと変わります。

「地酒」とも呼ばれる日本酒は、生産地の水や米、風土に根ざしたお酒で、生産される地域によって味わいに一定の傾向が出やすいといわれています。

【「淡麗辛口」の日本酒が多い地域】
「淡麗辛口」は新潟県や福井県に多く見られます。とくに新潟は「新潟淡麗」と称するほど、「淡麗辛口」の酒造りが盛んに行われています。新潟を代表する酒造好適米「五百万石」と軟水の雪解け水を使い、雑味のないキレイな酒質のお酒が生産されています。

【「濃醇辛口」の日本酒が多い地域】
「濃醇辛口」で知られるのは、灘五郷(なだごごう)を中心とした兵庫県の日本酒です。灘地域では酒米の王様「山田錦」と硬水、生酛(きもと)造りによる「旨辛口」の日本酒が多く造られていて、力強く飲みごたえのある味わいから「灘の男酒」とも呼ばれています。

辛口の日本酒に合わせたい酒のつまみ

辛口の日本酒に合う料理は、スッキリとした淡麗タイプか、コクのある濃醇タイプかで変わってきます。

一般的に、「淡麗辛口」の日本酒には、淡白な白身魚や魚介のお刺身、冷ややっこ、酢の物など、シンプルでさっぱりした味つけの料理やつまみが合います。

一方、「濃醇辛口」の日本酒には、濃い味つけの料理や油脂成分の多い料理でも受け止める力強さがあります。たとえば、魚の煮つけやフライドチキン、すきやき、筑前煮などが合います。

辛口の日本酒は、冷やして飲む? 燗で飲む?

辛口の日本酒のうち、「淡麗辛口」は比較的冷やして飲むのに向いています。夏の暑い時期にもさっぱりと飲めるのが魅力です。

一方、コクのある「濃醇辛口」の日本酒はそのまま飲んでもよいですが、糖分量の少ない大辛口タイプなどは、燗をつけて飲むのがおすすめです。日本酒の温度を上げることで味にふくらみが出て、やわらかな口当たりになります。日本酒の風味に円熟味が増した「秋あがり」などを、燗酒で味わうのもよいでしょう。

辛口の日本酒といえばコレ! 押さえておきたい代表的な銘柄

辛口の日本酒といえばコレ! 押さえておきたい代表的な銘柄

kai keisuke/ Shutterstock.com

透明感のある情景浮かぶ「淡麗辛口」の日本酒「雨後の月(うごのつき)」

「淡麗辛口」の日本酒でおすすめなのは、名前も風雅な「雨後の月 吟醸純米酒」です。

「雨後の月」を醸す相原酒造は、広島県内では西条市に並ぶ酒処、呉(くれ)市の蔵元で、「雨後の月」に代表されるような、澄み切った美しい酒質の日本酒を多く造っています。

「雨後の月 吟醸純米酒」は日本酒度+2.0、酸度1.4。雑味がなく、やさしい吟醸香と繊細でシャープな味わいがたのしめます。

製造元:相原酒造株式会社
公式サイトはこちら

広島の日本酒【雨後の月(うごのつき):相原酒造】ロマンチックな酒名にふさわしい美酒

力強い大地を思わせる濃醇辛口の日本酒「日置桜(ひおきざくら)」

「濃醇辛口」の日本酒でおすすめなのは、力強く「甘くない」味わいが特徴の「日置桜」です。

この日本酒を醸す山根酒造場は、鳥取市の西端にある青谷町にあります。明治20年に蔵を構えて以来、人や土、気候風土の特徴を日本酒の味わいに映し出すような酒造りを続けてきました。

「日置桜」の定番酒である純米酒は、日本酒度+13.0、酸度2.1。日本酒度だけ見ると超辛口の日本酒に分類されますが、蔵元は製造過程で辛味が加わるわけではないので、あえて「甘くない日本酒」と表現しています。

食中酒としても人気の「日置桜」は、コクとキレのあるふくよかな味わいが魅力。燗酒にすると、やわらかでふくらみのある風味を堪能できます。

製造元:有限会社山根酒造場
公式サイトはこちら

鳥取の日本酒【日置桜(ひおきざくら)】日を置くほどに佳くなる酒


奥深い辛口の日本酒。「日本酒度」などの数値上は同じ辛口に分類されるお酒でも、実際に飲んでみると銘柄によって味の感じ方が異なり、多様な個性が見えてくるはずです。蔵元のこだわりや産地の特徴が反映された、さまざまな辛口の日本酒を、飲み比べてみてはいかがでしょう。

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識

日本ビール検定(びあけん)情報

イベント情報

おすすめ情報

Ranking ランキング

おすすめの記事