ジンジャーエールにウイスキーが合うってほんと?

ジンジャーエールにウイスキーが合うってほんと?
出典 : Brent Hofacker/ Shutterstock.com

ジンジャーエールは、生姜の風味が香る炭酸入りの清涼飲料水です。キリッとした爽快感とコクのある味わいのジンジャーエールは、ウイスキーとの相性も抜群です。今回は、ジンジャーエールの種類や、ウイスキーのジンジャーエール割りの作り方などを紹介します。

  • 更新日:

ウイスキーとジンジャーエールは相性抜群!

ウイスキーとジンジャーエールは相性抜群!

Photoongraphy/ Shutterstock.com

そもそもジンジャーエールってどんな飲み物?

ウイスキーとジンジャーエールの関係に触れる前に、まずはジンジャーエールとはどんな飲み物なのかを確認しておきましょう。

ジンジャーエール(ginger ale)は、その名のとおり、生姜(ginger)の香りや味がする清涼飲料水です。19世紀に英国で飲まれていた「ジンジャービール」を参考にして生み出された飲み物といわれていますが、ジンジャーエールにアルコール分は含まれていません。

ジンジャーエールは、生姜のスパイシーな風味が人気で、「洗練された大人のための炭酸飲料」として世界中で親しまれています。ただ、ジンジャーエールに必ずしも生姜が含まれている必要はなく、生姜風味がついていれば「ジンジャー」と名乗ってもよいようです。

ウイスキーのジンジャーエール割りとは?

「ウイスキーのジンジャーエール割り」は、ウイスキーをジンジャーエールで割った爽やかな飲み物です。使用するジンジャーエールの種類によって、異なる味わいをたのしめるのも魅力のひとつ。

呼び方はお店や人によってさまざまで、「ウイスキージンジャー」や「ジンジャーハイボール(ジンジャーハイ)」と呼ぶこともあります。

とはいえ、バーなどで注文する際に、「ジンジャーハイボール」というのは控えたほうがよいかもしれません。日本では「ハイボール=ウイスキーのソーダ割り」を指すのが一般的なので、「ウイスキーのジンジャーエール割り」と伝えたほうが、誤解されにくいでしょう。

なお、「ハイボール」はそもそも、蒸溜酒をノンアルコール飲料で割ったカクテルの総称なので、本来は「ジンジャーハイボール」という呼び方も間違いではありません。

好みのジンジャーエールをウイスキーに合わせよう

好みのジンジャーエールをウイスキーに合わせよう

Baiterek Media/ Shutterstock.com

ジンジャーエールの「甘口」と「辛口」の違いって?

じつは、同じジンジャーエールといっても、メーカーや銘柄によって味わいが少しずつ異なります。ここでは「甘口」と「辛口」にわけて、特徴を見ていきましょう。

【甘口】

「ドライタイプ」と呼ばれる甘口のジンジャーエールは、刺激の弱いすっきりとした甘さが特徴です。生姜のピリッとした刺激はやや控えめで、マイルドな甘さが際立ちます。ウイスキー独特のクセが苦手な人や、ジンジャーエールの辛味が苦手な人は、甘口のジンジャーエールを使ってみるとよいでしょう。
なお、ビールなどで「ドライ」といえば辛口のことですが、ジンジャーエールでは甘口のことを指すので注意してください。

【辛口】

生姜のスパイシーさと辛味が前面に押し出されているのが、「ゴールデンタイプ」と呼ばれる辛口のジンジャーエールです。辛口タイプは甘味が少なく、お酒の味が糖分に左右されにくいため、ウイスキーらしさを損なわずにたのしみたいときにおすすめです。
なお、辛口ジンジャーエールのなかには、唐辛子やクローブなどのスパイスを使用しているものもあります。

国内で発売されているジンジャーエールの代表銘柄

国内で手に入りやすい「甘口」「辛口」の2銘柄を紹介します。

【カナダドライ(コカ・コーラ社)】

「アルコールの入っていないシャンパン」として開発された「カナダドライ」。生姜の刺激が少なく、すっきりとした甘さに仕上げられているカナダドライは、甘口のジンジャーエールに分類されます。
「ウイスキーの香りがちょっと苦手」という人は、カナダドライで割ってみるとよいでしょう。ペットボトルや瓶、缶など豊富なラインナップも魅力です。

製造元:日本コカ・コーラ株式会社
公式サイトはこちら

【ウィルキンソン(アサヒ飲料)】

刺激的なハイボールをたのしみたいという人には、アサヒ飲料が提供する「ウィルキンソン」がおすすめです。本格ジンジャーの力強い味わいが、ウイスキーの風味をより一層引き立てます。
のどにピリッとした辛さがくる辛口タイプのウィルキンソンは、バーや飲食店などで使用されることの多い銘柄です。辛口のドライビールが好きな人にもおすすめです。

製造元:アサヒ飲料
公式サイトはこちら

ウイスキー初心者にもおすすめのジンジャーエール割り

ウイスキー初心者にもおすすめのジンジャーエール割り

HS_PHOTOGRAPHY/ Shutterstock.com

ウイスキーのジンジャーエール割りの作り方

好みのタイプのジンジャーエールを見つけたら、さっそくウイスキーのジンジャーエール割りを作ってみましょう。

【用意するもの】

◇ウイスキー:適量
◇ジンジャーエール:ウイスキーの3~4倍量
◇氷:適量
◇タンブラーグラス
◇マドラー、もしくはバースプーン

【作り方の手順】

冷やしたグラスに氷を詰め、ウイスキーを適量注ぎます。その上から冷やしたジンジャーエールをゆっくりと注ぎ、マドラーやバースプーンなどで静かに混ぜれば完成です。

【作り方のポイント】

◇ウイスキーとジンジャーエールの比率を1対3~4程度にする
バーなどでもよく使われている1対3~4の比率は、ウイスキーが濃くなりすぎず、生姜の香りにウイスキーのフレーバーがかき消されることのない、黄金比といわれています。

◇最後の仕上げでかき混ぜすぎない
かき混ぜすぎると、ジンジャーエールの炭酸が必要以上に抜けてしまいます。やさしくゆっくりと混ぜましょう。

ウイスキーにジンジャーエールを加えたカクテルもある

ジンジャーエールとウイスキーを掛け合わせた飲み物には、「ウイスキーのジンジャーエール割り」のほかに「マミーテイラー」というカクテルもあります。

「スコッチ・バック」とも呼ばれるこのカクテルは、スコッチウイスキーをベースに、ジンジャーエールとレモンジュースを加えた口当たりのよいカクテル。「ウイスキーを使ったカクテルってちょっとハードルが高そう」、そんなイメージをよい意味で裏切る、爽やかな飲み口が特徴です。こちらも試してみてはいかがでしょう。

ウイスキーのジンジャーエール割りは、いつもと違ったハイボールをたのしみたい人にぴったりの飲み物です。ウイスキーとジンジャーエールの比率を変えてみたり、さまざまな銘柄を使ってみたりして、自分好みの味を探してみましょう。

ウイスキーの味わいを、ジンジャーエールで広げてみよう!

おすすめ情報

関連情報

ウイスキーの基礎知識