日本酒メーカー「WAKAZE」から、日本各地のフルーツを生かした甘酒「SOYOKAZE」が登場!

日本酒メーカー「WAKAZE」から、日本各地のフルーツを生かした甘酒「SOYOKAZE」が登場!

山形県鶴岡市の日本酒スタートアップ企業「WAKAZE」から、日本の各地のフルーツと甘酒を組み合わせたシリーズ「SOYOKAZE(そよかぜ)」が登場。オンラインストアにて受注生産を開始しています。

  • 更新日:

フレッシュなクラフト甘酒「SOYOKAZE(そよかぜ)」

フレッシュなクラフト甘酒「SOYOKAZE(そよかぜ)」

「SOYOKAZE」は、日本酒メーカーだからこそ生み出せる発酵の力と、日本各地方にあるフルーツのテロワール(その土地ならではの特長)が組み合わさって誕生した、ノンアルコールの新ブランド。新鮮な生のフルーツと米麹と米だけを原料とし、保存料や着色料は一切使わない無添加製法で、日常に寄り添うヘルシーで美味しい甘酒ライフを提案しています。

造りたての味わいを楽しめるよう、製造は注文を受けてから三軒茶屋の自社醸造所で行う完全受注生産。現在は「プレーン」「いちご」「みかん」の三種類ですが今後、季節にあわせたフルーツのフレーバーが登場予定で、日本各地のテロワールを堪能することができそうです。

日本の豊かな地域性を感じるフルーツ

日本の豊かな地域性を感じるフルーツ

“そよ風が日本列島を吹き抜けて旅する”ように、甘酒を通じて日本の誇るテロワールを体感できるブランドになるよう名付けられた「SOYOKAZE」。各地方のフルーツにスポットをあて、農家さんの顔が見えるように、ラベルには生産者の名前を記載。まさに、農家さんたちのこだわりとWAKAZEの情熱が交わって生まれた甘酒といえます。

発酵を極めた酒蔵での麹の甘酒造り

発酵を極めた酒蔵での麹の甘酒造り

醸造を行うのは、世田谷区・三軒茶屋のcraft SAKE brewery「WAKAZE三軒茶屋醸造所」。2018年に飲食店に併設する形で立ち上げられたこの醸造所では、23歳の杜氏が率いる若いチームが、フルーツやお茶などといった他の植物性素材と共に発酵させた日本酒、「ボタニカルSAKE」や「フルーツどぶろく」など、常識を打ち破る数々のレシピを生み出しています。

発酵を極めた酒蔵での麹の甘酒造り

通常の日本酒造りでは、麹は甘味を生み出す「黄麹」を選ぶことが多いようですが、WAKAZEでは「白麹」を多く使用。甘酒づくりにおいても、この白麹を選ぶことで麹由来の自然な甘味はもちろん、さっぱりとした酸味を生み出し、ジューシーなフルーツとの相性が実現しています。

若いチームが培った発酵の知見と日本各地のフルーツの魅力が詰まった「SOYOKAZE」。普段から気軽に飲める甘酒として、日常の食卓に彩りを添えてみてはいかがでしょうか。

「SOYOKAZE」商品概要

「SOYOKAZE~プレーン~」

「SOYOKAZE~プレーン~」

フルーツの入っていない、甘酒本来の味わいを楽しめるプレーンタイプ。米は山形県産「つや姫」を使用。味わいの決め手となる麹には、WAKAZEの特色でもある白麹を使うことで、自然な甘みとフレッシュな酸味の調和をひきだします。そのまま飲むだけでなく、炭酸水で割るなど、プレーンだからこそ好みにあわせたアレンジが可能です。

「SOYOKAZE~いちご~」

「SOYOKAZE~いちご~」

栃木県矢板市にて、減農薬にこだわった栽培を行っている「澳原(おきはら)いちご農園」のとちおとめを、贅沢に使ったいちご入り甘酒です。溢れるようなジューシーないちごの香りと、甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。

「SOYOKAZE~みかん~」

「SOYOKAZE~みかん~」

和歌山県有田市にて、100年以上の歴史を誇る「伊藤農園」の温州みかんをつかった甘酒です。白麹由来の柑橘系の酸味と、みかんの持つスッキリとした香りが生み出すハーモニーが心地よく吹き抜けます。

「SOYOKAZE」商品概要

<予約販売開始日>
2020年6月1日

<価格>
1,980円(3本セット、税抜)

<内容量>
300ml/本

<発売サイト>
WAKAZE公式オンラインストア(https://www.wakaze-store.com/

※数量限定のため、今後の予約開始時には公式LINEにて情報を発信。

日本酒スタートアップ「WAKAZE」

日本酒スタートアップ「WAKAZE」

2016年設立の、「日本酒を世界酒に」をビジョンに、人生にワクワクを仕込むSAKEを造り続けるスタートアップ企業。ワイン樽熟成日本酒「ORBIA(オルビア)」、植物やスパイスとともに発酵させたボタニカル酒「FONIA(フォニア)」など、革新的な酒を世に送り出してきました。

「日本酒を世界酒へ!」今秋、フランスに醸造所を設立、 〜WAKAZEのチャレンジ〜
https://tanoshiiosake.jp/5817

「三軒茶屋醸造所」および併設飲食店「WhinSAKE&TAPAS(ウィムサケアンドタパス)」

「三軒茶屋醸造所」および併設飲食店「WhinSAKE&TAPAS(ウィムサケアンドタパス)」のほか、2019年11月にはフランス・パリ近郊に醸造所「KURA GRAND PARIS(クラ グラン パリ)」を設立し、醸造したパリ産SAKE「C’est la vie(セラヴィ)」はこの春から日本にも輸入。新時代の「SAKE」の開発と発信に挑み続けています。

関連記事
フランス・パリ現地の素材にこだわった清酒 「C'est la vie」の一般販売を開始!
https://tanoshiiosake.jp/6766

<公式サイト>
https://www.wakaze.jp/

<Instagram>
https://www.instagram.com/wakaze_soyokaze/

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識