見ているだけでもたのしい日本酒のボトルデザイン

見ているだけでもたのしい日本酒のボトルデザイン
出典 : New Africa/ Shutterstock.com

日本酒のボトルデザインに近年、変化がおきています。これまでにない形やユニークなデザインのボトルは、これが日本酒?と驚かされるほどオシャレ。思わず手に取りたくなるような話題の銘柄も紹介していきますよ!

  • 更新日:

目次

  • ボトルデザインが日本酒の常識を変える!?
  • インテリアにもなる日本酒のボトルデザイン
  • 世界水準の日本酒ボトルデザイン

ボトルデザインが日本酒の常識を変える!?

ボトルデザインが日本酒の常識を変える!?

gg-foto/ Shutterstock.com

日本酒のボトルデザインがオシャレで自由に!

ボトルデザインがぐんとオシャレになった日本酒が増えているのを知っていますか? 形、色、パッケージ、質感など自由な発想で「デザイン」されたボトルは、選択の幅を広げ、新たな日本酒ファンを生み出すのに一役買っています。

華やかな見た目の小瓶タイプや、インテリアにもなりそうな日本酒はとくに人気。スタイリッシュなデザインで、プレゼントにしても喜ばれます。

日本酒のボトルデザインの定番とは?

昔ながらの日本酒のボトルデザインは、ガラス製で肩がなだらか、蓋はスクリューキャップで、色は茶色か緑色が主流です。このボトルの色の理由は、瓶のなかの酒を変質させないためで、茶と緑には、光を遮り、紫外線をある程度シャットアウトする効果があります。
一方、涼しげな青や透明の夏酒用の瓶は見た目に美しいですが、光を通すため保管には注意が必要です。

インテリアにもなる日本酒のボトルデザイン

インテリアにもなる日本酒のボトルデザイン

Monte Rego Images/ Shutterstock.com

日本酒のボトルデザインはここまできた!? ボトルのなかに富士山が!

「富士山ボトル 飛竜乗雲(ひりゅうじょううん)」は、丸みを帯びた瓶の底に富士山がそびえたつ、芸術的なボトルデザインの日本酒です。LEDライトが富士山を照らす、衝撃の仕様付き。瓶のなかを金粉が舞う、ゴージャスな1本です。

東京のベンチャー企業「Y'S FACTORY JAPAN」と、静岡で十八代続く老舗蔵元「富士錦酒造」のコラボ商品で、瓶に詰められている銘柄は、富士山の伏流水で仕込んだこだわりの純米大吟醸「飛竜乗雲」です。

販売元:Y'S FACTORY JAPAN株式会社
公式サイトはこちら

おすすめ情報

関連情報

日本酒の基礎知識